意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「複雑な様相」の意味とは!言葉を徹底解説

「複雑な様相」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「複雑な様相」という言葉を使った例文や、「複雑な様相」の類語を紹介して行きます。

複雑な様相

Meaning-Book
「複雑な様相」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「複雑な様相」とは?
  • 「複雑な様相」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「複雑な様相」を使った例文や短文など


「複雑な様相」とは?

「複雑な様相」とは?

「複雑な様相」という言葉を知っているでしょうか。

「事件が複雑な様相を呈する」などという言い回しを、テレビやネットニュースで聞いたことがあるかもしれません。

一方で、「複雑な様相」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「複雑な様相」という言葉の意味を紹介します。

  • 「複雑な様相」の読み方
  • 「複雑な様相」の意味

「複雑な様相」の読み方

「複雑な様相」「ふくざつなようそう」と読みます。

「複雑」「ふくざつ」「様相」「ようそう」と読みます。

これを機会に、「複雑な様相」「ふくざつなようそう」と読みましょう。

「複雑な様相」の意味

「複雑な様相」という言葉の意味を紹介します。

「複雑な様相」には、「込み入った物事の様子」という意味があります。

「事件が複雑な様相を呈する」という時は、事件が込み入った様子を見せているという意味があります。

単純だと思われていた事件から、様々な事情が派生して、込み入った様子に思える時、「複雑な様相」という言葉を使います。

このように「複雑な様相」には「込み入った物事の様子」という意味があります。



「複雑な様相」の類語や類似表現や似た言葉

「複雑な様相」の類語や類似表現や似た言葉

次に「複雑な様相」の類語や類似表現を紹介します。

「複雑な様相」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「入り組む」【いりくむ】
  • 「込み入る」【こみいる】

「入り組む」【いりくむ】

「入り組む」には、「物事の様子などが、複雑に絡み合うこと」という意味があります。

「入り組んだ町並み」という時は、路地や建物などが、複雑に絡み合っているように見えるという意味になります。

「込み入る」【こみいる】

「込み入る」には、「物事や仕組みが、すぐに理解できないほど複雑になっている」という意味があります。

「込み入った事情」という言葉には、一度聞いただけでは理解できないほど、複雑な事情という意味があります。

「複雑な様相」を使った例文や短文など

「複雑な様相」を使った例文や短文など

続いて「複雑な様相」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「複雑な様相」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「複雑な様相」を使った例文1
  • 「複雑な様相」を使った例文2

「複雑な様相」を使った例文1

「ただのケンカが、次第に『複雑な様相』を見せ始める」

この例文は、ただのケンカと思われたのに、当事者が次第にヒートアップし、さらに様々な登場人物が絡み合って込み入ってきた様子を文章にしたものです。

仲介するはずの人が感情的な動きを見せたり、第三者が憤りを感じて動き出すと、「複雑な様相」を見せることがあります。

「複雑な様相」を使った例文2

「『複雑な様相』を見せる事態を、収拾する救世主が登場する」

事態が込み入ってしまい、収拾する気配が見えなくなることがあります。

この例文にはそのような時に、救世主的な人が登場し、すぐに事態を収拾したという意味があります。



icon まとめ

「複雑な様相」という言葉について見てきました。

物事が込み入った様子を見せていると感じた時に、「複雑な様相」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。