意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「善意の行動」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「善意の行動」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「善意の行動」という言葉を使った例文や、「善意の第三者」について紹介して行きます。

善意の行動

Meaning-Book
「善意の行動」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「善意の行動」とは?
  • 「善意の第三者」の意味
  • 「善意の行動」を使った例文や短文など

「善意の行動」とは?

みなさんは「善意の行動」という言葉を知っているでしょうか。

誰かを傷つけた時、「善意の行動のため、仕方ない」などと言った経験があるかもしれません。

一方で、「善意の行動」という言葉を、今回初めて知った人もいるでしょう。

そこで「善意の行動」という言葉の意味を紹介します。

  • 「善意の行動」の読み方
  • 「善意の行動」の意味
  • 「善意の行動」の意味2

「善意の行動」の読み方

「善意の行動」「ぜんいのこうどう」と読みます。

「善意」「ぜんい」「行動」「こうどう」と読みます。

特に難しい漢字は使われていないため、読み間違えることも少ないでしょう。

「善意の行動」の意味

「善意の行動」という言葉の意味を紹介します。

「善意の行動」「善意」には、「誰かのために良かれと思う心」「誰かの役に立とうとする心」「人のためになるように思う心」などの意味があります。

そのため「善意の行動」には、「誰かに対して、役に立とうと思い取った行動」「人のためになると思ってした行動」という意味があります。

例えば、道に迷っている人を見つけた時、その人のためを思い、目的地まで送ってあげるのは、「善意の行動」と言えるでしょう。

困った人に優しくすると、自分が素敵に見えるため、誰かを手助けする行為は「善意の行動」とは言えないでしょう。

「善意の行動」の意味2

「善意の行動」には、「善意が動機だけれど、相手を傷つけたり、迷惑を掛けてしまう行動」というネガティブな意味が含まれていることがあります。

例えば、道に迷っている人の役に立ちたいと思い、一緒に目的地に行こうとして、まるで違う場所に案内してしまった場合、「善意の行動」ではありますが、相手に損害を与えることになりかねません。

このような時、「善意の行動のため仕方ないね」というニュアンスで、「善意の行動」という言葉を使います。

このように「善意」という言葉を使う時は、必ずしもポジティブなケースばかりでないことを知っておきましょう。

「善意の第三者」の意味

「善意の第三者」という言葉を知っているでしょうか。

「善意の第三者」は、法律用語のひとつで、「当事者の間に存在する、特定の事情を知らない第三者」という意味があります。

例えば、盗品を購入した人が、他の人に盗品を転売した時、転売した人は罪に問われます。

しかし、転売した人が、購入した品を盗品だと気付いていないと立証できた場合は、「善意の第三者」になり、罪を問われません。

この場合の善意には、「特定の事情を知らない人」という意味があり、「人のために行動する人」などの意味はありません。

「善意の第三者」と聞くと、「優しい第三者」「人のためを思っている知らない人」などと勘違いしてしまいがちなので注意しましょう。

「善意の行動」を使った例文や短文など

最後に「善意の行動」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「善意の行動」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「善意の行動」を使った例文1
  • 「善意の行動」を使った例文2

「善意の行動」を使った例文1

「『善意の行動』のつもりが、逆に相手を傷つけてしまう」

この例文のように、人のためを思って取った行動が、逆に相手を傷つけることがあります。

例えば、年寄りに席を譲ろうとして、「自分は若い」と思っている人のプライドを傷つけるようなことがあります。

「善意の行動」を使った例文2

「A君が失恋した次の日に、励ます会を開いてくれたのは辛かったけど、『善意の行動』のため仕方ない」

この例文も、「善意の行動」が相手を傷つけています。

失恋した自分を励ましてくれるのは嬉しいですが、翌日はそっとしておいて欲しかったでしょう。

しかし、怒るに怒れないのではないでしょうか。

icon まとめ

「善意の行動」という言葉について見てきました。

人のためによかれと思い取った行動を見た時、「善意の行動」という言葉を使ってみましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。