意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「善意」とは?意味や使い方!例文や解釈

「善意」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「善意」という言葉を使った例文や、「善意」を使った言葉を紹介して行きます。

善意

Meaning-Book
「善意」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「善意」とは?
  • 「善意」を使った言葉と解釈
  • 「善意」を使った例文や短文など
  • 「善意」の反対語

「善意」とは?

みなさんは「善意」という言葉を知っているでしょうか。

身の回りに「善意に満ちた人」がいるかもしれません。

一方で、「善意」という言葉を、まるで知らないという人もいるでしょう。

そこで「善意」という言葉の意味を紹介します。

  • 「善意」の読み方
  • 「善意」の意味

「善意」の読み方

「善意」「ぜんい」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

これを機会に「善意」「ぜんい」と読みましょう。

「善意」の意味

「善意」には、どのような意味があるでしょうか。

「善意」には、「人のためになるよう、思う心」という意味があります。

「善意に満ちた人」には、「人のためになりたいという思いが、心に満ち溢れている人」という意味があります。

身近に「善意に満ちた人」がいたら、気分良く暮らせるかもしれません。

このように、「善意」には、「人のためになるよう思う心」という意味があります。

「善意」を使った言葉と解釈

「善意」を使った言葉を紹介し、意味を解釈して行きます。

「善意」を使った言葉には、どのような意味があるでしょうか。

  • 「善意の人」
  • 「善意の第三者」
  • 「善意の傘」
  • 「善意からくるもの」

「善意の人」

「善意の人」には、「他人に対する心遣いの優れた人」「人情の厚い人」という意味があります。

基本的な考え方が性善説で、前向きな捉え方をするという特徴もあります。

ただし「人から喜ばれるのが、自分の幸せ」という考え方を持っているため、自分をないがしろにして、周囲の人に尽くしてしまう傾向もあります。

「善意の第三者」

「善意の第三者」という言葉を知っているでしょうか。

「善意の第三者」には、「善意」が入っているため、「いい人」「優しい人」というイメージを持つかもしれません。

しかし「善意の第三者」という場合の「善意」には、「特定の事実を知らないこと」という意味があります。

また「第三者」には「当事者ではない人」という意味があります。

そのため「善意の第三者」には、「当事者間の特定の事実を知らない人」という意味になります。

事件が起こった時、その場にいたものの、まるで事件に関する事実を知らない、当事者以外の人だった時、「善意の第三者」と呼ばれます。

「善意の傘」

「善意の傘」はボランティアでの傘の無料貸し出し活動のことです。

しかし返却率が上がらず、経費がかさむことなどから、「善意の傘」活動を中止した学校や自治体もあります。

傘を借りた時は嬉しいと思うものの、返す段階で面倒だと感じてしまう人が多かったのが、返却率が上がらなかった原因かもしれません。

「善意の傘」の返却率が上がるためには、もっと借りる側に「善意」が必要なのかもしれません。

「善意の傘」活動をしている市区町村はいくつかあり、そのような活動が根付くかどうかが注目されています。

「善意からくるもの」

「善意からくるもの」という言い回しは、相手に迷惑を掛けてしまった原因が「善意」であるという場合に使います。

あくまで「悪意」があって、何かをしたのではなく、「善意」でしようとした結果、相手に迷惑を掛けてしまったというケースです。

例えば、荷物を持つのを手伝おうと思った「善意」が、荷物を落下して、割れ物を壊してしまうという悪い結果につながった時、「善意からくるものだから、大目に見てあげて」などと言います。

「善意」を使った例文や短文など

次に「善意」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「善意」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「善意」を使った例文1
  • 「善意」を使った例文2

「善意」を使った例文1

「オーナーの『善意』により、今日のパーティの費用はお店持ちになる」

この例文は、居酒屋や飲み屋が主催するパーティで、飲食の費用がお店持ちになった場面を文章にしたものです。

このような時、「オーナーの善意で」「社長の善意で」などという言い回しが使われます。

パーティに集まった人に対する、もてなしの心を「善意」と表現しています。

「善意」を使った例文2

「人々は『善意』の現れと言うが、そのようには感じられない」

この例文は、ホラー映画や小説などに登場する文章になります。

引っ越してきた人のせいで、奇妙な出来事が続きますが、異常に気付かない人は、「善意の現れだよ」などと、引っ越してきた人が自分たちのためを思ってした行動が、たまたまおかしな結果になっているとかばいます。

しかし、異常に気付いている主人公は、「善意の現れ」などではなく、引っ越してきた人の「悪意」を敏感に感じ取っています。

ホラーでなくても、ビジネスシーンなどで、一見「善意の現れ」に見えるけれど、実は「悪意」のように思える言動を見かけられるかもしれません。

「善意」の反対語

「善意」と反対の意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

そこで「善意」と反対の意味を持つ言葉を紹介します。

  • 「悪意」
  • 「殺意」
  • 「害心」

「悪意」

「悪意」には、「人を害そうとする心」という意味があります。

相手を傷つけようという意図があり、何かをする人は「悪意のある人」と呼ばれます。

人を傷つけたり、名誉を貶めようとする行為に、人に対する悪い気持ちがある時、「悪意がある」と呼ばれます。

「殺意」

「殺意」には、「人を殺そうとする意志」という意味があります。

殺人を犯した時に、人を殺そうとする意志があった時、「殺人犯」になります。

またあまりにも誰かに頭に来た時は、ひそかに「殺意を抱く」ことがあるかもしれません。

もちろんほとんどの場合は、一瞬そう感じただけで、すぐに「殺意」は消えてしまうでしょう。

「害心」

「害心」には、「害を加えようとする心」という意味があります。

誰かに危害を加えようとする心を「害心」と言います。

icon まとめ

「善意」という言葉について見てきました。

人に対してよかれと思い何かをする人を見た時、人のためになろうと行動している人を見た時は、「善意」「善意の人」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。