意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「妖怪ケケケのケ太郎」とは?なんのCM?

この「妖怪ケケケのケ太郎」は、もちろん「ゲゲゲの鬼太郎」が元になっている言葉です。

妖怪ケケケのケ太郎

Meaning-Book
「妖怪ケケケのケ太郎」とは?なんのCM?>


目次

  • 「妖怪ケケケのケ太郎」とは?
  • 「妖怪ケケケのケ太郎」が進めるスカルプDとは?
  • 「ミノキ兄弟」とは?
  • 「ゲゲゲの鬼太郎」とは?


「妖怪ケケケのケ太郎」とは?

「妖怪ケケケのケ太郎」とは、スカルプDという薬用シャンプーの新CMで、元SMAPの稲垣吾郎氏が扮する妖怪のキャラクターです。

前髪で片目が隠れたスタイルは、「ゲゲゲの鬼太郎」そのもので、もちろん同作品からの許可を得た上での演出なのは言うまでもありません。

特徴として、CM中で一言も喋らないという点が挙げられますが、喋ってしまうと「鬼太郎」からイメージが遠ざかってしまう為、遭えてそのようなキャラクターにしたのだと考えられています。



「妖怪ケケケのケ太郎」が進めるスカルプDとは?

スカルプDとは、アンファー (ANGFA) から発売されている薬用シャンプーです。

育毛効果が期待できるミノキシジルという成分をふんだんに配合しており、医薬品外部にもなっています。

実売価格で、350mlのボトルが約4000円と高額ですが、2018年まで9年連続で男性用シャンプーの売上げ部門で1位を獲得している実績があり、毎日のシャンプーだけで育毛ができると評判です(効果には個人差があります)。

尚、シャンプーではない第一種医薬品として発売されている発毛剤の「スカルプD メディカルミノキ5」という製品もあり、こちらの購入には医師や薬剤師との問診が必須となっています。

「ミノキ兄弟」とは?

「妖怪ケケケのケ太郎」がスカルプDのCMに登場する前に、同じく元SMAPの草なぎ剛氏と香取慎吾氏が、この「ミノキ兄弟」という名前でスカルプDのCMに出演していました。

草なぎ氏が兄で、香取氏が弟という設定で、この二人が宣伝していたのは先の「スカルプD メディカルミノキ5」です。

この製品は、育毛剤やその類いではなく、「発毛剤」という点が他製品との大きな違いです。

「育毛剤」という名称は比較的簡単に使うことができますが、「発毛剤」と銘打って発売する為には、第一種医薬品としての認可が必要です。

その認可を受けた上で発売していることから、それだけ効果に期待できる製品だと考えることができます(効果には個人差があり、必ずしも他社の「育毛剤」より効くとは限りません)。



「ゲゲゲの鬼太郎」とは?

「ゲゲゲの鬼太郎」は、妖怪が数多く登場する水木しげる氏の人気漫画です。

1968年にアニメ化され、これまでに5期のテレビシリーズが完結しており、現在では6期目に当たるシリーズが2018年の4月から放送されています。

原作は漫画ですが、アニメの放送と共に「鬼太郎」などのキャラクターが世間に広まり、とても人気になりました。

作者である水木しげる氏の出身地である鳥取県の境港市には、「水木しげるロード」と呼ばれる「ゲゲゲの鬼太郎」に登場する様々な妖怪の銅像が立ち並ぶ通りがあるほどです。

icon まとめ

誰もが一度は見たことがある(と思われる)「ゲゲゲの鬼太郎」にそっくりのキャラクターが、スカルプDの新CMに登場する、稲垣吾郎氏扮する「妖怪ケケケのケ太郎」です。

このCMの放送は、2019年4月16日からです。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。