意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「薫陶を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「薫陶を受ける」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「薫陶を受ける」という言葉の理解を深めていきましょう。

薫陶を受ける

Meaning-Book
「薫陶を受ける」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「薫陶を受ける」とは?
  • 「薫陶を受ける」の表現の使い方
  • 「薫陶を受ける」を使った例文と意味を解釈
  • 「薫陶を受ける」の類語や類義語


「薫陶を受ける」とは?

「薫陶を受ける」とは?

「薫陶を受ける」とは人徳、品位などで感化されて、良い方向へ導かれることを言います。

  • 「薫陶を受ける」の読み方

「薫陶を受ける」の読み方

「薫陶を受ける」とは「くんとうをうける」と読みます。



「薫陶を受ける」の表現の使い方

「薫陶を受ける」の表現の使い方

「薫陶を受ける」「薫陶」とは香をたいて、香りをしみ込ませて土を捏ね、形を整えて陶器を作るという意味があります。

そこから、人徳、品位など良い方向に影響を受けて、導かれることを「薫陶を受ける」と言うのです。

「今日は先生から良き薫陶を受けた」「長年、憧れていた先輩から薫陶を受ける」などと使います。

「薫陶を受ける」を使った例文と意味を解釈

「薫陶を受ける」を使った例文と意味を解釈

それでは「薫陶を受ける」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「薫陶を受ける」を使った例文1
  • 「薫陶を受ける」を使った例文2

「薫陶を受ける」を使った例文1

「一流の人たちの仕事ぶりから大いに薫陶を受ける」

「薫陶を受ける」とは良い影響を受ける、教え導かれるということですから、例文のように、実際に教えてもらう行動はなくても、見ることで得るものがある、良い刺激を受けるということで「薫陶を受ける」と言い表すことができます。

「薫陶を受ける」を使った例文2

「尊敬していた先生にお会いし、薫陶を受けた経験はあの子の一生の宝となることでしょう」

「薫陶を受ける」とは学問など目上の人に教えてもらうことという意味もあります。

尊敬していた先生から直接に教えてもらうということで「薫陶を受けた」と言うことができます。



「薫陶を受ける」の類語や類義語

「薫陶を受ける」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「薫陶を受ける」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「師事する」【しじする】
  • 「教授いただく」【きょうじゅいただく】

「師事する」【しじする】

「師事する」とは師として、仕えて教えを受けることを言います。

「私は尊敬していた先生に師事することができて、本当に幸せ者だと思っている」「先生に師事して学びました」などと使います。

「教授いただく」【きょうじゅいただく】

「教授いただく」とは、学問、技芸など伝え教えてもらうことを言います。

「〇〇さんに教授いただくことができるなんて夢のようだわ」「忙しいのに、無理を言って教授いただく機会を作ってもらった」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「薫陶を受ける」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「薫陶を受ける」とは良い方向へ影響を与え、導かれることを言います。

簡単に言えば、良い方向になることを教えてもらうということになります。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。