意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「安易な発想」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

何か計画を立てるとき、安易な発想は避けたいですよね。

それならば、安易な発想という表現にはどのような意味があるのでしょうか。

安易な発想

Meaning-Book
「安易な発想」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「安易な発想」とは?
  • 「安易な発想」の表現の使い方
  • 「安易な発想」を分解して解釈
  • 「安易な発想」を使った例文と意味を解釈
  • 「安易な発想」の類語や類義語・言い換え

「安易な発想」とは?

安易な発想というのは、きちんと熟慮されていない、思いつきの考えのことを指します。

安易という表現には簡単で困難がない、深く考えずにいい加減である、という意味が含まれており、最後までしっかりと計画立てられていない内容などを安直な発想と呼びます。

  • 「安易な発想」の読み方

「安易な発想」の読み方

安直な発想という表現は「あんちょくなはっそう」と読みます。

日常的にもよく使われる表現ですので、ぜひ覚えておきましょう。

「安易な発想」の表現の使い方

何か計画を立てるときには、しっかりと具体的に計画を立てなければいけません。

その計画が実現可能かどうか考えることも重要です。

その一方で、中には実現が可能ではない計画を立てる人もいますし、失敗した場合に影響が大きすぎるという計画を立てる人もいますよね。

失敗する可能性が高い、失敗した場合に被るリスクが大きすぎる、などという場合、それはしっかりとした考え方ではないといえます。

そしてそれは安易な発想につながっていくといえます。

「安易な発想」を分解して解釈

ここでは安易な発想という表現を分解して紹介します。

  • 「安易」
  • 「発想」

「安易」

安易という言葉には簡単で難しくない、きちんと考えていない、という意味があります。

誰でも考えれば思いつく、失敗した場合のリスクなどが考慮されていない、などという時に安易という言葉が使われます。

ここには価格が安いという意味合いは含まれません。

「発想」

発想というのは思いつくことや思いつき、あるいは心に起こった考えをまとまった形にすること、という意味があります。

考え方や見解、概念、想像力や理解のことを指す場合もあります。

「安易な発想」を使った例文と意味を解釈

ここでは安易な発想という表現を使った例文を紹介します。

  • 「安易な発想」を使った例文1
  • 「安易な発想」を使った例文2

「安易な発想」を使った例文1

「安易な発想を口走るのではなく、しっかり計画を立てることが大切です」

ビジネス等においては、自分の考え方を口にすることが非常に重要です。

しかし、だからといって思いついたことを何でも口に出せば良いというわけではありません。

その計画はどのようなものなのか、予算はいくらぐらいなのか、どのようなリスクがあるのか、しっかりと考えなければいけないのです。

予算オーバーしている、失敗した場合のリスクが大きすぎる、などという場合、そこまで計画を立てずに口走ったということで評価が下がってしまったり、信頼されなくなってしまう可能性もあります。

「安易な発想」を使った例文2

「息子はいつも安易な発想をして困る」

子供は安易な発想をすることがありますが、何歳になっても発想が安易すぎる、しっかり計画を立てない、などということがあれば、親としては不安を感じることもあるかもしれません。

いつまでたっても向こう見ずなことばかりしている、きちんと考えていない、となると、心配してしまいますよね。

子供のときには安易な発想でも良いですが、大人になるに従ってしっかりと計画するということを学ばなければいけません。

「安易な発想」の類語や類義語・言い換え

ここでは安易な発想という表現の類義語を紹介します。

  • 「思いつきの考え」
  • 「浅はかな考え」
  • 「中途半端な考え」

「思いつきの考え」

思いつき、というのは急にひらめいたことやふと心に浮かんだこと、という意味を持ちます。

あらかじめ計画したことではなくてその場で考えた内容などを指します。

「浅はかな考え」

浅はかというのは考えが浅いということであり資料が足りていない考え方を浅はかな考えといいます。

物の考え方などが浅くて愚かな様子を浅はかという場合もあり、プラスの意味で使われる事はほとんどありません。

「中途半端な考え」

中途半端というのは物事が完了していない、どっちつかずの状態で徹底していない、という意味になります。

何かを計画する場合は最後まで計画しなければいけませんが、その計画が途中で終わっている、きちんと計画立てられていない、という場合に中途半端という表現が使えます。

icon まとめ

大人になるに従って、安易な発想では通用しなくなります。

何かを計画するときには具体的に計画し、ミスがないようにしたいですね。