意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「追々」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「追々」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「追々」という言葉を使った例文や、「追々」の類語を紹介して行きます。

追々

Meaning-Book
「追々」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「追々」とは?
  • 「追々」を使った例文や短文など
  • 「追々」の類語や類義語・言い換え


「追々」とは?

「追々」という言葉を知っているでしょうか。

「追々、連絡する」などと言ったことがあるかもしれません。

一方で、「追々」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「追々」という言葉の意味を紹介します。

  • 「追々」の読み方
  • 「追々」の意味

「追々」の読み方

「追々」「おいおい」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「追々」「おいおい」と読みましょう。

「追々」の意味

「追々」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「追々」には、「これから徐々に」という意味や、「時間が経つにつれて、だんだんと」という意味があります。

「追々、連絡する」という時は、これから徐々に連絡するという意味があります。

現在は特に連絡する必要はないが、時間が経過するにつれて、だんだんと連絡する必要が出そうな時に、「追々連絡する」などと言います。

このように「追々」という言葉には、「これから徐々に」という意味や、「時間が経つにつれて、だんだんと」という意味があります。



「追々」を使った例文や短文など

次に「追々」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「追々」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「追々」を使った例文1
  • 「追々」を使った例文2

「追々」を使った例文1

「仕事の内容は、『追々』説明する」

この例文のようなセリフを聞いたことがあるかもしれません。

仕事の内容を一気に教えるのではなく、少しずつ教えて行く趣旨を伝える時、「追々説明する」と言います。

最初に全ての説明をしても、相手が覚えていられない、理解できそうもないと感じた時、段階を踏んで説明しようと思うでしょう。

このような時、「追々説明する」と言います。

「追々」を使った例文2

「窓の外が、『追々』暗くなってくる」

この例文は、時間の経過とともに、窓の外が暗くなっていく様子を文章にしたものです。

昼から夕方になり、夜になって行く様子を、「追々、暗くなる」などと言います。

このように「追々」には、「時間が経つにつれて、だんだんと」という意味があります。

「追々」の類語や類義語・言い換え

続いて「追々」の類語や類似表現を紹介します。

「追々」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「次第に」【しだいに】
  • 「ぽつぽつ」
  • 「ぼちぼち」
  • 「徐々に」【じょじょに】

「次第に」【しだいに】

「次第に」という言葉には、「物事の程度や状態が、少しずつ変化する様子」という意味があります。

「次第に明るくなる」という時は、照明などが次第に明るい方向に変化している様子になります。

「ぽつぽつ」

「ぽつぽつ」には、「物事が少しずつ行われる様子」という意味があります。

「ぽつぽつ、歩いて行く」という時は、少しずつ歩いて行くという意味があります。

「ぼちぼち」

「ぼちぼち」には、「ゆっくり物事に取り掛かる様子」という意味があります。

「ぼちぼち、話をする」という時は、いきなり激しく話さずに、ゆっくりと話していくという意味があります。

「徐々に」【じょじょに】

「徐々に」という言葉には、「ゆっくり進む様子」「少しずつ変化する様子」という意味があります。

「徐々に楽しくなってくる」という時は、徐々に楽しい様子に変化して行くという意味があります。

「徐々に前に進む」「徐々に楽になる」などと言う使い方をします。



icon まとめ

「追々」という言葉について見てきました。

これから徐々に何かを始めようとする時、「追々」という言葉を使ってみましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。