意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「初見の感想」の意味とは!類語や言い換え

皆さんは「初見の感想」という言葉を使うような経験をしたことがあるかもしれません。

しかし、この言葉は普段の会話の中では、そんなに頻繁に使われることがないようにも思える言葉です。

そこで今回は、この「初見の感想」にフォーカスを当てて見ていくことにしたいと思います。

初見の感想

Meaning-Book
「初見の感想」の意味とは!類語や言い換え>


目次

  • 「初見の感想」とは?
  • 「初見の感想」の表現の使い方
  • 「初見の感想」を使った例文と意味を解釈
  • 「初見の感想」の類語や言い換え


「初見の感想」とは?

「初見」という言葉には、「初めて見ること」「初めて会うこと」という意味があります。

初めて会うことや初対面の場合に使います。

また、「感想」「物事について心に感じたことや思ったこと」、いわゆる「所感」「感想」ということです。

このことから、「初見の感想」とは「初めて見た時に感じたこと」「初めて見るものへの思い」と解釈することができます。



「初見の感想」の表現の使い方

「初見の感想」「初めて見たことについて感じたこと」という意味になるので、今まで見たことのないものを見る場合に使われますので、映画や絵画など初めて見た作品の感想だったり、初めて訪ねる地域への思いも、この言葉で表現することができます。

また、見るものだけでなく、聞くもの、触れるものも「初見の感想」が使われることがあります。

「初見の感想」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「初見の感想」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンのイメージしてみることにしましょう。

  • 「初見の感想」を使った例文1
  • 「初見の感想」を使った例文2

「初見の感想」を使った例文1

「昨日見たホラー映像の初見の感想は、言葉では表現することができないくらいに恐ろしいものだった」

最近はYouTubeのような動画サイトで、色々な動画を視聴することができます。

そんなことから、音楽や映画を見ることもできるのですが、ホラー映像も見ることができます。

この例文のように、初めて見た恐ろしい映像に言葉を失うこともあります。

「初見の感想」を使った例文2

「今年の夏に初めてヨーロッパ旅行したのですが、ルーブル美術館の初見の感想は、一生忘れることができないでしょう」

「初見の感想」は旅行でも使える表現ですが、この例文のように、ルーブル美術館に行った人が、初めて見た絵画や彫刻品に心を奪われた時に、「初見の感想」で言い表すことができるでしょう。

ルーブル美術館と言えば、モナリザの微笑みやミロのビーナスなど、歴史的な美術品ばかりで感動も大きいでしょう。



「初見の感想」の類語や言い換え

「初見の感想」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにしましょう。

  • 「初めて会う時の驚き」【はじめてあうときのおどろき】
  • 「初回視聴の感想」【しょかいしちようのかんそう】

「初めて会う時の驚き」【はじめてあうときのおどろき】

「初めて会う時の驚き」「初見の感想」の類義語として扱うことができます。

「初めて会う」とは、「初対面の人」だけでなく、様々なものに使える言葉です。

「その物事について今まで聞いたことも見たこともない驚き」と理解することができます。

「初回視聴の感想」【しょかいしちようのかんそう】

「初回視聴の感想」という言い回しもありますが、これも類義語になるでしょう。

「初回視聴」と言うと、YouTubeをイメージしてしまいます。

icon まとめ

「初見の感想」の意味や活用シーンを紹介してきましたが、私達は初めて見た時の気持ちが大きければ大きいほど、そのことを忘れることができません。

その時の感動をずっといい思い出になれば、とてもいいことです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。