意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「初見殺し」の意味とは!類語や言い換え

「初見殺し」とは、「そのゲームを初めてプレイする場合、ほぼ必ず負けてしまうようなボスの強さや面の難易度」を意味する言葉です。

「初見殺し」「意味・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

初見殺し

Meaning-Book
「初見殺し」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「初見殺し」とは?
  • 「初見殺し」の表現の使い方
  • 「初見殺し」を使った例文と意味を解釈
  • 「初見殺し」の類語や言い換え


「初見殺し」とは?

「初見殺し」という表現は、「そのゲームを初めてプレイする人が、ほぼ必ずといっていいほど、負けてしまうようなボスの強さや面の難易度」を意味しています。

「初見殺し」というのは文字通り、「初めてそれを見る人が殺されること」であり、主に「初心者(初めてプレイする人)がゲームにおいて、クリアが難しすぎて殺されること」を意味しているのです。



「初見殺し」の表現の使い方

「初見殺し」の表現の使い方は、「そのゲームを初めてプレイする人が、まず絶対に勝つことができないような強いボスに遭遇した時」「初心者がまずクリアすることができない面に挑戦した時」に使うという使い方になります。

例えば、「現代では、初見殺しの程度が激しすぎるゲームは、初心者が楽しめないので売上が伸びにくい傾向になっています」といった文章で、「初見殺し」の表現を使えます。

「初見殺し」を使った例文と意味を解釈

「初見殺し」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「初見殺し」を使った例文1
  • 「初見殺し」を使った例文2

「初見殺し」を使った例文1

「Switchのスーパーマリオは今までのゲームのコントローラーとは操作感がかなり違っているので、初見殺しの側面が強くなっています」

この例文は、「Switchのスーパーマリオは今までのゲームのコントローラーとは操作感がかなり違っているので、初めてプレイする人ではクリアできない傾向が強くなっている」ということを意味しています。

「初見殺し」を使った例文2

「初見殺しの昔のファミコンの名作としては、『スペランカー』や『カラテカ』などのゲームがあります」

この例文は、「初心者だとまずクリアすることが不可能な(まず絶対に敵にやられてしまう)昔のファミコンの名作としては、『スペランカー』や『カラテカ』などのゲームがある」ということを意味しています。



「初見殺し」の類語や言い換え

「初見殺し」の類語や言い換えを、分かりやすく説明していきます。

  • 「驚異的な難しさ・圧倒的な敵の強さ」
  • 「初めてでは無理(至難)」

「驚異的な難しさ・圧倒的な敵の強さ」

「初見殺し」という表現は、「初めてする人ではまずクリアできない驚異的な難しさや敵の強さ」を意味しています。

その意味合いから、「初見殺し」という表現は「驚異的な難しさ・圧倒的な敵の強さ」という表現で言い換えられるのです。

「初めてでは無理(至難)」

「初見殺し」という言葉は、「初めての人ではそのゲームのクリアがまず無理であること」「初心者ではゲームの敵が強すぎてすぐに死んでしまうこと」を意味しています。

その意味から、「初見殺し」と近しい似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「初めてでは無理(至難)」という表現を指摘することができるのです。

icon まとめ

「初見殺し」という言葉について解説しましたが、「初見殺し」には「そのゲームを初めてプレイする場合、ほぼ必ず負けてしまうようなボスの強さや面の難易度」などの意味があります。

「初見殺し」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「驚異的な難しさ・圧倒的な敵の強さ」「初心者には無理・初めてでは至難」などがあります。

「初見殺し」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。