意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「衝動」とは?意味や使い方!例文や解釈

「衝動」とは、「内部的・強迫的な抵抗しがたい欲求によって突き動かされる行為」を意味する言葉です。

「衝動」「意味・読み方・使い方・衝動を使った言葉・例文と解釈・衝動と欲求の意味の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

衝動

Meaning-Book
「衝動」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「衝動」とは?
  • 「衝動」の表現の使い方
  • 「衝動」を使った言葉と意味を解釈
  • 「衝動」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「衝動」と「欲求」の意味の違い
  • 「衝動」の類語や類義語・言い換え
  • 「衝動」の英語と解釈


「衝動」とは?

「衝動」という表現は、「内部的・強迫的なあらがいにくい欲求・それによって突き動かされる行為」「理性・知性による思慮(反省)が及びにくい本能的欲求・それによって引き起こされる行為」を意味しています。

「衝動」とは、S. フロイトの精神分析学でいう「無意識のエス・イド(本能的欲求)」によって突き動かされる意識的・倫理的にコントロールすることが難しい欲求・行為のことを意味しているのです。

また「衝動」には、「外部の刺激・力によって心が動かされる」という意味合いもあります。

  • 「衝動」の読み方

「衝動」の読み方

「衝動」の読み方は、「しょうどう」になります。



「衝動」の表現の使い方

「衝動」の表現の使い方は、「自分の理性や倫理観ではコントロールすることが難しい内部的・強迫的な欲求(刺激)」「本能的な欲求(刺激)によって突き動かされた行為」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「気に入らない上司をぶん殴りたいという衝動に襲われましたが、何とか踏みとどまりました」といった文章で、「衝動」の表現が使えます。

「衝動」を使った言葉と意味を解釈

「衝動」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「破壊衝動」【はかいしょうどう】
  • 「衝動的な行動」【しょうどうてきなこうどう】
  • 「性的な衝動」【せいてきなしょうどう】

「破壊衝動」【はかいしょうどう】

「破壊衝動」という表現は、「何かモノを破壊したくてたまらないと感じる内面的・強迫的な刺激や欲望」を意味しています。

例えば、「イライラしていたので破壊衝動をセルフコントロールすることができずに、自宅の壁に穴が開くほど殴ってしまいました」といった文章で使われます。

「衝動的な行動」【しょうどうてきなこうどう】

「衝動的な行動」という言葉は、「自分の意志で反省したり選択したりすることができない本能的欲求(内面的興奮)に従った反射的な行動」を意味しています。

例えば、「衝動的な行動ばかりしていると、いつか法律に違反して逮捕されることになるでしょう」といった文章で使用できます。

「性的な衝動」【せいてきなしょうどう】

「性的な衝動」という表現は、「自分の理性・倫理ではコントロールすることができない荒ぶるような性欲・性的な刺激」を意味しています。

例えば、「性犯罪者の多くは、自分自身の性的な衝動をコントロールすることができないのです」といった文章で使われます。



「衝動」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「衝動」を使った例文・短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「衝動」を使った例文1
  • 「衝動」を使った例文2

「衝動」を使った例文1

「社会で働いて他者とコミュニケーションを取って生きていくためには、人を傷つけるような衝動的な行動を取らないようにすることが大切です」

この「衝動」を使った例文は、「社会で働きながら他者と上手くコミュニケーションを取って生きていくためには、人を傷つけるような内面的・本能的な欲求に従った無反省(暴力的)な行動を取らないようにすることが大切である」ということを意味しています。

「衝動」を使った例文2

「恋愛関係では時に自分と相手の衝動に従って、思いっきり激しくお互いの存在を求め合うような行為も幸せの実感につながります」

この「衝動」を使った例文は、「恋愛関係では時に、自分と相手の理性ではあらがいがたい本能的・内面的な刺激(欲求)に従って、思いっきり激しくお互いの存在を求め合うような行為も幸せ(喜び)の実感につながる」ということを意味しています。

「衝動」と「欲求」の意味の違い

「衝動」「欲求」の意味の違いは、「衝動」の表現は「自分の意志・理性・判断ではコントロールすることが難しい内面的・強迫的な欲求(刺激)」を意味していますが、「欲求」という表現は「何かを欲しがること・何かを求めること」を意味しているだけという違いがあります。

「欲求」という表現は「衝動」と比較して、「内面から湧き上がってきて抵抗することが難しい刺激・感情」といった意味のニュアンスがないという違いがあるのです。

「衝動」には「暴力衝動・性衝動」の表現があるように、「衝動」「欲求」よりも「自分の意志や倫理観では抵抗しづらい本能的・内部的な激しい刺激」といった意味合いが強くなっています。

「衝動」の類語や類義語・言い換え

「衝動」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「衝迫・ムズムズ」
  • 「出来心・心の弾み」
  • 「向こう見ず・インパルス」

「衝迫・ムズムズ」

「衝動」の類義語・言い換えとして、「衝迫・ムズムズ」があります。

「衝迫」という言葉は、「差し迫るような内面的な強い欲求・衝動」を意味しています。

「ムズムズ」という擬態語の表現は、「内部的な衝動が高まっていてもう我慢できないような状態」を意味しています。

それらの意味から、「衝動」に良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「衝迫・ムズムズ」が上げられます。

「出来心・心の弾み」

「衝動」の類語・言い換えには、「出来心・心の弾み」があります。

「出来心」という表現は、「心にふと浮かんできた衝動・欲求に逆らえずに悪いことをしてしまうこと」を意味しています。

「心の弾み」というのも、「物事をよく考えずに、内的な衝動・欲求に従ってしまうさま」を意味しています。

それらの意味から、内部的・強迫的な刺激を意味する「衝動」は、「出来心・心の弾み」という表現で言い換えることができるのです。

「向こう見ず・インパルス」

「衝動」の類義語・言い換えとして、「向こう見ず・インパルス」があります。

「向こう見ず」という表現は、「後先を考えずに自分の欲求に従って、無鉄砲に突き進むこと」を意味しています。

「衝動」の言葉は、英語で表現すると「インパルス」になります。

その意味から、「衝動」と近しい似た意味を持つ類義語として、「向こう見ず・インパルス」を指摘できます。

「衝動」の英語と解釈

衝動 meaning in english

「衝動」という言葉を英語で書き表すと、以下のようになります。

“impulse”(内部的な刺激に突き動かされること・衝動) “impulsive”(衝動的な) “urge”(人を駆り立てる内面的な欲求の力・衝動)

  • “I felt an impulse to beat an unpleasant opponent.”

“I felt an impulse to beat an unpleasant opponent.”

「衝動」を使ったこの英語の例文は、「私は不愉快な相手を殴りたい衝動に駆られました」を意味しています。

icon まとめ

「衝動」という言葉について徹底的に解説しましたが、「衝動」には「内部的・強迫的な抵抗しがたい欲求・刺激」「本能的欲求によって突き動かされる抗いがたい行為」などの意味があります。

「衝動」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「衝迫・ムズムズ」「出来心・心の弾み」「向こう見ず・インパルス」などがあります。

「衝動」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。