意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「早急な対応」とは?意味や言い換え!例文と解釈

仕事をされている人なら「早急な対応」という言葉は、もう使い慣れている表現の1つでしょう。

この言い回しはビジネスシーンでは、色々な場面で活用することができますが、ここで復習の意味も含めてフォーカスしていくことにします。

早急な対応

Meaning-Book
「早急な対応」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「早急な対応」とは?
  • 「早急な対応」の具体例
  • 「早急な対応」の表現の使い方
  • 「早急な対応」を使った例文と意味を解釈
  • 「早急な対応」の類語や類義語・言い換え


「早急な対応」とは?

「早急な対応」「早急」「対応」の2つの言葉から構成されている表現ですが「早急」「非常に急ぐこと」ということを意味しており、「対応」「周囲の状況などに合わせて行動すること」という意味になります。

このことから、「早急な対応」とは「非常に急いで物事を当たること」という意味で理解することができます。

言い換えると「緊急性の高い対応」ということが言えます。

  • 「早急な対応」の読み方

「早急な対応」の読み方

「早急な対応」「そうきゅうなたいおう」という読み方になりますが、あらゆるビジネスシーン出てでくる言葉なので、間違った読み方をするケースは少ないでしょう。



「早急な対応」の具体例

「早急な対応」とは「急いで事に当たる」という意味がありますので、とても緊急性の高い事象に対して使われています。

例えば、人命に関わる重要な設備が故障したことで、至急、修理をしなくてはならないようなケースが考えられます。

特にトラブルやハプニングが発生した後に急ぎのアフターフォローが求められることがありますが、これも「早急な対応」が当てはまります。

「早急な対応」の表現の使い方

「早急なご対応」という言葉は想定外の突発的なトラブルに陥ってしまい、現場の状況に応じた作業を急いでお願いするような際に使われることになります。



「早急な対応」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「早急な対応」を使った例文を見ながら、具体的な活用シーンをイメージしてみることにしましょう。

  • 「早急な対応」を使った例文1
  • 「早急な対応」を使った例文2

「早急な対応」を使った例文1

「この度は早急な対応を頂き、本当にありがとうございました」

このようなコメントは、今ではビジネスメールとして活用されることが大半でしょう。

予想していなかった当然の出来事に対して、当初の予定を変更したり、相手とのスケジュール調整など言葉では中々語り尽くせない苦労があります。

そのことも含めて、このようなメール文で感謝の思いを相手に伝えるのです。

一見、メールだけでのやりとりでは、何かよそよそしい印象がありますが、すぐにお礼のメールとして送ることで、その誠意が相手に伝わります。

「早急な対応」を使った例文2

「本日発生したトラブルの件は、詳細の内容をメールで送付いたしましたので、早急な対応をお願いします」

この時に出てくる「対応」「すぐに対処してください」というようなニュアンスが含まれています。

今、現場はどのような状況になっているのか、トラブルの原因は何が考えられるのか、そのような諸々のことを把握して、「早急な対応」をしなくてはなりません。

「早急な対応」の類語や類義語・言い換え

「早急な対応」を他の言葉で言い換えるとするなら、どのような言葉があるのかを見ていくことにします。

  • 「早々の対応」【はやばやのたいおう】
  • 「迅速な対応」【じんそくなたいおう】

「早々の対応」【はやばやのたいおう】

「早々の対応」「早急な対応」に近い意味を持つ類義語として挙げることができます。

「早々」「早急」と異なる展は、自分や目下の人や友人、知人などに対して使うもので、目上の人や取引先の人には使うことができないので、注意が必要です。

「迅速な対応」【じんそくなたいおう】

「迅速」には、「物事の進捗や行動が速いこと」という意味がありますので、主に自分以外の人に対する行動として使われることが多いのですが、自分の言っている行動を示す場合でも使用することができます。

icon まとめ

「早急な対応」という言葉の意味や使い方を説明してきましたが、ビジネスシーンでは頻繁に使われる言葉なので、このフレーズが出てくる場面では、気を引き締めて行動することが大切です。