意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「殺伐とした風景」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

もし、あなたが「殺伐とした風景」の環境の中にいたとしたなら、どのような心境になるでしょうか? この「殺伐とした風景」とは、人の心を重たく冷たくさせてしまう環境なのかもしれません。

そこでここでは、この「殺伐とした風景」にフォーカスして説明をして行きたいと思います。

殺伐とした風景

Meaning-Book
「殺伐とした風景」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「殺伐とした風景」の意味とは?
  • 「殺伐とした風景」を分解して解釈
  • 「殺伐とした風景」の英語と解釈
  • 「殺伐とした風景」を使った例文と意味を解釈
  • 「殺伐とした風景」の類語や類義語・言い換え

「殺伐とした風景」の意味とは?

「殺伐とした風景」とは「殺気が感じられるような光景が広がっている環境」「その場の空気が非常に荒々しく感じる場所」といったような意味がある言い回しです。

何か激しい戦いのような場面で使われる「殺伐」という言葉が含まれていますので、一般的には、悪い雰囲気の時に使われますが、具体的には「重苦しい雰囲気の場所」「居心地の良くない雰囲気がある所」をイメージすると分かりやすいでしょう。

  • 「殺伐とした風景」の読み方

「殺伐とした風景」の読み方

「殺伐とした風景」「さつばつとしたふうけい」という読み方になります。

「殺伐とした風景」を分解して解釈

ここで「殺伐とした風景」「殺伐とした」「風景」に分けて、各々の言葉の意味を解釈していくことにしてみましょう。

  • 「殺伐とした」
  • 「風景」

「殺伐とした」

「殺伐とした」は、「暖かさや平穏な雰囲気ではなく、何処がとげとげしさを感じるさま」「優しい和やかな雰囲気が全く感じられずに、荒々しい状態」「神経がピリピリとするくらいに殺気がみなぎっているさま」を表す表現です。

「風景」

「風景」とは、「自然界の眺め」の意味を持つ言葉です。

「殺伐とした風景」の英語と解釈

殺伐とした風景 meaning in english

「殺伐とした風景」を英語で表現すると、“scenery that killed”という言葉で言うことができます。

「殺伐とした風景」を使った例文と意味を解釈

「殺伐とした風景」を使った例文を見ていくことで、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

どのような活用の仕方ができるか理解することができると思います。

  • 「殺伐とした風景」を使った例文1
  • 「殺伐とした風景」を使った例文2

「殺伐とした風景」を使った例文1

「殺伐と風景の中で、私の仲間の1人はその雰囲気に全く臆することもなく平気で食事をしていたのです」

一体どんな環境の場所なのかとても気になるのですが、まるで殺伐とした戦場の中で、食事をしているような印象を覚える例文です。

このように「殺伐とした光景」の環境に置かれると、普通では食事はおろか、冷静に物事を判断できるようなことができなくなるものです。

しかし、仲間の1人は非常に胆力のある人物なのかもしれません。

「殺伐とした風景」を使った例文2

「殺伐とした風景の中でも、私は勇気を振り絞り発言をしたのです」

重たい空気の流れる中、「私」は勇気を出して発言したのですが、もしかすると、張りつめた空気が広がっていた会議の中で、口を開いた場面を指しているのかもしれません。

「殺伐とした風景」という表現は、何処か、非日常的、非常時的なイメージがあるのですが、ビジネス環境でもこの言葉が当てはまることがありそうです。

「殺伐とした風景」の類語や類義語・言い換え

「殺伐とした風景」の類義語としては、次のような言葉があります。

  • 「殺風景な風景」
  • 「荒々しい風景」

「殺風景な風景」

「殺風景」とは「色など目を楽しませるような要素が全くないこと」「趣がなくて興覚めること」という意味があることから、「殺風景な風景」とは「全く何も楽しそうなことが感じられない風景」という理解ができます。

まるで音のしない月世界のようなイメージのある場所を思い浮かべてしまいます。

「荒々しい風景」

「荒々しい」「物事の程度が激しいさま」という意味がある言葉で、「荒々しい風景」となると「優しさを全く感じることがない激しい空気が漂う場所」というイメージがあります。

icon まとめ

「殺伐とした風景」という言葉には、何か非常に張りつめた空気が広がっているような感じがします。

しかし、このような環境は決して非日常的なものばかりではなく、普段から勤務しているオフィスでも、あり得ることです。

そのために、このような環境で働き続けていると、精神的に病んでしまう可能性もあるので、注意が必要です。