意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「猛省を促す」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「猛省を促す」、という表現は職場などで聞いたことがある人もいるかもしれませんね。

ここでは「猛省を促す」、という表現について詳しく紹介していきます。

Meaning-Book
「猛省を促す」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「猛省を促す」とは?
  • 「猛省を促す」を分解して解釈
  • 「猛省を促す」の表現の使い方
  • 「猛省を促す」を使った例文と意味を解釈
  • 「猛省を促す」の類語や類義語・言い換え


「猛省を促す」とは?

これは極めて激しく反省させようとする、強く反省するように圧力を加える、という意味になります。

過去の言動の悪い点を悔い改めさせる、という意味であり、反省を促す、という意味よりももっと強く反省させるという意味があるのです。

誰かにそのような反省をさせようとする時にこの表現が使えます。

  • 「猛省を促す」の読み方

「猛省を促す」の読み方

この表現は「もうせいをうながす」と読みます。

ビジネスなどで使えますので、ぜひ覚えておきましょう。



「猛省を促す」を分解して解釈

ここでは分解して紹介していきます。

  • 「猛省」
  • 「促す」

「猛省」

猛省という言葉には自分の言動を振り返る、自分がしたことを深く後悔するという気持ちが含まれています。

反省するという表現よりも強いニュアンスを持ちます。

「促す」

促す、という言葉には早く物事をするように急かす、催促する、あるいはそうするように進める、という意味があります。

職場では、部下などが大きな失敗をした場合、反省させたい、と思うこともあるのではないでしょうか。

「猛省を促す」の表現の使い方

誰かが大きなミスをしたにもかかわらず、反省している様子がない場合、なんとか反省させなければいけないと思いますよね。

職場でのミスは周りの足を引っ張る可能性もあり、相手に迷惑をかける可能性もあります。

ミスをしたらそれをなかったことにしてはいけません。

誰かに迷惑をかけたミスをした張本人がいるならば、その人に「猛省を促す」、自分の言動を反省させる、ということが重要になります。

なぜそのような間違いをしてしまったのか、二度と同じ間違いを繰り返さないためにはどうすれば良いのか、考えさせなければいけません。



「猛省を促す」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「猛省を促す」を使った例文1
  • 「猛省を促す」を使った例文2

「猛省を促す」を使った例文1

「あの2人の部下には猛省を促したいと思っています」

もしも部下2人が大きな間違いをした、相手に多大な迷惑をかけた、という場合はしっかりと反省させなければいけません。

何度も同じ間違いを繰り返してしまえば、信頼を失う可能性もありますし、会社自体のデメリットになってしまう可能性もあります。

もしも自分の管轄下にいる部下が失敗したという場合、そして特にその本人たちが反省していない場合、しっかりと考え直させる必要がありますね。

「猛省を促す」を使った例文2

「息子には猛省を促しておきます」

部下だけではなく、自分の子供のことで反省させたいと思うこともあるかもしれません。

もしも自分の子供がほかの子供に迷惑をかけた、怪我をさせた、などということがあれば、きちんと反省させなければいけないのです。

相手のお母さんに対して「反省させますから」と表現することもあるのではないでしょうか。

その場合は張本人もきちんと謝罪するようにしなければいけません。

「猛省を促す」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「悔い改めさせる」【くいあらためさせる】
  • 「反省を促す」【はんせいをうながす】

「悔い改めさせる」【くいあらためさせる】

悔い改めさせる、という表現は悪い人に正しい心を持たせる、改心させる、という意味があります。

悔い改めるという表現には過去の過ちを反省して心を入れ替えるという意味があります。

「反省を促す」【はんせいをうながす】

反省を促す、というのは過去の悪い点を悔い改めさせる、という意味になります。

反省という言葉は猛省という言葉ほど強くはありませんが、普通の捉え方や自分の言動を振り返り、それで良いか考えること、という意味があります。

icon まとめ

誰かに猛省を促したという経験を持つ人もいるのではないでしょうか。

他人だけではなく、自分が失敗した場合もきちんと反省するように意識しましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。