意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「物恐ろしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「物恐ろしい」という表現は、見聞きしたことがあっても、詳しい意味までは分からないという人も多いでしょう。

物恐ろしい

Meaning-Book
「物恐ろしい」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「物恐ろしい」とは?
  • 「物恐ろしい」の表現の使い方
  • 「物恐ろしい」を使った例文と意味を解釈
  • 「物恐ろしい」の類語や類義語


「物恐ろしい」とは?

「物恐ろしい」とは、「何となく恐ろしい」という意味で使う言葉です。

よく間違えられる意味として、「とても恐ろしい」と捉えてしまうことがありますが、そこまで恐ろしいという訳ではなく、「恐ろしいと感じる」と解釈するのがいいでしょう。

よって、「あのチームは物恐ろしいものがある」と使うと、何となく恐ろしいチームだ、思ったより怖いものと感じるなどという意味になります。

しかし、それほど使われる表現という訳でもありません。

  • 「物恐ろしい」の読み方

「物恐ろしい」の読み方

「物恐ろしい」は、「ものおそろしい」と読む言葉です。

「物」を平仮名にした「もの恐ろしい」という表記で使うことも多く、こちらでも意味は一緒です。

何となく恐ろしいと感じる時に、「物恐ろしさを感じる」と使うことが多い言葉です。

この形で見聞きした時に、先のように「とても恐ろしいと感じる」と間違えた解釈をしてしまうことがあるので注意してください。



「物恐ろしい」の表現の使い方

「物恐ろしい」は、直接怖い、恐ろしいとは思わないものの、何となくそのようなものが感じられるという時に使います。

その為、直接恐ろしいと用いるよりも広く使うことができる言葉です。

ただし、少しそのように感じただけで使う言葉ではなく、それなりの不気味さあるといった時にちょうど適当な表現になります。

「物恐ろしい」を使った例文と意味を解釈

「物恐ろしい」を使った例文と、その意味の解釈です。

使える場面は多い言葉ながら、実際にはそれほど見聞きはしないすることはないかも知れません。

  • 「物恐ろしい」を使った例文1
  • 「物恐ろしい」を使った例文2

「物恐ろしい」を使った例文1

「物恐ろしいと感じたのは気の所為だったようだ」

一度は何となく恐ろしいと思ったものの、実はそうでもなかったと言っています。

解釈としてはこれで合っていますが、実際にはこのような使い方はあまり見聞きすることはなく、意味となる「何となく恐ろしさを感じたのは~」などと言い換えることの方が多いでしょう。

それは、この「物恐ろしい」という表現がそれほど一般的ではないからです。

「物恐ろしい」を使った例文2

「物恐ろしい相手だったが、何とか勝利することができた」

不気味さのある相手だったと解釈できる使い方です。

この言葉の意味や使い方がよく分かる例文だと言っていいでしょう。



「物恐ろしい」の類語や類義語

「物恐ろしい」と似た意味のある言葉です。

近い意味で使うことができます。

  • 「怖じ気」【おじけ】

「怖じ気」【おじけ】

「~に怖じ気づく」という使い方をすると、~に対して物恐ろしいと感じるという意味になります。

「怖じ気づくことはない」(特に怖がる必要はない)のように使われることが多い言葉です。

icon まとめ

「物恐ろしい」は、あまり見聞きしない言葉ですが、直接そうではないものの、何となく恐ろしいことだと覚えておきましょう。