意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遥かに凌駕する」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「遙かに凌駕する」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「遙かに凌駕する」という言葉を使った例文や、「遙かに凌駕する」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「遥かに凌駕する」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「遙かに凌駕する」とは?
  • 「遙かに凌駕する」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「遙かに凌駕する」を使った例文や短文など


「遙かに凌駕する」とは?

「遙かに凌駕する」という言葉を知っているでしょうか。

従来の新人を「遙かに凌駕する」逸材に出会ったことがあるかもしれません。

一方で、「遙かに凌駕する」という言葉をまるで知らない人もいるでしょう。

そこで「遙かに凌駕する」という言葉の意味を紹介します。

  • 「遙かに凌駕する」の読み方
  • 「遙かに凌駕する」の意味

「遙かに凌駕する」の読み方

「遙かに凌駕する」「はるかにりょうがする」と読みます。

「遙かに」「はるかに」「凌駕する」「りょうがする」と読みます。

これを機会に、「遙かに凌駕する」「はるかにりょうがする」と読みましょう。

「遙かに凌駕する」の意味

「遙かに凌駕する」という言葉の意味を紹介します。

「遙かに凌駕する」には、「他のものを大いにしのいで、その上に出ること」という意味があります。

例えば「同僚を遙かに凌駕する逸材」という場合は、同じ会社で働いている同僚に、大きく差をつけて上に出ている優れた社員という意味になります。

このように、「遙かに凌駕する」には、「他のものを大いにしのいで、その上に出ること」という意味があります。



「遙かに凌駕する」の類語や類似表現や似た言葉

次に「遙かに凌駕する」の類語や類似表現を紹介します。

「遙かに凌駕する」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「レベルが違う」【れべるがちがう】
  • 「ワンランク上」【わんらんくうえ】
  • 「規格外」【きかくがい】

「レベルが違う」【れべるがちがう】

「レベルが違う」には、「水準が大きく違う」という意味があり、「レベルが違うほど優秀」という場合は、「平均とは大きくかけ離れた、優秀具合」という意味があります。

普通の人とはまるで違うような優れた人に「レベルが違う」という言葉を使います。

「ワンランク上」【わんらんくうえ】

「ワンランク上」には「階級が一つ上の様子」という意味があります。

例えば、飛行機の座席には、ファーストクラス、ビジネスクラス、エコノミークラスがありますが、エコノミークラスよりビジネスクラスは席の階級が一つ上のため、「ワンランク上」と言えます。

「規格外」【きかくがい】

「規格外」には「標準から大きく超えている様子」という意味があります。

「規格外の打者」という場合は、標準を大きく超えたスケールを持つバッターという意味になります。

「遙かに凌駕する」を使った例文や短文など

続いて「遙かに凌駕する」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「遙かに凌駕する」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「遙かに凌駕する」を使った例文1
  • 「遙かに凌駕する」を使った例文2

「遙かに凌駕する」を使った例文1

「前作を『遙かに凌駕する』大ヒット作」

この例文は小説や映画などの続編が生まれ、続編が前作を大いに上回った売り上げを記録したという意味があります。

シリーズ作品は、一作目が名作と呼ばれることが多くなっていますが、二作目が最大のヒットというケースが少なくありません。

一作目のファンに加え、新しいファンが手に取ったり、足を運ぶため、二作目が一作目の売り上げを「遙かに凌駕する」のかもしれません。

「遙かに凌駕する」を使った例文2

「期待を『遙かに凌駕する』質の、仕事をする」

この例文は、求められているレベルの仕事より、はるかに上に出るレベルの、仕事をするという意味があります。

求められているレベルの仕事をすれば、仕事を頼んだ人は納得してますが、その遙か上のレベルの仕事をすれば、次の仕事につながりやすくなるでしょう。



icon まとめ

「遙かに凌駕する」という言葉について見てきました。

他のものを追い抜き、大いに上に立っている人や物事を見た時に、「遙かに凌駕する」という言葉を使ってみましょう。