意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「遥か」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「遥か」という表現は、「遥か遠くに見える景色」「こちらのほうが遥かに素晴らしい価値があります」などの文章で使われていますが、「遥か」の表現にはどのような意味があるのでしょうか?

「遥か」という表現の「意味・読み方・使い方・例文と解釈・類義語」について、詳しく解説していきます。

遥か

Meaning-Book
「遥か」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「遥か」とは?意味
  • 「遥か」の表現の使い方
  • 「遥か」を使った例文と意味を解釈
  • 「遥か」の類語や類義語


「遥か」とは?意味

「遥か」という表現は、「物理的な距離が遠く隔たっている(へだたっている)さま」「年月・時間が長く隔たっているさま」を意味しています。

また「遥か」という表現には、「二つのものの間に非常に大きな違いがあるさま・はなはだしい差異があるさま」といった意味もあります。

  • 「遥か」の読み方

「遥か」の読み方

「遥か」の読み方は、「はるか」になります。



「遥か」の表現の使い方

「遥か」の表現の使い方を紹介します。

「遥か」という表現は、「遥か遠くにある国にいつか旅をしてみたい」というように、「物理的な距離が遠く隔たっている場合」に使われます。

「遥か昔にそんな出来事は忘れてしまいました」の文章のように、「時間・年月が長く経過している場合」「遥か」という表現を使用できます。

また「遥か」の表現は「違いが非常に大きい・かけ離れている」という意味で、「彼女のほうが遥かに魅力的です」のような文章で使うことができます。

「遥か」を使った例文と意味を解釈

「遥か」を使った例文とその意味を解釈していきます。

  • 「遥か」を使った例文1
  • 「遥か」を使った例文2

「遥か」を使った例文1

「ここから遥か遠く離れた地点に、富士山のシルエットがぼんやりと見えていました」

この「遥か」を使った例文は、「遥か」という表現を、「物理的な距離が長く離れているさま」といった意味合いで使用しています。

「遥か」を使った例文2

「フルモデルチェンジしたこの新しいスポーツカーは、旧型モデルよりも遥かにエンジン性能が優れています」

この「遥か」を使った例文は、「新型のスポーツカーと旧型のスポーツカーの間に、はなはだしい(非常に大きな)性能の違いがある」という意味を持つ文脈で、「遥か」という表現を使っています。



「遥か」の類語や類義語

「遥か」の類語・類義語を紹介して、その意味を説明していきます。

  • 「遠い・悠遠」
  • 「非常に・甚しく」

「遠い・悠遠」

「遥か」という表現は、「物理的に距離が遠く離れているさま」「非常に長い時間・年月が過ぎてしまったこと」を意味しています。

「悠遠」という表現は、「時間的・空間的にはるかに遠いこと」を意味しています。

それらの意味合いから、「遥か」と近しい類似の意味を持つ類語(シソーラス)として、「遠い・悠遠」を上げられます。

「非常に・甚しく」

「遥か」という言葉は、「二つのものの間に、はなはだしい違いがあるさま」「非常に大きな差異があること」を意味しています。

この意味合いから、「遥か」とほぼ同じような意味のニュアンスを持つ類義語として、「非常に・甚しく」の表現を指摘できます。

icon まとめ

この記事で解説した「遥か」の表現には、「物理的な距離が遠く隔たっているさま」「ある時点から長い年月・時間が経過しているさま」などの意味があります。

「遥か」の類語・類義語として、「遠い・悠遠」「非常に・甚しく」などがあります。

「遥か」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。