意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「自宅謹慎」とは?意味!例文を解釈

「自宅謹慎」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「自宅謹慎」という言葉を使った例文や、「自宅謹慎」の類語を紹介して行きます。

自宅謹慎

Meaning-Book
「自宅謹慎」とは?意味!例文を解釈>


目次

  • 「自宅謹慎」とは?
  • 「自宅謹慎」を使った例文や短文など

「自宅謹慎」とは?

「自宅謹慎」という言葉を知っているでしょうか。

学生時代に、問題を起こして「自宅謹慎」になったクラスメートの顔が思い浮かんだ人もいるでしょう。

一方で、「自宅謹慎」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「自宅謹慎」という言葉の意味を紹介します。

  • 「自宅謹慎」の読み方
  • 「自宅謹慎」の意味

「自宅謹慎」の読み方

「自宅謹慎」「じたくきんしん」と読みます。

「自宅」「じたく」「謹慎」「きんしん」と読みます。

これを機会に「自宅謹慎」「じたくきんしん」と読みましょう。

「自宅謹慎」の意味

「自宅謹慎」には、どのような意味があるでしょうか。

「自宅謹慎」には、「自宅で謹慎すること」という意味があります。

「謹慎」には、「言行を慎むこと」という意味や、「一定期間外出を禁じたり、仕事を禁じること」という意味があります。

「謹慎」は江戸時代の刑罰のひとつで、公用以外は外出してはいけないという罰則があり、そこから転じて、現在の「謹慎」につながっています。

通常「自宅謹慎」と言われた時は、学校や会社から呼び出された時、すぐに対処できる環境にいるよう、命じられることを言います。

基本的には自宅にいて、反省をしながら、呼び出されるのを待ちます。

その間は仕事をすること、学校に行くことを禁じられています。

「自宅謹慎」を使った例文や短文など

「自宅謹慎」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「自宅謹慎」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「自宅謹慎」を使った例文1
  • 「自宅謹慎」を使った例文2

「自宅謹慎」を使った例文1

「会社に重大な損害を与えた社員が、『自宅謹慎』の処分を受ける」

この例文に登場する人は、不祥事を起こしたり、重大なミスをして、会社から処罰の対象になっています。

不祥事や重大なミスについて、会社が調べた後で処罰が下りますが、それまでの間、「自宅謹慎」を命じられています。

会社から呼び出しがあった時、すぐに着替えて出社できるよう、自宅で待機する必要があります。

「自宅謹慎」を使った例文2

「学校のガラスを故意に割り、『自宅謹慎』を命じられる」

この例文は、学校のガラスを故意に割って、「自宅謹慎」を命じられた学生の様子を文章にしたものです。

先生に反抗したり、学校に反抗し、このような不祥事を起こすと、取りあえず「自宅謹慎」を命じられるケースが多くなります。

その後、学校に呼び出されて、「退学」になることもあります。

呼び出された時に、いかに反省しているか、態度で示せるかどうかも、処罰の重さに影響するでしょう。

icon まとめ

「自宅謹慎」という言葉について見てきました。

不祥事などを起こしてしまい、自宅で待機するよう命じられることを、「自宅謹慎」という言葉で表現できます。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。