意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無念を晴らす」とは?意味や使い方!例文や解釈

「無念を晴らす」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「無念を晴らす」という言葉を使った例文や、「無念を晴らす」の類語を紹介して行きます。

Meaning-Book
「無念を晴らす」とは?意味や使い方!例文や解釈>


目次

  • 「無念を晴らす」とは?
  • 「無念を晴らす」を使った言葉を
  • 「あの日の無念を晴らす」の類語や類似表現や似た言葉
  • 「無念を晴らす」を使った例文や短文など


「無念を晴らす」とは?

「無念を晴らす」という言葉を知っているでしょうか。

誰かの「無念を晴らしたい」と思った経験があるかもしれません。

一方で、「無念を晴らす」という言葉をまるで知らないという人もいるかもしれません。

そこで「無念を晴らす」という言葉の意味を紹介します。

  • 「無念を晴らす」の読み方
  • 「無念を晴らす」の意味

「無念を晴らす」の読み方

「無念を晴らす」「無念を晴らす」と読みます。

「無念」「むねん」「晴らす」「はらす」と読みます。

これを機会に「無念を晴らす」「むねんをはらす」と読みましょう。

「無念を晴らす」の意味

「無念を晴らす」という言葉の意味を紹介します。

「無念」には「悔しいこと」「残念なこと」という意味があります。

また「晴らす」には、「心の中の不満や疑いを消して、気持ちをすっきりさせること」という意味があります。

そのため「無念を晴らす」には、「悔しいことや残念なことがあった後、心の中の不満や疑いを消して、気持ちをすっきりさせること」という意味があります。

例えば、「親の無念を晴らす」という時、親には何か残念に思うことがあったでしょう。

そのような思いを、すっきりさせる時、「無念を晴らす」と言います。

他の武将に討たれた父の敵討ちをした後などに、「父の無念を晴らす」などと言います。



「無念を晴らす」を使った言葉を

「無念を晴らす」を使った言葉を紹介し、その意味を解釈して行きます。

「無念を晴らす」を使った言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「親友の無念を晴らす」
  • 「被害者の無念を晴らす」
  • 「主君の無念を晴らす」
  • 「あの日の無念を晴らす」

「親友の無念を晴らす」

「無念を晴らす」という言葉を使った言葉に、「親友の無念を晴らす」という言葉があります。

仲の良い友達が残念な思いをした時、その思いをすっきりさせるような行動を取るかもしれません。

例えば、親友の女性が、悪い男性にだまされてしまい悲しい思いをしたかもしれません。

そのような悲しい思いをすっきりさせるため、悪い男性を吊し上げることに成功した時などに、「親友の無念を晴らす」と言います。

「被害者の無念を晴らす」

「被害者の無念を晴らす」という言葉もあります。

何かしらの事件や事故に巻き込まれた人が、悔しい思いをしている姿を見た時、親しい人は同じように悲しくなるかもしれません。

また警察や検事は、事故や事件を引き起こした犯人を逮捕したり、有罪にすることで、「被害者の無念を晴らす」かもしれません。

「主君の無念を晴らす」

時代劇などに登場する言葉が、「主君の無念を晴らす」という言葉です。

とても有名な「忠臣蔵」という物語では、悲劇の死を遂げた主君のために、浪人となった部下たちが立ち上がり敵討ちをします。

このような「敵討ち」の動機になるのが、「主君の無念を晴らす」という思いになります。

「あの日の無念を晴らす」

「あの日の無念を晴らす」という言葉もあります。

例えば、ケンカに負けてしまった人は、ケンカに負けた日のことをいつまでも忘れられないのではないでしょうか。

そして、そのケンカの、リベンジマッチをする時の気持ちは、「無念を晴らす」という言葉がぴったりかもしれません。

「あの日の無念を晴らす」という言葉を使って、敵に立ち向かうかもしれません。

「あの日の無念を晴らす」の類語や類似表現や似た言葉

「あの日の無念を晴らす」の類語や類似表現を紹介します。

「あの日の無念を晴らす」と似た意味を持つ言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

  • 「恨みを晴らす」
  • 「雪辱する」
  • 「敵討ち」

「恨みを晴らす」

「恨みを晴らす」という言葉には、「人に対する不快な気持ちや、与えられた被害などによる恨みの気持ちが成就する」という意味があります。

「恨みを晴らしたい」「恨みを晴らそう」などという使い方をします。

「雪辱する」

「雪辱する」には「恥をすすぐこと」「屈辱を晴らす」という意味があります。

例えば甲子園予選の決勝戦で負けた高校が、翌年の予選で、負けた高校にリベンジに成功する時、「雪辱した」などと言います。

「敵討ち」

「敵討ち」「かたきうち」と読みます。

「敵討ち」には、「主君や肉親、友達などの恨みを晴らすこと」という意味があります。

例えば、友達がケンカに負けた相手に挑み、勝利する時、「友達の敵討ちをした」などと言います。



「無念を晴らす」を使った例文や短文など

「無念を晴らす」という言葉を使った例文や短文を紹介します。

「無念を晴らす」を使った例文は、どのような文章になるでしょうか。

  • 「無念を晴らす」を使った例文1
  • 「無念を晴らす」を使った例文2

「無念を晴らす」を使った例文1

「『あの日の無念を晴らす』ため、毎日のように練習を続けている」

この例文は、試合や勝負に負けた人が、負けた日のことを思い、次の機会に絶対に勝とうと思っている様子を文章にしたものです。

負けた日に味わった屈辱を晴らすため、スキルをアップし、精神力を鍛えるために練習を続けています。

よく敗戦は力を伸ばすチャンスと言われますが、「あの日の無念を晴らす」という強烈なモチベーションがあるためかもしれません。

「無念を晴らす」を使った例文2

「リベンジを果たし、『あの日の無念を晴らす』」

この例文は、以前負けてしまった相手に雪辱し、負けた日に感じた辛い気持ちを払拭した様子を文章にしています。

負けた日のことを、「あの日」と呼ぶくらい、いつも思い出しては練習をしたり、努力を続けていたのでしょう。

またチームで「無念を晴らしたい」と思っている場合は、チームの誰もが、「あの日」というだけで、負けた日のことを具体的にイメージできるかもしれません。

これくらい悔しいと感じる気持ちは、前向きな力に変えれば、成長する原動力になるでしょう。

icon まとめ

「無念を晴らす」という言葉について見てきました。

みなさんも、「無念」だと感じるような、辛い出来事があったかもしれません。

そこで落ち込んでしまうか、立ち上がって「無念を晴らそう」と思うかで、その後の人生が変化するでしょう。

ぜひ前向きな力に転嫁して、「無念を晴らし」その後の人生を豊かにしてほしいと思います。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。