意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慇懃無礼」とは?意味や言い換え!例文と解釈

「慇懃無礼」という言葉は見た目がとても難しく、意味が分かりにくいと思う人もいるでしょう。

読み方や使い方などを紹介しますので参考にして下さい。

Meaning-Book
「慇懃無礼」とは?意味や言い換え!例文と解釈>


目次

  • 「慇懃無礼」とは?
  • 「慇懃無礼(いんぎんぶれい)な態度」の英語と解釈
  • 「慇懃無礼」の表現の使い方
  • 「慇懃無礼」を使った例文と意味を解釈
  • 「慇懃無礼」の類語や類義語・言い換え


「慇懃無礼」とは?

「慇懃無礼」の概要について紹介します。

  • 「慇懃無礼」の読み方
  • 「丁寧過ぎて逆に無礼になること」の意味
  • 「表面上は丁寧に接して内面では相手を見下すこと」の意味
  • 「慇懃無礼」の漢字の成り立ち

「慇懃無礼」の読み方

「慇懃無礼」「いんぎんぶれい」と読みます。

「いんきん」と読まない様に注意しましょう。

「丁寧過ぎて逆に無礼になること」の意味

その人の態度が、あまりに丁寧過ぎてしまい、嫌味を感じて無礼だと思うことを言います。

人はある程度打ち解けた関係の人に対してや、カジュアルな場面で、丁寧過ぎる言葉を使うと返って「失礼だ」と思われることがあります。

例えば、こちらが気軽に「いい天気ですね」と言っているのに相手が「よろしゅうございますね」と言うと、何となく自分に対して距離を置きたいのかな、と思ってしまうでしょう。

丁寧過ぎて相手を「イラッとさせる様な言葉遣い」のことを言います。

「表面上は丁寧に接して内面では相手を見下すこと」の意味

こちらは内面的な意味で、丁寧な言葉で相手と接しながら「つまらない人だ」などと思うことを言います。

とにかく丁寧な言葉遣いをして話しを盛り上げずに適当にあしらおうという意図が相手に見えてしまうこともあります。

「慇懃無礼」の漢字の成り立ち

「慇懃無礼」「慇懃+無礼」で成り立っています。

「慇」「丁寧なこと」という意味で、「懃」「礼儀正しいこと」という意味です。

「慇懃」「丁寧で礼儀正しい」という良い意味です。

「無礼」「礼を欠くこと」という意味です。

これらの漢字が組み合わさり、「丁寧で礼儀正しいけれども実は礼を欠いていること」という意味で使われる様にありました。



「慇懃無礼(いんぎんぶれい)な態度」の英語と解釈

“He is so smarmy person.”

「彼は口調が丁寧過ぎる=彼は慇懃無礼だ」という意味になります。

“smarmy”「口先上手」という意味で、悪いニュアンスがあります。

「慇懃無礼」の表現の使い方

「慇懃無礼」は、相手の言動が丁寧にもかかわらずイラッとした時に使われます。

単に「慇懃無礼だ」と言えば、それだけで相手が非常に丁寧な態度や言葉遣いをしていること、しかしそれがいやみったらしく感じることが伝わります。

良い意味ではないので直接相手に聞かれない様に注意しましょう。



「慇懃無礼」を使った例文と意味を解釈

「慇懃無礼」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「慇懃無礼」を使った例文1
  • 「慇懃無礼」を使った例文2

「慇懃無礼」を使った例文1

「役所の窓口の対応が非常に慇懃無礼だった」

役所の窓口担当者の態度が、丁寧過ぎてこちらをバカにしている様な雰囲気が感じられました。

「ご存知ではございませんでしょうか」などと言われると知らないことをバカにされている感じがします。

「慇懃無礼」を使った例文2

「高級なお店だけれども対応が慇懃無礼だ」

ブランドショップに行った時に、スタッフがあまりにも丁寧な言葉遣いをするのでこちらがうまく返事ができずに居心地が悪くなってしまったことを表しています。

プロならばお客に合わせて会話をするテクニックも必要なのです。

「慇懃無礼」の類語や類義語・言い換え

「慇懃無礼」の類語を紹介します。

  • 「他人行儀」【たにんぎょうぎ】
  • 「バカ丁寧」【ばかていねい】

「他人行儀」【たにんぎょうぎ】

「既に親しい間柄なのに、まるで知らない人に対する様によそよしくふるまうこと」という意味です。

「バカ丁寧」【ばかていねい】

「著しく丁寧な態度や言葉遣いで、返ってこちらが不快に感じること」といういみです。

icon まとめ

「慇懃無礼」「丁寧過ぎて逆に無礼になること」「表面上は丁寧に接して内面では相手を見下すこと」という意味があります。

丁寧過ぎる態度は返って人を不快にさせることを覚えておきましょう。


関連語



関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。