意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人並外れた」の意味とは!類語や言い換え

「人並み外れた」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「人並み外れた」という言葉を使った例文や、「人並み外れた」の類語を紹介して行きます。

人並外れた

Meaning-Book
「人並外れた」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「人並み外れた」とは?
  • 「人並み外れた」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「人並み外れた」を使った例文や短文など


「人並み外れた」とは?

「人並み外れた」とは?

「人並み外れた」という言葉を知っているでしょうか。

友達や知り合いの中の、「人並み外れた大食漢」を知っているかもしれません。

一方で、「人並み外れた」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「人並み外れた」という言葉の意味を紹介します。

  • 「人並み外れた」の読み方
  • 「人並み外れた」の意味

「人並み外れた」の読み方

「人並み外れた」「ひとなみはずれた」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に、「人並み外れた」「ひとなみはずれた」と読みましょう。

「人並み外れた」の意味

「人並み外れた」という言葉の意味を紹介します。

「人並み外れた」には、「力量が一般的な人と大きく異なっている事」です。



「人並み外れた」の類語や類似表現や似た言葉

「人並み外れた」の類語や類似表現や似た言葉

続いて「人並み外れた」の類語や類似表現を紹介します。

「人並み外れた」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「非凡」【ひぼん】
  • 「無双」【むそう】

「非凡」【ひぼん】

「非凡」には、「凡様でないこと」「特に優れていること」という意味があります。

「彼は非凡な才能の持主だ」という時は、その男性は特別に優れた才能を持っているという意味があります。

「無双」【むそう】

「無双」には、「並ぶものがないほど優れていること」という意味があります。

「天下無双の力持ち」という時は、天下を見渡しても並ぶ者がいないほどの力持ちという意味になります。

「人並み外れた」を使った例文や短文など

「人並み外れた」を使った例文や短文など

次に「人並み外れた」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「人並み外れた」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「人並み外れた」を使った例文1
  • 「人並み外れた」を使った例文2

「人並み外れた」を使った例文1

「敵の武将が『人並み外れた』怪力で、味方を弾き飛ばす」

この例文は、戦国時代に両軍が激突した時、一人だけとんでもない怪力や武芸を発揮している武将の姿を文章にしたものです。

このように、まるで怪物のような強さを誇る人を、他の言葉で言い換えたい時、「人並み外れた」という言葉を使ってみましょう。

「人並み外れた」を使った例文2

「『人並み外れた』美貌を持つ女性を好きになる」

この例文のように、一般の、女性のレベルを超えるような美しい女性を見ると、男性は好きになってしまうかもしれません。

まるで人間ではなく、作り物のような、美しさを誇る女性です。

このような、通常のレベルを遙かに超えてくるような人を見た時、「人並み外れた」という言葉を使ってみましょう。



icon まとめ

「人並み外れた」という言葉について見てきました。

ある人の性質や状態、さらに技量などが一般的な人を遙かに超えているような時、「人並み外れた」という言葉を使ってみましょう。




関連語



関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。