意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「静観に徹する」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「静観に徹する」とは、「余計な手出しをせずに、静かに観察する態度をつらぬく」を意味する言葉です。

「静観に徹する」「意味・読み方・分解した解釈・使い方・例文と解釈・類語(シソーラス)や言い換え」について、詳しく説明していきます。

静観に徹する

Meaning-Book
「静観に徹する」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「静観に徹する」とは?
  • 「静観に徹する」を分解して解釈
  • 「静観に徹する」の表現の使い方
  • 「静観に徹する」を使った例文と意味を解釈
  • 「静観に徹する」の類語や類義語・言い換え


「静観に徹する」とは?

「静観に徹する」という表現は、「余計な手出し・口出しをせずに、静かに観察する態度をつらぬくこと」を意味しています。

「静観に徹する」というのは、「相手・事態に干渉せずに、一貫して静かに観察すること」を意味する表現なのです。

  • 「静観に徹する」の読み方

「静観に徹する」の読み方

「静観に徹する」の読み方は、「せいかんにてっする」になります。



「静観に徹する」を分解して解釈

「静観に徹する」という表現を「静観」「徹する」に分解して、その意味を解釈していきます。

  • 「静観」【せいかん】
  • 「徹する」【てっする】

「静観」【せいかん】

「静観」という表現は、「干渉せずに静かに観察すること、静かに見守ること」を意味しています。

また「静観」には、「物事の奥深い部分にある本質を見極めること」といった意味合いもあります。

「徹する」【てっする】

「徹する」という表現は、「行動・考え方・態度を一途につらぬき通すこと、一貫させること」を意味しています。

「静観+徹する=静観に徹する」で、「口出し・手出しをせずに、一貫して静かに観察すること」を意味しているのです。

「静観に徹する」の表現の使い方

「静観に徹する」の表現の使い方は、「干渉や口出しをせずに、静かに観察する態度を貫いている場合」に使うという使い方になります。

例えば、「部下を教育したいのであれば、時には静観に徹して部下の主体的な行動を見守ってあげて下さい」といった文書で使用できます。



「静観に徹する」を使った例文と意味を解釈

「静観に徹する」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「静観に徹する」を使った例文1
  • 「静観に徹する」を使った例文2

「静観に徹する」を使った例文1

「父親は息子が多少の問題行動を起こしても他人を傷つけない限りは、静観に徹していました」

この例文は、「父親は息子が多少の問題行動を起こしても他人を傷つけない限りは、口出しせずに静かに観察する姿勢を貫いた」ということを意味しています。

「静観に徹する」を使った例文2

「静観に徹していた将軍がいざ戦局を見極めて動き出すと、その戦(いくさ)の勝敗はあっという間に決まりました」

この例文は、「静かに状況を観察することに終始していた将軍が、いざ戦局を見極めて動き出すと、その戦の勝敗はあっという間に決まった」ということを意味しています。

「静観に徹する」の類語や類義語・言い換え

「静観に徹する」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「一貫して反応しない・ノータッチ」
  • 「干渉しないでおく・そのままにしておく」

「一貫して反応しない・ノータッチ」

「静観に徹する」の類義語・言い換えとして、「一貫して反応しない・ノータッチ」があります。

「静観に徹する」という表現は、「ある物事・人物の言動などに対して、反応しない態度を一貫させること」「その問題に対して、ノータッチをつらぬくこと」を意味しています。

それらの意味から、「静観に徹する」と良く似た意味を持つ類義語(シソーラス)として、「一貫して反応しない・ノータッチ」を上げられるのです。

「干渉しないでおく・そのままにしておく」

「静観に徹する」の類語・言い換えとして、「干渉しないでおく・そのままにしておく」があります。

「静観に徹する」という表現は、「物事・人物の言動などに対して、一貫して干渉しないでおくこと」「そのままにして放置しておくこと」を意味しています。

それらの意味から、「静観に徹する」という表現は「干渉しないでおく・そのままにしておく」という表現に言い換えることができるのです。

icon まとめ

「静観に徹する」という言葉について解説しましたが、「静観に徹する」には「余計な手出しをせずに、静かに観察する態度をつらぬく」などの意味があります。

「静観に徹する」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「一貫して反応しない・ノータッチ」「干渉しないでおく・そのままにしておく」などがあります。

「静観に徹する」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。