意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「慧眼を得る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「慧眼を得る」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「慧眼を得る」という言葉を使った例文や、「慧眼を得る」の類語を紹介して行きます。

慧眼を得る

Meaning-Book
「慧眼を得る」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「慧眼を得る」とは?
  • 「慧眼を得る」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「慧眼を得る」を使った例文や短文など

「慧眼を得る」とは?

「慧眼を得る」とは?

「慧眼を得る」という言葉を知っているでしょうか。

人生経験を積み、「慧眼を得た」という人もいるかもしれません。

一方で、「慧眼を得る」という言葉を、まるで知らない人もいるでしょう。

そこで「慧眼を得る」という言葉の意味を紹介します。

  • 「慧眼を得る」の読み方
  • 「慧眼を得る」の意味

「慧眼を得る」の読み方

「慧眼を得る」「けいがんをえる」と読みます。

「慧眼」「けいがん」「得る」「える」と読みます。

難しい漢字が使われているため、読み間違えないようにしましょう。

「慧眼を得る」の意味

「慧眼を得る」には、どのような意味があるでしょうか。

「慧眼を得る」「慧眼」には、「鋭い眼力」という意味があります。

また「物事の本質を見抜く能力」「将来を見通す力」などの意味があります。

「得る」という言葉には、「努力をして自分のものにする」「手に入れる」という意味があります。

そのため、「慧眼を得る」には、「物事の本質を見抜く能力を、努力して自分のものにする」という意味があります。

若い頃は、物事の本質を見失いがちだった人も、人生経験を積むことで、「慧眼」を身につけられるかもしれません。

このように「慧眼を得る」には、「物事の本質を見抜く能力を、努力して自分のものにする」という意味があります。

「慧眼を得る」の類語や類似表現や似た言葉

「慧眼を得る」の類語や類似表現や似た言葉

「慧眼を得る」の類語や類似表現を紹介します。

「慧眼を得る」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「先見の明」【せんけんのめい】
  • 「炯眼を得る」【けいがんをえる】

「先見の明」【せんけんのめい】

「先見の明」「せんけんのめい」と読みます。

「先見の明」には、「これから起こる事柄を、見通す能力」という意味があります。

例えば、IT時代が来ることを、いち早く察知した人の中には、現在の億万長者がいます。

このような人は「先見の明」があったのかもしれません。

「炯眼を得る」【けいがんをえる】

「炯眼を得る」という「慧眼を得る」と同じ読みをする言葉があります。

「炯眼」には、「物事を見抜く力」という意味があり、「慧眼」とほとんど同じ意味になります。

「慧眼を得る」と言い換えたい時に、使いたい言葉になります。

「慧眼を得る」を使った例文や短文など

「慧眼を得る」を使った例文や短文など

最後に「慧眼を得る」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「慧眼を得る」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「慧眼を得る」を使った例文1
  • 「慧眼を得る」を使った例文2

「慧眼を得る」を使った例文1

「優れた指導者のもとで修業し、『慧眼を得る』」

物事を見抜く力を身につけるには、そのような力を持つ師匠の下で修行するのがいちばんかもしれません。

例えば会社の上司が「慧眼」の持ち主なら、その下で働くことで、「慧眼を得られる」かもしれません。

「慧眼を得る」を使った例文2

「その若さで『慧眼を得る』とは、大変な人生を歩んだのだろう」

若い人の中にも、「慧眼」の持ち主がいます。

鋭い眼力で、物事の本質を見抜き、裏にある嘘などを見つけられる人です。

このような能力は、生まれつきなのかもしれませんが、若い頃からたくさん苦労して、身に着けた力なのかもしれません。

この例文のように、大変な人生を歩んだ人ほど、若くして、「慧眼を得る」人なのかもしれません。

icon まとめ

「慧眼を得る」という言葉について見てきました。

みなさんも、本質を見抜く能力を身に着けたいと思うかもしれません。

「慧眼」を持っている人を探し、その人を良く観察し、真似することで、「慧眼を得られる」かもしれません。


関連記事





当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。