意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「思考を巡らせる」とは?意味や類語!表現の使い方

「思考を巡らせる」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「思考を巡らせる」という言葉の理解を深めていきましょう。

思考を巡らせる

Meaning-Book
「思考を巡らせる」とは?意味や類語!表現の使い方>


目次

  • 「思考を巡らせる」とは?意味
  • 「思考を巡らせる」の表現の使い方
  • 「思考を巡らせる」の対義の表現
  • 「思考を巡らせる」を分解して解釈
  • 「思考を巡らせる」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「思考を巡らせる」の類語や関連語
  • 「思考を巡らせる」の英語と解釈


「思考を巡らせる」とは?意味

「思考を巡らせる」の意味は、「思考」をあらゆる方面から考える、思案するといった意味になります。

考えを一つのことに決めつけるのではなく、思いを巡らせるといったことです。



「思考を巡らせる」の表現の使い方

「思考を巡らせる」という言葉は、よく考える、あらゆる方面から可能性を探る、そのような意味合いを持ちます。

そこで使われ方としては「彼は目を閉じて思考を巡らせた」「ゆっくりと思考を巡らせることでいい気分転換にもなる」といった風に使います。

最初から結論を出してしまうのではなく、あらゆる可能性を考えるといったことから、この表現は推理小説などでも使われることがあるのではないでしょうか。

「思考を巡らせる」の対義の表現

「思考を巡らせる」の対義の表現としては、言葉の意味合いの逆から考えてみるとわかりやすくなります。

「思考を巡らせない」わけですから、考えないこと、一つのことに限定することといったことが反対の意味です。

では、対義語として当てはまる言葉をいくつか紹介しましょう。

  • 「一方的に決めつける」
  • 「想像力が貧困」
  • 「偏見にとらわれている」

「一方的に決めつける」

「一方的に決めつける」「一方的」とは、自分の方の考えだけに片寄っている、どちらかに片寄っていることを言います。

「決めつける」は一方的に断定することを言いますので「思考を巡らせる」とはまさに反対の意味を持つ言葉ということになるのではないでしょうか。

「想像力が貧困」

「想像力が貧困」「想像力」とは、頭の中で考えを思い描いたり、推し量ったりする働き、力のことを言います。

「貧困」は貧しくて生活に困っているという意味の他に、必要なもの、大事なものが乏しい、またその様子といった意味があります。

つまり「想像力が貧困」とは頭の中であれこれと考えること、推し量ることができていないという意味になりますので「思考を巡らせる」ができていない状態、つまりは反対の意味を持つ言葉となります。

「偏見にとらわれている」

「偏見にとらわれている」「偏見」とは、片寄った味方、ゆがめられた考え方や知識にもとづき客観的な根拠がない意見、判断、感情のことを言います。

そのような思想、考え方に「とらわれている」わけですから「思考を巡らせる」ことはありません。

自分が思ったこと以外は受け付けない状態です。

反対の意味を持つ言葉として解釈しても差し支えないでしょう。



「思考を巡らせる」を分解して解釈

「思考を巡らせる」「思考」「巡らせる」という二つの言葉からできています。

それでは「思考」「巡らせる」、それぞれの意味をしっかりと確認しておきましょう。

  • 「思考」
  • 「巡らせる」

「思考」

「思考」とは人が考えること、またその考えのことを言います。

「間違った思考をしがちだ」「思考を変えて見てみよう」などと「思考」という言葉自体は普段からよく使われることが多いでしょう。

「巡らせる」

「巡らせる」「巡らす」のことなのですが、意味としてはいくつかありますので順番に紹介しましょう。

まずは、周りを取り囲む、取り巻かせるといった意味です。

輪を描くように動かすことも「巡らす」と言います。

回転させる、回すといった意味もあります。

そういった動作以外には、時の経過のことや、あらゆる方面から考える、思案するといった意味もあります。

「思考を巡らせる」の場合はこの、あらゆる方面から考える、思案するという意味となります。

「思考を巡らせる」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「思考を巡らせる」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、参考にしてみてください。

  • 「思考を巡らせる」を使った例文1
  • 「思考を巡らせる」を使った例文2

「思考を巡らせる」を使った例文1

「目を閉じて、思考を巡らせる」

目を閉じて集中する、リラックスして、考えるといった意味合いで使われます。

直感で決めるのではなくあらゆる方面から考えてみるということです。

「思考を巡らせる」を使った例文2

「思考を巡らせることも、大事な仕事だ」

あれこれと、考えてみることは、時間がかかることでもあります。

しかし、それも大事な仕事の一つなのです。

考えずに決めつけることは間違ったままである可能性もあるからです。

「思考を巡らせる」の類語や関連語

「思考を巡らせる」の類語、似た言葉、言い換える言葉などをいくつか紹介しましょう。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「あれこれ考える」
  • 「頭をひねる」
  • 「思索にふける」

「あれこれ考える」

「思考を巡らせる」を簡単に言うならば「あれこれ考える」という言葉になります。

「頭をひねる」

「頭をひねる」とは、色々と思いを巡らすこと、工夫することを言います。

「思索にふける」

「思索にふける」とは論理的に、筋道を立てて物事を考えることを言います。

「思考を巡らせる」の英語と解釈

思考を巡らせる meaning in english

「思考を巡らせる」を英語では何と言うのでしょうか。

英語では“turn over in one's mind.”(思いを巡らす)となります。

例文は“People often look back on old times.”(人はよく、過去のことに思いを巡らせる)です。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「思考を巡らせる」という言葉の意味、使い方、例文などをまとめてお伝えしました。

何でも決めつけずに、柔軟に「思考を巡らせる」ことは大事です。

言葉の意味が難しいと感じるならば簡単に直して使いましょう。

「思考を巡らせる」をわかりやすく簡単にするならば「あれこれ考える」となります。

これで覚えやすいのではないでしょうか。

二つセットで覚えておくことをおすすめします。