意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「孤独に耐える」とは?意味や類語!表現の使い方

皆さんは、長い人生を送る時に「孤独に耐える」ことができるしょうか? この言葉は、人の営みの中においては、非常に重要な意味を持っています。

そこで今回は、この「孤独に耐える」という言葉について、フォーカスしていくことにします。

Meaning-Book
「孤独に耐える」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「孤独に耐える」とは?意味
  • 「孤独に耐える」の表現の使い方
  • 「孤独に耐える」の英語と解釈
  • 「孤独に耐える」を使った例文と意味を解釈
  • 「孤独に耐える」の類語や類義語・言い換え

「孤独に耐える」とは?意味

「孤独に耐える」とは、「1人ぼっちで寂しい気持ちをひたすら我慢すること」という意味になります。

「孤独」とは「他の人との関わりがなく1人の状態」ということ指していますので、本当に孤独な状態をずっと堪え忍んでいることになるのですが、とても悲しく辛いものであることは、間違いありません。

  • 「孤独に耐える」の読み方

「孤独に耐える」の読み方

「孤独に耐える」「こどくにたえる」という読み方をしますが、日頃よく使われている漢字で構成されているので、読み方で悩むことは、そんなに多くはないでしょう。

「孤独に耐える」の表現の使い方

「孤独に耐える」が当てはまるケースは、職場の同僚や仲間との関係が悪化して、誰とも話しさえできずに、1人になってしまう場合や、学校で友達ができずに孤立するような時があります。

「孤独に耐える」の英語と解釈

「孤独に耐える」を英語で表現すると、“endure loneliness”という言葉で訳すことができます。

「孤独に耐える」を使った例文と意味を解釈

では、ここで「孤独に耐える」を使った例文を見ていくことにしますので、具体的な活用シーンをイメージしてみてください。

4-1 . 「孤独に耐える」を使った例文1

「孤独に耐えることができない人は、1人になることが怖くて、いつも誰かと一緒にいる」

「孤独に耐える」ことができない人は、自分の気持ちを隠したり、抑えて他人に合わせようとしますので、周りの人達の意見に流されやすく、感情もあらわにすることがありません。

その結果、自分で物事を判断することさえできなくなってしまい、最終的に自分の思いや考えで、行動することができなくなります。

それが人間関係に悩まされることになり、疲れ、生きていくことさえ辛くなっていくのです。

「孤独に耐える」を使った例文2

孤独に耐えることは、決して正しいことではなく、その後の自分の一生を台無しにしてしまう可能性が高くなります」

ずっと孤独に耐えていくしかないと思っている人は、その考え方をすぐに改める必要があります。

競争社会においては、人々の心から助け合うという心や優しさを失くしてしまい、新たな孤独を生み出していると言っても過言ではありません。

そのことから、「孤独に耐える」ことがないように心から許し信じあえる仲間を持つことが大切です。

「孤独に耐える」の類語や類義語・言い換え

「孤独に耐える」の類義語としては、次のような言葉があります。

  • 「孤立するを耐ことにえる」
  • 「1人になっても我慢する」
  • 「寂しい気持ちを殺す」

「孤立するを耐ことにえる」

「孤立」「孤独」と同じように「ひとりぼっちになる」というイメージがありますが、「他人からの助けを得ることができずに独り切り離された状態にあること」「他から離れて1人だけになってしまう」という意味がある点が異なります。

その結果、「孤立することに耐える」とは、「1人になることを恐れない」というようなニュアンスも含まれています。

「1人になっても我慢する」

「1人になっても我慢する」「誰も居なくなり、1人残されても我慢する」という意味で解釈することができます。

これは周りから自分の理解者がいなくなりっても耐える」という理解もできるでしょう。

「寂しい気持ちを殺す」

「寂しい気持ちを殺す」とは、「親しい友人などがいなくなることで、心が満たされず物悲しくなる気持ちを封印する」という理解ができる表現です。

icon まとめ

「孤独に耐える」ということは、人が生きていく上では避けなければならないことだと思います。

何故なら誰でも人は、1人では生きていくことができないからです。

そのことから、「孤独に耐える」ような状態になっている人を見たなら、優しく声を掛けてあげて欲しいのです。