意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「達観した考え」とは?意味や類語!表現の使い方

「達観した考え」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「達観した考え」という言葉の理解を深めていきましょう。

達観した考え

Meaning-Book
「達観した考え」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「達観した考え」とは?意味
  • 「達観した考え」の表現の使い方
  • 「達観した考え」とはどんな考え?
  • 「達観した考え」を使った例文と意味を解釈
  • 「達観した考え」の類語や類義語・言い換え


「達観した考え」とは?意味

「達観した考え」とは、細かいことにこだわらずに、物事の本質を見通している考えのこと、また悟りの心境に達している考えのことを言います。

  • 「達観した考え」の読み方

「達観した考え」の読み方

「達観した考え」とは「たっかんしたかんがえ」と読みます。



「達観した考え」の表現の使い方

「達観した考え」とは、物事の本質を見極めている、細かいことにこだわっていない、長い目で見ている、悟りの心境に達しているといった意味を持ちますので、そのような人に対して使われることが多いでしょう。

「彼は達観した考えの持ち主なので、目先のことにとらわている人とは根本的に違う」「いつの間にか、達観した考え方をするようになった」といった風に使います。

広い視野で物事を見る、全体を見渡すといった意味ですので、相手に直接伝えても失礼とはならないでしょう。

「達観した考え」とはどんな考え?

「達観した考え」とはどんな考えかと言いますと、目先のことにとらわれていないこと、物事の本質を見通し、見極めることができる、全体を見渡すといった考え方です。

物事を短期的に見るのではなく、長期的に見ることができる、そのような考え方と言えるでしょう。



「達観した考え」を使った例文と意味を解釈

「達観した考え」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「達観した考え」を使った例文1
  • 「達観した考え」を使った例文2

「達観した考え」を使った例文1

「彼女は若いのに達観した考え方を持っている人だね」

「達観した考え」に至るには、人生経験も必要ですが、若くして「達観」している人もいます。

珍しいと思われることが多いので、例文のような言い方になります。

「達観した考え」を使った例文2

「彼は達観した考えの持ち主なので、私とはどこか話が合わない」

「達観した考え」とは物事の本質を見通している、悟っているということで非常に賢い人という印象があります。

その為、目先のことしか考えない人、とりあえず今が楽しければいい人からしますと、気が合わないということもあるでしょう。

「達観した考え」の類語や類義語・言い換え

言葉の意味が理解できましたところで、「達観した考え」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「悟りの境地」
  • 「開眼した」
  • 「本質を見極めている」

「悟りの境地」

「悟りの境地」とは知らなかったことを知る、気がつく、迷いがなくなり心理を会得するという意味があります。

「もう、悟りの境地に達してきたよ」といった使い方をします。

「開眼した」

「開眼」とは物事の道理、真理がはっきりとわかるようになること、物事のコツを掴むことを言います。

「女優として開眼した」「ようやく開眼した」といった風に使います。

「本質を見極めている」

「達観した考え」とは言い換えれば「本質を見極めている」こととなります。

「本質」とは物事の本来の性質、姿、要素といった意味です。

例えば「私は早くから、彼女の本質を見極めている」「本質を見極めていると言うけれど、怪しいものだ」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「達観した考え」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

「達観」とは物事の本質を見通す、悟りの心境になる、全体を見渡すといった意味がある言葉です。

ですから「達観した考え」という言葉は他人に使っても失礼にあたることはないでしょう。

それでは言葉の意味を正しく理解して使ってください。