意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「無念の死」とは?意味や類語・英語での表現の使い方!俗語

「無念の死」とは、「悔しい思いを残して死ぬこと・心残りがある状態で死ぬこと」です。

「無念の死」「意味・使い方と注意点・英語と解釈・類語(シソーラス)や言い換え・例文と解釈」などについて、詳しく説明していきます。

無念の死

Meaning-Book
「無念の死」とは?意味や類語・英語での表現の使い方!俗語>


目次

  • 「無念の死」とは?意味
  • 「無念の死」の表現の使い方・注意点
  • 「無念の死」の意味の英語
  • 「無念の死」の類語や言い換え
  • 「無念の死」を使った例文と意味を解釈


「無念の死」とは?意味

「無念の死」という言葉は、「悔しい思い(やりきれていない思い)を残して死ぬこと」「心残りがある残念な状態で死ぬこと」を意味しています。

「無念の死」というのは、「本人にとって心残り(やり残したこと・思い残したこと)があって、納得することができない死」を意味しているのです。

仏教用語としての「無念」には、「煩悩・迷いの心を離れて無我の境地に到達し、何も雑念を思わないこと」の意味がありますが、「無念の死」という時には「悔しいこと・残念なこと」を意味しています。

例えば、「彼の父親は無念の死を遂げました」などの文章で、その意味を示すことができます。



「無念の死」の表現の使い方・注意点

「無念の死」の表現の使い方は、「本人にとって納得することができない死を迎えた場合」「心残り・未練があるような死に方をした場合」に使うという使い方になります。

例えば、「無念の死に至らないように、一日一日を大切に生きていきたい」などの文章で使うことができます。

「無念の死」の使い方の注意点としては、「無念の死」には「不本意な死・納得できなかった死・心残りのある残念な死」というネガティヴな意味合いがあるので、直接遺族など関係者に対して用いるのは失礼に当たるということがあります。

小説・脚本・映画(ドラマ)などの創作物では「無念の死」という言葉が多く使われていますが、本人や遺族にとっては良い意味の言葉ではないので、「相手との関係性・相手の気持ち」を考えて使うかどうかを判断する必要があります。

「無念の死」の意味の英語

無念の死 meaning in english

「無念の死」という言葉は、“regret to die”(後悔して死ぬ)や“a regretful death”(心残りのある死)、“die a sad death”(悲しい死を迎える)などの英語で表現することができます。

  • “He was greeted with a regretful death by the deserved. ”

“He was greeted with a regretful death by the deserved. ”

この「無念の死」を使った英語の例文は、「彼は自業自得で無念の死を迎えました」ということを意味しています。



「無念の死」の類語や言い換え

「無念の死」の類語・言い換えについて、分かりやすく解説していきます。

  • 「非業の死」
  • 「志半ばでの死」

「非業の死」

「無念の死」の類語・言い換えとして、「非業の死(ひごうのし)」があります。

「非業の死」というのは、「過去の善因善果の恩恵を受けられずに、惨めに(不本意に)死ぬこと」を意味している仏教用語の「非業」に由来する言葉です。

この意味から、悔しい思いを残して死ぬを意味する「無念の死」は、「非業の死」という言葉に言い換えられるのです。

「志半ばでの死」

「無念の死」の類語・言い換えとして、「志半ばでの死(こころざしなかばでのし)」があります。

「志半ばでの死」というのは、「自分がやりたかったことを最後まで完成させられずに、道半ばで死ぬこと」を意味しています。

その意味合いから、心残りがある死を意味する「無念の死」と良く似た意味を持つ類語(シソーラス)として、「志半ばでの死」を指摘できます。

「無念の死」を使った例文と意味を解釈

「無念の死」を使った例文を紹介して、その意味を解釈していきます。

  • 「無念の死」を使った例文1
  • 「無念の死」を使った例文2

「無念の死」を使った例文1

「母方の祖父は、親戚間のトラブルが続いて、無念の死を遂げました」

この「無念の死」を使った例文は、「母方の祖父は、親戚間のトラブルが続いて、悔しい納得できない思いを残して死んだ」ということを意味しています。

「無念の死」を使った例文2

「人から無念の死を遂げたと言われないように、毎日自分のできることを精一杯に頑張っていきます」

この「無念の死」を使った例文は、「人から心残り(悔しい思い)が多い死だったと言われないように、毎日自分のできることを精一杯に頑張っていく」ということを意味しています。

icon まとめ

「無念の死」という言葉について徹底的に解説しましたが、「無念の死」には「悔しい思いを残して死ぬこと・心残りがある状態で死ぬこと」などの意味があります。

「無念の死」の類語(シソーラス)・言い換えとしては、「非業の死」「志半ばでの死」などがあります。

「無念の死」という言葉について詳しく調べたい時は、この記事を参考にしてみて下さい。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。