意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「徳義」の意味とは!類語や概要

「徳義」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「徳義」という言葉を使った例文や、「徳義」の類語を紹介して行きます。

徳義

Meaning-Book
「徳義」の意味とは!類語や概要>


目次

  • 「徳義」とは?
  • 「徳義」を使った例文や短文など
  • 「徳義」の類語や類義語・言い換え


「徳義」とは?

「徳義」という言葉を知っているでしょうか。

「徳義を大切にしたい」と考えている人もいるでしょう。

一方で、「徳義」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「徳義」という言葉の意味を紹介します。

  • 「徳義」の読み方
  • 「徳義」の意味

「徳義」の読み方

「徳義」「とくぎ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「徳義」「とくぎ」と読みましょう。



「徳義」の意味

「徳義」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「徳義」には、「人として守るべき道徳上の義務」という意味があります。

ちなみに「道徳」には、人間として行うべき道という意味があるため、「徳義を守って生きる」という時は、人としての生きる道に従って生きるという意味になります。

他人に親切に接する、迷惑を掛けない、悪いことをしないなど、基本的なマナーを守りながら生きようとするとき、「徳義」を大切にします。

このように「徳義」という言葉には、「人として守るべき道徳上の義務」という意味があります。

「徳義」を使った例文や短文など

次に「徳義」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「徳義」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「徳義」を使った例文1
  • 「徳義」を使った例文2

「徳義」を使った例文1

「父親は『徳義』を重んじる人だった」

この例文に登場する父親は、道徳的な生き方をすることを、自分自身に課していたのでしょう。

誰が見ていようがいなかろうが、人の道を外れるようなことはしないと決めていたのではないでしょうか。

「徳義」を使った例文2

「最近の若者は『徳義』を軽んじている」

この例文のような言い回しを、誰かがしているのを見たことがあるかもしれません。

マナーがなっていないと感じる若者や、人の気持ちを考えていないような振る舞いをする若者を見ると、「徳義」を軽んじていると感じる人もいるでしょう。

「徳義」の類語や類義語・言い換え

「徳義」の類語や類似表現を紹介します。

「徳義」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「道徳」【どうとく】
  • 「美徳」【びとく】

「道徳」【どうとく】

「道徳」には、「人がそれに従って行為すべき正当な道」という意味があります。

このように生きた方がいいと、社会が認めるような生き方を「道徳」と言います。



「美徳」【びとく】

「美徳」という言葉には、「美しい徳」「道にかなった行い」という意味があります。

「勤勉は美徳だ」という時は、一生懸命働くことは、道にかなった美しい行いだ、などという意味があります。

icon まとめ

「徳義」という言葉について見てきました。

人として守るべき道徳上の義務を果たしたいと思った時、「徳義」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。