意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事実」とは?意味や使い方!例文や解釈

「事実」とは、「実際に起こった事柄・現実に存在する事柄」を意味する言葉です。

「事実」「意味・読み方・語源や漢字・使い方・事実を使った言葉・例文と解釈・事実と真実の違い・類語(シソーラス)や言い換え・英語と解釈」について、詳しく説明していきます。

事実

Meaning-Book
「事実」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「事実」とは?
  • 「事実」の表現の使い方
  • 「事実」を使った言葉と意味を解釈
  • 「事実」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「事実」と「真実」の意味の違い
  • 「事実」の類語や類義語・言い換え
  • 「事実」の英語と解釈


「事実」とは?

「事実」という言葉は、「実際に起こった事柄・物事」「現実に存在する事柄・事物」を意味しています。

「事実」というのは、「第三者が見ても確認することができる実際に起こった出来事、現実に存在する物事」を意味している表現なのです。

  • 「事実」の読み方
  • 「事実」の語源や漢字

「事実」の読み方

「事実」の読み方は、「じじつ」になります。

「事実」の語源や漢字

「事実」の語源を、その漢字の意味・成り立ちから解釈していきます。

「事実」「事」という漢字の語源的な意味は、「こと・物事・事柄・出来事・仕事・つかえる」などになります。

「事」の成り立ちは、「神に祈る言葉を書きつけて、木の枝に結びつけた札を手にした象形」から「祭事に従事する人(その後に仕事・物事の意味が派生した)」を意味する象形文字にあります。

「実」という漢字の語源的な意味は、「中身・まこと・本当・みちる・みのる」などになります。

「事+実=事実」で、「実際に存在する物事・本当に起こった事柄」を意味することになったのです。



「事実」の表現の使い方

「事実」の表現の使い方は、「実際に起こった事柄・物事」「現実に存在する事柄・事物」を指示して使うという使い方になります。

例えば、「それが事実であることが分かれば、私の無罪を証明できます」「事実だけを述べてください」などの文章で、「事実」の表現を使用できます。

「事実」を使った言葉と意味を解釈

「事実」を使った言葉を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「事実に反する」
  • 「既成事実」
  • 「事実を曲げる」

「事実に反する」

「事実に反する」という表現は、「実際に起きた事柄を否定している」「本当の物事を述べずに嘘をついている」ということを意味しています。

例えば、「事実に反する発言ばかりをしていて、彼の言っていることは信用できません」といった文章で使えます。

「既成事実」

「既成事実」という言葉は、「すでに出来上がってしまった実際の物事」「すでに起こってしまった現実の出来事」ということを意味しています。

例えば、「彼に男女関係の既成事実を作られて、私は別れにくくなりました」といった文章で使用されます。

「事実を曲げる」

「事実を曲げる」という表現は、「実際に起きた事柄を修正(改ざん)したり無かったことにしたりすること」を意味しています。

例えば、「私は事実を曲げてまで、自分の利益ばかりを追求したいとは思いません」といった文章で使えます。



「事実」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「事実」を使った例文や短文などを紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「事実」を使った例文1
  • 「事実」を使った例文2

「事実」を使った例文1

「私の主張している内容が、紛れもない事実であることを証明したいと思います」

この「事実」を使った例文は、「私の主張している内容が、偽りのない実際に起こった事柄(現実に存在する物事)であることを証明したいと思う」ということを意味しています。

「事実」を使った例文2

「彼は事実を曲げてでも自分の利益を守ろうとする性格なので、彼の言い分をそのまま信じることはできません」

この「事実」を使った例文は、「彼は実際に起こった出来事(現実に存在する物事)を修正したり否定したりしてでも、自分の利益を守ろうとする性格なので、彼の言い分をそのまま信じることはできない」ということを意味しています。

「事実」と「真実」の意味の違い

「事実(じじつ)」という言葉は「現実に起こった事柄・実際に(客観的に)存在する事柄」を意味していますが、「真実(しんじつ)」という言葉は「その人にとって嘘偽りのない本当の事柄・主観的な解釈として本当のこと」を意味しているという違いがあります。

「事実」という表現は、「第三者が見てもほぼ明らかな客観的な事柄」「大勢の人たちが実際に起こったと認めている事柄」を意味しています。

それに対して「真実」という表現は、「自分自身が嘘偽りがないと思っていて、その存在を信じている事柄」「他人には違う考え方もあるかもしれないが、自分にとって本当の事柄」を意味しているという違いがあるのです。

「事実」の類語や類義語・言い換え

「事実」の類語・類義語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「現実・リアル」
  • 「実際・本当」
  • 「ファクト・真実」

「現実・リアル」

「事実」の類義語・言い換えとして、「現実・リアル」があります。

「現実」というのは、「虚構・想像ではない事実」「理想・空想とは異なる事実」を意味する表現です。

「リアル」というのは「現実を意味する英語」であり、「理想・想像・妄想ではない客観的な事実」を意味しています。

それらの意味合いから、「事実」と近しい同じような意味を持つ類義語(シソーラス)として、「現実・リアル」を指摘できます。

「実際・本当」

「事実」の類語・言い換えとして、「実際・本当」があります。

「実際」の言葉は「物事のあるがままの事実・状態」を意味していて、「本当」の言葉は「本物であること」「嘘偽りではなくて実際であるさま」を意味しています。

それらの意味から、「事実」の表現は「実際・本当」という表現に言い換えることが可能なのです。

「ファクト・真実」

「事実」の類義語・言い換えとして、「ファクト・真実」があります。

「事実」という表現は、日常的な英語では「ファクト」と言うことができます。

「真実」というのは、「嘘偽りがない本当の事柄」「主観的な事実として解釈している本当のこと」を意味する表現です。

それらの意味から、「事実」とほとんど同じ意味を持つ類義語(シソーラス)として、「ファクト・真実」を上げることができます。

「事実」の英語と解釈

事実 meaning in english

「事実」という言葉は、“fact”(事実・実際・ファクト)や“truth”(真実・本当・正しい事柄)などの英語で言い表すことができます。

  • “She blinked an obvious established fact.”

“She blinked an obvious established fact.”

「事実」という言葉を用いた英語の例文は、「彼女は明白な既成事実から目を背けました」ということを意味しています。

icon まとめ

「事実」という言葉について徹底的に解説しましたが、「事実」には「実際に起こった事柄・現実に存在する事柄」などの意味があります。

「事実」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「現実・リアル」「実際・本当」「ファクト・真実」などがあります。

「事実」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。