意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「情け深い」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは「情け深い」という言葉を聞いたことがあると思います。

この言葉で表現される人は、本当に心の優しい穏やかな性格のイメージがあります。

それによって周りの人達も癒されていく感じがします。

そこで今回は、この「情け深い」という言葉にフォーカスしていくことにします。

情け深い

Meaning-Book
「情け深い」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「情け深い」とは?
  • 「情け深い」の英語と解釈
  • 「情け深い」の表現の使い方
  • 「情け深い」を使った例文と意味を解釈
  • 「情け深い」の類語や類義語・言い換え


「情け深い」とは?

「情け深い」とは、「思いやりの心が強い」「情趣を理解する心が深い」という意味を表現している語句です。

  • 「情け深い」の読み方

「情け深い」の読み方

「情け深い」「なさけふかい」と読みますが、難しい漢字は使われていませんので、ここで正確な読み方をチェックしておきましょう。



「情け深い」の英語と解釈

情け深い meaning in english

「情け深い」を英語で表現すると、“compassionate”“sympathetic”“openhearted”などの言葉で訳すことができます。

「情け深い」の表現の使い方

「情け深い」とは「思いやる気持ちや心がとても強い」という意味がありますので、困った人を見ると、思わず救いの手を差しのべるような人を指して使うことになります。

「情け深い」人と接していると、それだけでこちらの方が心が癒されていく感じになりますので、本当に心が穏やかで優しい人なのでしょう。



「情け深い」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「情け深い」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「情け深い」を使った例文1
  • 「情け深い」を使った例文2

「情け深い」を使った例文1

「幼い頃から、私の娘はおとなしく情け深い性格をしていました。しかも、優しい性質の上に、美しく成長したのですから、誰からも愛される存在なのです」

もうここまで自分の娘を言っているのですから、かなり「情け深い」女性なのでしょう。

これだけ素晴らしい性格を人であれば、誰からも愛される人であることは言うまでもありません。

実際に美しいだけでなく、「情け深い」性格をしているのであれば、その美しさは外見だけでなく、内面的からもにじみ出てきているはずです。

本当に美しい人なのでしょう。

「情け深い」を使った例文2

「村の片隅に昔から住んでいるあの初老の男性は、優しいだけでなく、勇気のある剛胆で義理堅い情け深い人なのです。だからこそ村の人々に慕われているのかもしれません」

昔は町や村に「情け深い」そして、義理堅い性格の人が1人や2人はいたものです。

そのような人は、時には豪胆に、時にはとても大きな広い心で困っている人に力を貸したり、励ましてくれる存在でした。

その人のおかげで、何人もの人々が救われているのです。

「情け深い」の類語や類義語・言い換え

「情け深い」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「慈悲深い」【じひふかい】
  • 「温かい」【あたたかい】

「慈悲深い」【じひふかい】

「慈悲深い」という言葉が「情け深い」の類義語として挙げることができます。

「他の人や生き物を慈み、哀れむ気持ちが深い」という意味になります。

この言葉は、「相手に深く強い愛情を注ぎ込み可愛がる」ということなので、単なる他人への思いやりの気持ちだけでなく、「自分は省みずに手を差し伸べる」というニュアンスがあります。

「温かい」【あたたかい】

「温かい」という言葉も類義語として使うことができますが、「同情」「優しさ」などの意味があります。

icon まとめ

「情け深い」という言葉の意味や使い方を紹介してきましたが、現代社会においては、このような心ゆとりと優しさを兼ね備えている人が少なくなっていった感じがあります。

人は誰でも優しくなれる気持ちを持っているはずなのですが、慌ただしい生活や仕事環境の中で忘れているのかもしれません。