意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「黙れドン太郎」とは?意味!解説

ネットで見掛ける「黙れドン太郎」の意味や登場する作品などについて紹介します。

黙れドン太郎

Meaning-Book
「黙れドン太郎」とは?意味!解説>


目次

  • 「黙れドン太郎」の意味
  • 「天草ラクト」とは?
  • 「黙れドン太郎」が有名になった理由


「黙れドン太郎」の意味

「黙れドン太郎」とは、kt60(ケーティーろくじゅう)による「なろう系小説」のコミック版「物理さんで無双してたらモテモテになりました」の主人公「天草ラクト」のネット上での呼名です。

ストーリー中にラクトが「黙れ」と言って「ドン!」と机を叩くシーンが話題になりました。

ここから「黙れと言ってドンと机を叩く男」という意味で「黙れドン太郎」として使われる様になったのです。



「天草ラクト」とは?

「天草ラクト」とは、「物理さんで無双してたらモテモテになりました」の主人公で、現実の世界から異世界にワープしたという設定です。

錬金術新より召喚されたラクトは弟子として錬金術を学びます。

独り立ちをしたラクトは或る日盗賊に襲われ、その盗賊をみごとやっつけたのですが、それが犬耳の少女でラクトになついてしまうのです。

ここからラクトがケモノ耳の少女にモテていくという「なろう系ファンタジー」を繰り広げます。

「黙れドン太郎」が有名になった理由

「黙れドン太郎」が有名になったのは、原作に比べて絵柄があまりにも拙いことにあります。

作画を担当した「えんど氏」は萌え系のキャラが得意なのですが、顔に比べて身体の動きが苦手らしいのです。

ラクトが「ドン!」と机を叩くシーンはどうもぎこちなく、不自然なデッサンになっています。

このミスマッチ感がネットユーザーに広まり、逆に注目される様になりました。



icon まとめ

「黙れドン太郎」とは、「物理さんで無双してたらモテモテになりました」のコミック版で、主人公「天草ラクト」「黙れ」と言って「ドン!」と机を叩く動作からついた呼名です。

実際にシーンをチェックしてみるとより理解し易くなります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。