意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「防衛本能」の意味とは!言葉を徹底解説

「防衛本能」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「防衛本能」という言葉を使った例文を紹介して行きます。

防衛本能

Meaning-Book
「防衛本能」の意味とは!言葉を徹底解説>


目次

  • 「防衛本能」とは?
  • 「防衛本能」を使った例文や短文など


「防衛本能」とは?

「防衛本能」とは?

「防衛本能」という言葉を知っているでしょうか。

「ピンチになると、防衛本能が働く」などという文章を読んだことがあるかもしれません。

一方で、「防衛本能」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「防衛本能」という言葉の意味を紹介します。

  • 「防衛本能」の読み方
  • 「防衛本能」の意味

「防衛本能」の読み方

「防衛本能」「ぼうえいほんのう」と読みます。

特に難しい言葉は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「防衛本能」「ぼうえいほんのう」と読みましょう。

「防衛本能」の意味

「防衛本能」という言葉の意味を紹介します。

「防衛本能」には、「自己防衛する本能」という意味があります。

ピンチに陥った時、自分が攻撃されていると感じた時に、「自分を守ろうとする本能」「防衛本能」と言います。

自然の中を一人で歩くと、「防衛本能が刺激される」というという時は、自然の中に一人という過酷な環境に身を置くことで、自分を守ろうとする本能が刺激されるという意味があります。

このように「防衛本能」には、「自己防衛する本能」という意味があります。



「防衛本能」を使った例文や短文など

「防衛本能」を使った例文や短文など

「防衛本能」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「防衛本能」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「防衛本能」を使った例文1
  • 「防衛本能」を使った例文2

「防衛本能」を使った例文1

「相手に強く攻められて、『防衛本能』が働く」

この例文のような状況になったことがあるかもしれません。

話し合いの途中で、相手の口調が厳しくなった時、自分を守ろうと思う気持ちが働き、相手に負けないくらい口調が攻撃的になってしまうことがあります。

このような状況は、「防衛本能」が働いていると言えます。

自分の身を守るため、相手の攻撃を受けないよう、逆に相手を攻撃してしまいます。

きちんとした話し合いをするためには、「防衛本能」が働かないよう、お互いに口調を穏やかにするなど、気遣いが大切になるでしょう。

「防衛本能」を使った例文2

「みんなと仲良くするため『防衛本能』を和らげる」

自分を守りたいと思う気持ちが働きすぎて、人とコミュニケーションを取るのを避ける人がいるかもしれません。

このように「防衛本能」が働きすぎる人は、みんなと仲良くできないかもしれません。

このような状況を避けるために、安全だと思われる人の前では、あえて「防衛本能」を和らげるようにしてみましょう。

心をオープンにしても大丈夫な相手の前で、気楽に振る舞えるようになれば、他の人に対しても、過剰な「防衛本能」が働かなくなるかもしれません。

icon まとめ

「防衛本能」という言葉について見てきました。

自分にとって不利な状況に置かれた時、危険な状態になった時に、自分を守ろうとする本能を「防衛本能」という言葉を使ってみましょう。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。