意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「帰巣本能」とは?意味!

動物には様々な性質を持っており、それに応じて行動をとっています。

その一つに「帰巣本能」があげられますが、どのような意味か紹介していきます。

帰巣本能

Meaning-Book
「帰巣本能」とは?意味!>


目次

  • 「帰巣本能」とは?読み方について
  • 「帰巣本能」の具体例
  • 「帰巣本能」を使った例文と意味を解釈


「帰巣本能」とは?読み方について

「帰巣本能」とは?読み方について

「帰巣本能」という言葉は「きそうほんのう」と読み、動物に備わっている本能のことを表します。

その本能として動物が巣・住処から離れてもその場所に再び戻ってくるという性質を表します。

「帰巣本能」は後天的に備わるものではなく先天的に身に着けているものとされており、成長する中で帰巣する場所を決めるとそこに戻ってきます。



「帰巣本能」の具体例

「帰巣本能」の具体例

「帰巣本能」という言葉は多くの動物に備わっている性質ですが、身近で目にすることもあります。

例としては犬が脱走する・行方不明になってしまった時、ある程度時間がたつと自然と生活していた巣・居住に戻ってきます。

また野生で成長している場合・ペットとして買われている場合でも共通して戻ってきます。

「帰巣本能」を使った例文と意味を解釈

「帰巣本能」を使った例文と意味を解釈

「帰巣本能」という言葉は様々な場面で目にすることがありますが、実際に会話の中で使う際にはどのように使われるか紹介していきます。

「この子はよく興奮してどこかへ走り出してしまう。見つからないときもあるけど数日以内には必ず家に帰ってくるの。動物の帰巣本能は本当にすごいわ」

この場合の「この子」はペットを表しており、興奮状態では行方不明になるほど走り出してどこかへ行ってしまうことがあると伝えています。

しかし自力でちゃんと戻ってくるため、動物に備わっている「帰巣本能はすごい」と感心の意味で使われています。



icon まとめ

動物に備わっている性質は様々にあり、その一つが「帰巣本能」です。

広く知られている言葉であり、常識としても扱われています。

またペットを飼っている人の間では使う機会も多いため、正しく使いこなすことが必要です。




関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。