意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「途方」とは?意味や使い方!例文や解釈

「途方」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「途方」という言葉を使った例文や、「途方」の類語を紹介して行きます。

途方

Meaning-Book
「途方」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「途方」とは?
  • 「途方」の英語と解釈
  • 「途方」の表現の使い方
  • 「途方」を使った例文や短文など
  • 「途方」の類語や類義語・言い換え


「途方」とは?

「途方」という言葉を知っているでしょうか。

「途方に暮れた」という経験もあるでしょう。

一方で、「途方」という言葉を、まるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「途方」という言葉の意味を紹介します。

  • 「途方」の読み方
  • 「途方」の意味
  • 「途方」の意味2

「途方」の読み方

「途方」「とほう」と読みます。

「とかた」などと読み間違えないよう、気を付けましょう。

これを機会に、「途方」「とほう」と読みましょう。

「途方」の意味

「途方」という言葉の意味を紹介します。

「途方」には、「ものの道理、条理」という意味があります。

「途方もない話」という時は、ものの道理や条理から外れているような話という意味があります。

常識的に考えて、ありえないような話を「途方もない話」と言います。

「途方」の意味2

「途方」には、「手段」「手立て」という意味もあります。

「途方に暮れる」という時は、手段や手立てがない、どうすることもできないという意味があります。

このように「途方」には、「ものの道理、条理」「手段」「手立て」という意味があります。



「途方」の英語と解釈

途方 meaning in english

「途方」を英語にすると、どのような言葉になるでしょうか。

「途方に暮れる」の言い回しは英語で、“be bewildered”になります。

“be bewildered”には「当惑する」「途方に暮れる」という意味があります。

また「途方もない」という時は、英語で“extraordinary”になります。

“extraordinary”には「並はずれた」「途方もない」という意味があります。

このように、「途方」に関連する言葉を英語にする時は、これらの英語を使ってみましょう。

「途方」の表現の使い方

「途方」という言葉は、はどのような使い方をすればいいでしょうか。

「途方」には「ものの道理」という意味や「手段」という意味があります。

また「途方」を使った慣用句として「途方もない」「途方に暮れる」があります。

「とんでもない」「並はずれた」という表現をしたい時に、「途方もない」を使い、「途方もないバカ」「途方もない天才」などという使い方をしてみましょう。

また「方法がない」という気落ちした気持ちを表現したい時は、「途方に暮れる」という言葉を使ってみましょう。



「途方」を使った例文や短文など

「途方」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「途方」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「途方」を使った例文1
  • 「途方」を使った例文2

「途方」を使った例文1

「友達から『途方』もない話を聞かされて、目が点になる」

この例文の友達は、道理から外れたような話をしたのでしょう。

まるで信じられないような法螺話などを聞かされると、誰でも目が点になってしまうはずです。

このような話は「途方もない話」という言い回しで表現できます。

また「途方もない」という言葉を使って、並ではない、ずぬけているという意味を含められます。

例えば、「途方もない大酒のみ」という言葉には、並みの酒量ではない大酒のみという意味があります。

このように、普通ではない、とんでもないという言葉を使いたい時、「途方もない」という言葉を使ってみましょう。

「途方」を使った例文2

「あらゆる方法を試したが、仕事が上手くいかず、『途方』に暮れる」

この例文は、仕事が上手くいかないため、自分の引き出しにある方法を全て試してみた人の話になります。

それでも上手くいかなかったため、「途方に暮れている」という状態です。

「途方に暮れる」には、方法がなくなってどうしようもないことという意味があります。

「途方」の類語や類義語・言い換え

「途方」の類語や類似表現を紹介します。

「途方」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「方法」【ほうほう】
  • 「遣り方」【やりかた】
  • 「道理」【どうり】
  • 「論理」【ろんり】

「方法」【ほうほう】

「方法」には、「目的を達するために考えた手順」という意味があります。

「あらゆる方法を試す」という時は、目的を達するために考えた、あらゆる手順を試すという意味になります。

「いい方法」「方法がない」などという使い方をします。

「遣り方」【やりかた】

「遣り方」には、「行う方法」という意味があります。

「もっといい遣り方があるだろう」という時は、もっといい、方法があるだろうという意味があります。

「遣り方を間違えるな」「遣り方次第で何とでもなる」などという使い方をします。

「道理」【どうり】

「道理」には、「正しいと認められる筋道」という意味があります。

また「人の行うべき道」という意味もあります。

正しく生きるために、どのような生き方をすればいいか考える時、一つの答えになるのが「道理」になります。

また「道理」には「なるほど」という意味もあります。

「道理で、肩がこるわけだ」という時は、なるほど、そのため肩がこるのかという意味になり、肩がこる理由に合点がいった様子が表現できます。

「論理」【ろんり】

「論理」という言葉には、「物事の筋道」という意味があります。

また「考えを進めて行く時の筋道」という意味があります。

「君の話は論理的におかしい」という時は、その人の話は、物事の筋道から外れているという意味があります。

きちんと考え進めて行けば、論理的におかしな話になるはずはないでしょう。

「論理的な根拠を示す」「論理的な考え」などという使い方をします。

icon まとめ

「途方」という言葉について見てきました。

ものの道理について話をする時、また手段や手立てについて話をする時などに、「途方」という言葉を使ってみましょう。