意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「静観の構え」とは?意味や言い換え!例文と解釈

皆さんは、「静観の構え」という言葉を聞いたことがあるかと思います。

その言葉はとても冷静な姿勢を保っているような印象を受けるのですが、実際にどのような意味があり、どんな場面で使われるのか、ここではこの言葉について見ていくことになります。

静観の構え

Meaning-Book
「静観の構え」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「静観の構え」とは?
  • 「静観の構え」を分解して解釈
  • 「静観の構え」の表現の使い方
  • 「静観の構え」を使った例文と意味を解釈
  • 「静観の構え」の類語や類義語・言い換え


「静観の構え」とは?

「静観の構え」とは、「積極的に行動を起こさずに、物事の成り行きや状況を注意深く見守ろうという姿勢」を意味する言葉です。

一言で言うと、「静観を決め込む態度」ということになります。

  • 「静観の構え」の読み方

「静観の構え」の読み方

「静観の構え」「せいかんのかまえ」と読みますが、使われている漢字も読み方も特別に難しいことはありませんので、ここで正確に読めるよう確認しておきましょう。



「静観の構え」を分解して解釈

「静観の構え」「静観」「構え」の2つの言葉に分解してそれぞれの言葉の意味を解釈してみることにしましょう。

  • 「静観」
  • 「構え」

「静観」

「静観」とは、「静かに観察すること」、あるいは「行動を起こさずに物事の成り行きを見守ること」という意味がありますが、これから転じて「事物の裏に隠されている本質的なものを見極めること」という解釈もできます。

「構え」

「構え」は、「建物や門などの造り」「特定の刺激に対する認知や反応が起こりやすくなるような生活体の準備状態」という意味がありますが、ここでは「状況に対応できるように姿勢、態度を整えること」という意味で理解することができます。

「静観の構え」の表現の使い方

「静観の構え」を使う場面としては、物事の動きを冷静に観察力しながら、これからどのような展開になるのかを分析するような時に使われることになります。



「静観の構え」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「静観の構え」を使った例文を見ながら具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「静観の構え」を使った例文1
  • 「静観の構え」を使った例文2

「静観の構え」を使った例文1

「課長はお客さんのお怒りの内容を冷静に把握するために、静観の構えに入った」

ビジネスシーンでは、このような使い方ができる「静観の構え」です。

このシーンは、若い営業マンがミスをしてしまい、顧客を起こらせてしまった場面です。

しかし、そのことの怒りの真意が何処にあるのかを正確に把握するために、上司は「静観の構え」を取ることにしたのです。

「静観の構え」を使った例文2

「わが社は、現在、混乱している市場で事業展開を続けることは困難だと判断している。今は静観の構えを取るしかない」

この例文もビジネスシーンでの活用例ですが、ある市場で何らかの原因で大きく混乱をきたしています。

その中で、事業を続けることが難しくなったのですが、撤退すべきなのかを見極めるために、「静観の構え」を取ることにしたのです。

「静観の構え」の類語や類義語・言い換え

「静観の構え」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるかを見ていくことにします。

  • 「見守る姿勢」【みまもるしせい】
  • 「注視する姿勢」【ちゅうしするしせい】

「見守る姿勢」【みまもるしせい】

「見守る姿勢」「静観の構え」の類義語として使うことができるでしょう。

「動かずにじっとことの成り行きを見る」という意味があり、どのようなことがあっても一歩引いて物事を観察するさまがあります。

「注視する姿勢」【ちゅうしするしせい】

「注視する姿勢」も類義語として扱うことができます。

「物事の動向を注意しながら、冷静に見ていること」ということになります。

icon まとめ

「静観の構え」の意味や使い方を紹介してきましたが、私達がビジネス活動をする際に、このように「静観の構え」をすることは、とても大切なことです。

慌てて右往左往するのではなく、冷静に物事の成り行きや真意を見極めることが重要です。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。