意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「事実と違う」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「事実と違う」という表現を知っているでしょうか。

よくニュースなどでも聞く言い回しですよね。

ここでは「事実と違う」という表現について紹介していきます。

事実と違う

Meaning-Book
「事実と違う」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「事実と違う」とは?
  • 「事実と違う」の英語と解釈
  • 「事実と違う」の表現の使い方
  • 「事実と違う」を使った例文と意味を解釈
  • 「事実と違う」の類語や類義語・言い換え


「事実と違う」とは?

「事実と違う」というのは意見や主張などが実際の事実に即していない、という意味になります。

例えば、政治などにおいては日本と他の国の言い分が異なるということもあり、それは少なくともどちらかが「事実と違う」発言をしているということになります。

主観が入った物言いをしてしまうと、事実とは違ったことを言ってしまうかもしれません。

例えば、子供が石のある場所で転んだ場合、「子供が石につまずいて転んだ」という人もいるでしょう。

しかし、もしかしたらそれは「事実と違う」かもしれません。

ただ単にその子供が石のある場所で転んだだけかもしれませんね。

このような時に「事実と違う」という表現が使えます。

  • 「事実と違う」の読み方

「事実と違う」の読み方

「事実と違う」という表現は「じじつとちがう」と読みます。

これはニュースなどでもよく使われる言い回しですし、日常生活でも使うことがありますのでぜひ覚えておきたいものです。



「事実と違う」の英語と解釈

事実と違う meaning in english

「事実と違う」という表現を英語にすると“to be factually incorrect”“to differ from the actual facts”になります。

「あなたの発言は事実と違います」ということであれば“What you say is different from the truth.”と表現できます。

「事実と違う」の表現の使い方

「事実と違う」という表現はあらゆる場所で使える言い回しです。

もしかしたら、子供が自己防衛のために「事実と違う」ことをいうかもしれません。

子供が何かいたずらをした後、親がどれだけ問い詰めても嘘をついた場合、それは「事実と違う」ということになります。

たとえ嘘をついているつもりがなかったとしても、主観が混ざったものの言い方をしてしまえばそれは「事実と違う」可能性が高まります。

政治などにおいても、解釈が異なるが故に事実と違った発言をしてしまう人もいますね。



「事実と違う」を使った例文と意味を解釈

ここでは例文を紹介していきます。

  • 「事実と違う」を使った例文1
  • 「事実と違う」を使った例文2

「事実と違う」を使った例文1

「彼女の言い分は事実と違います」

何かについて説明をしなければいけない時など、事実と違ったことをいう人もいるのではないでしょうか。

その一方で、もしかしたら本人にはその気がないという場合もあります。

主観が入った物言いをしてしまうが故に、どうしても事実と違った発言をしてしまう人も珍しくありません。

何かを説明するときには主観が入っていない言い方をすること、さらに誰かの発言を代弁するときにはその張本人の言葉を使う、ということも重要です。

「事実と違う」を使った例文2

「このマンガは事実と違います」

最近は実際にあった出来事を漫画にするというケースもありますし、フィクションという形で小説が描かれる場合もありますよね。

そのような場合、「事実と違う」書き方をしてしまったことでトラブルになる場合もあります。

例えば殺人事件などを扱う場合、遺族の気持ちを大切にして書かなければいけないですよね。

もしも異なった書き方をした場合、「事実と違う」、と言われることがあります。

「事実と違う」の類語や類義語・言い換え

ここでは類義語を紹介します。

  • 「事実と異なる」
  • 「食い違いがある」

「事実と異なる」

事実と異なる点というのは意見や主張などが実際の事実に即していない、「事実と違う」、という意味になります。

異なるという言葉にはあるものが他のものと同じでない、違う、という意味があります。

「食い違いがある」

食い違いがある、というのは相手と考え方が異なっている、齟齬が生じている、という意味になります。

ズレがある場合にも食い違いがあると表現されます。

icon まとめ

「事実と違う」、という事は日常的によくあることです。

例えば夫婦喧嘩をしたときであっても、夫婦喧嘩に勝った人の言い分と負けた人の言い分では違いが生じるかもしれません。

説明の仕方によっても話が違ってくるということを理解し、物事を把握する必要があります。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。