意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「能書きを並べる」の意味とは!類語や言い換え

「能書きを並べる」とは、「自分の優れている点や得意な事柄を並べて言い立てる」を意味する言葉です。

「能書きを並べる」「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

能書きを並べる

Meaning-Book
「能書きを並べる」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「能書きを並べる」とは?
  • 「能書きを並べる」の表現の使い方
  • 「能書きを並べる」を使った例文と意味を解釈
  • 「能書きを並べる」の類語や類義語・言い換え


「能書きを並べる」とは?

「能書きを並べる」とは?

「能書きを並べる」という表現は、「自分の優れている点(長所)や得意な事柄を並べて言い立てること」を意味しています。

「能書きを並べる」「能書き(のうがき)」という言葉は元々、「薬の効果効能を書き記した効能書き(こうのうがき)」を意味していました。

しかし、江戸時代の「能書き」は実際にはその薬の効き目がないことも多く、「口ばかりで実際の効果が伴わない」のニュアンスを持っていました。

それが転じて、「能書き」「自分の優れた点などを自分で述べたてる自己宣伝の文句」を意味するようになったのです。

  • 「能書きを並べる」の読み方

「能書きを並べる」の読み方

「能書きを並べる」の読み方は、「のうがきをならべる」になります。



「能書きを並べる」の表現の使い方

「能書きを並べる」の表現の使い方

「能書きを並べる」の表現の使い方は、「自分で自分の優れている点や得意・長所・利点を並べて言い立てる場合」に使うという使い方になります。

例えば、「彼は立派な能書きを並べていたが、実際の仕事はいまいちでした」などの文章で使えます。

「能書きを並べる」を使った例文と意味を解釈

「能書きを並べる」を使った例文と意味を解釈

「能書きを並べる」を使った例文を紹介して、その意味を解釈します。

  • 「能書きを並べる」を使った例文1
  • 「能書きを並べる」を使った例文2

「能書きを並べる」を使った例文1

「能書きを並べるだけではなく、実際の行動で自分の能力を証明してみて下さい」

この例文は、「自分の優れている所や長所・得意を自画自賛で並べて述べるだけではなく、実際の行動で自分の能力を証明してみて下さい」を意味しています。

「能書きを並べる」を使った例文2

「能書きを並べるようなコミュニケーションは、自分が盛り上がっているだけで相手は楽しめていないことの方が多いのです」

この例文は、「自分の長所・利点を並べ立てて自慢するようなコミュニケーションは、自分が盛り上がっているだけで相手は楽しめていないことの方が多い」を意味しています。



「能書きを並べる」の類語や類義語・言い換え

「能書きを並べる」の類語や類義語・言い換え

「能書きを並べる」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「御託を並べる」【ごたくをならべる】
  • 「自画自賛する」【じがじさんする】

「御託を並べる」【ごたくをならべる】

「能書きを並べる」の類義語・言い換えとして、「御託を並べる」があります。

「御託を並べる」という表現は、「自分が話したいことをもったいぶってくどくどと長く話すこと」を意味しています。

その意味から、自分で自分の長所や得意なことを並べて長く語ることを意味する「能書きを並べる」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「御託を並べる」を指摘できます。

「自画自賛する」【じがじさんする】

「能書きを並べる」の類語・言い換えには、「自画自賛する」があります。

「自画自賛する」という表現は、「自分で自分の行動や能力、実績などを褒め称えること」「自分で自分の優れている所を賞賛して述べること」を意味しています。

その意味から、自分の長所・得意・利点を並べて述べるを示す「能書きを並べる」の表現は、「自画自賛する」の表現で言い換えられるケースがあるのです。

icon まとめ

「能書きを並べる」という言葉について解説しましたが、「能書きを並べる」には「自分の優れている点や得意な事柄を並べて言い立てる」などの意味があります。

「能書きを並べる」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「御託を並べる」「自画自賛する」などがあります。

「能書きを並べる」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。