意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「雑魚」とは?意味や使い方!例文や解釈

「雑魚」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「雑魚」という言葉を使った例文や、「雑魚」の類語を紹介して行きます。

雑魚

Meaning-Book
「雑魚」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「雑魚」とは?
  • 「雑魚」の英語と解釈
  • 「雑魚」の表現の使い方
  • 「雑魚」を使った例文や短文など
  • 「雑魚」の類語や類義語・言い換え


「雑魚」とは?

「雑魚」という言葉を知っているでしょうか。

「雑魚だな」と感じる人が、身の回りにいるかもしれません。

一方で、「雑魚」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「雑魚」という言葉の意味を紹介します。

  • 「雑魚」の読み方
  • 「雑魚」の意味
  • 「雑魚」の意味2

「雑魚」の読み方

「雑魚」「ざこ」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「雑魚」「ざこ」と読みましょう。

「雑魚」の意味

「雑魚」という言葉にはどのような意味があるでしょうか。

「雑魚」には、「雑多な種類の小魚」という意味があります。

釣りなどが趣味の人は、狙った魚以外の小さな魚が釣れた時、「雑魚が釣れた」などと言います。

「雑魚ばかり釣れて、大物が釣れない」などと言うこともあります。

「雑魚」の意味2

「雑魚」という言葉には「地位の低い、つまらない者」という意味もあります。

また「下っ端の小物」という意味もあります。

一般的に「雑魚」という言葉を使う時は、こちらの意味で使うことが多いかもしれません。

みなさんの周りにも、つまらない人だなと感じる人がいるかもしれません。

そのような人を見た時、「雑魚だな」などとつぶやきます。

また下っ端の小物たちが集まっている場面を見た時にも、「雑魚」という言葉を使えます。

このように「雑魚」には、「地位の低い、つまらない者」「下っ端の小物」などの意味があります。



「雑魚」の英語と解釈

雑魚 meaning in english

「雑魚」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「雑魚」は英語で、“small fish”(スモールフィッシュ)になります。

“small fish”には、「小さな魚」「雑魚」という意味があります。

英文の中に「雑魚」という言葉を加えたい時、“small fish”という言葉を使ってみましょう。

「雑魚」の表現の使い方

「雑魚」はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「雑魚」には「雑多な種類の小魚」という意味があるため、釣りの際に小さな魚を釣り上げた時「雑魚を釣った」などと使ってみましょう。

また「雑魚」には、「地位の低いつまらない者」という意味があるため、そのような人を見た時に使ってみましょう。

例えばアクション映画で、ボスキャラが登場する前に、やられ役として登場するような敵は、地位の低いつまらない者の可能性が高いため、「雑魚」という言葉を使ってみましょう。



「雑魚」を使った例文や短文など

「雑魚」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「雑魚」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「雑魚」を使った例文1
  • 「雑魚」を使った例文2

「雑魚」を使った例文1

「釣り船に乗って海釣りをしたのに、『雑魚』しか釣れない」

この例文は、釣り船に乗って鯛などの大物を狙って釣りを始めた人が、結果的に雑多な小魚しか釣れなかったという意味があります。

釣り船乗って本格的に釣りをする人は、鯛なら鯛を釣るための仕掛けを作り、エサを用意して釣りを始めるため、それ以外の小魚が釣れると「ハズレ」のような感覚になります。

雑多な種類の小魚しか釣れなかった場合は「雑魚しか釣れなかった」と嘆くことになります。

「雑魚」を使った例文2

「てっきり『雑魚』だと思っていたら、思ったよりも強かった」

この例文は、格闘ゲームの対戦相手などが、無名キャラで、地位が低い者だと思っていたら、思ったよりも強くて驚いたという場面になります。

ゲームやアニメ、格闘映画などは、ボスキャラの前に「雑魚」と呼ばれる様な、すぐにやられてしまう身分の低いキャラが多数登場します。

しかし、そのような「雑魚」の中に、思ったより骨があるキャラが混ざっていることがあります。

そのような時、「雑魚なのに強い」「雑魚に見せかけて、幹部だった」など感想を持つことがあります。

格闘作品は、まず「雑魚」が登場し、中ボス、ラスボスが登場するという定番の流れがあるため、それを裏切る意味で制作側があえて「雑魚」に見せた、「実力者」を用意したのかもしれません。

「雑魚」の類語や類義語・言い換え

「雑魚」の類語や類似表現を紹介します。

「雑魚」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「馬の骨」【うまのほね】
  • 「匹夫」【ひっぷ】
  • 「小物」【こもの】
  • 「群小」【ぐんしょう】
  • 「鼠輩」【そはい】

「馬の骨」【うまのほね】

「馬の骨」には「素性のはっきりしないつまらない者」という意味があります。

「どこの馬の骨かわからない」などと、素性のはっきりしないつまらない者を、ののしるように「馬の骨」という言葉を使います。

父親が娘が連れてきた婿に対して、「どこの馬の骨ともわからないやつと結婚できるか」などと言います。

「匹夫」【ひっぷ】

「匹夫」という言葉には、「身分の低い平凡な男」という意味があります。

また「道理をわきまえない男」という意味もあります。

また身分の低い人が、出世の階段を上るような時、「匹夫より身を起こす」などと言われます。

「小物」【こもの】

「小物」という言葉には、「地位のない、取るに足らない者」という意味があります。

「小物ばかり相手にできない」という時は、地位のない、取るに足らないものばかり、相手にしていられないという意味があります。

「群小」【ぐんしょう】

「群小」には、「数多くの小人」という意味があります。

群れをなすようにいる小さな者という意味があります。

「群小を相手にせず」という時は、数多くの小人は、相手にする必要がないという意味になります。

「鼠輩」【そはい】

「鼠輩」という言葉があります。

「鼠輩」には、「取るに足らない者」という意味があります。

鼠のように陰でこそこそ策動する人がいる時、貶めるように「鼠輩」と呼びます。

実力もないのに、陰でこそこそ何かをしている人を見た時、「鼠輩」という言葉を使ってみましょう。

icon まとめ

「雑魚」という言葉について見てきました。

雑多な種類の小魚を見た時、また地位の低いつまらない者を見た時に、「雑魚」という言葉を使ってみましょう。