意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「咎めを受ける」とは?例文や短文など徹底解釈

「咎めを受ける」という表現には、決していい意味はないので、聞いたり、使わないに越したことはないでしょう。

咎めを受ける

Meaning-Book
「咎めを受ける」とは?例文や短文など徹底解釈>


目次

  • 「咎めを受ける」とは?読み方は?
  • 「咎めを受ける」を使った例文や短文など(意味を解釈)
  • 「咎めを受ける」の類語
  • 「咎めを受ける」の英語や例文(解釈)など


「咎めを受ける」とは?読み方は?

「咎めを受ける」とは、何らかも原因から、叱責(しっせき)されることです。

簡単に表現すれば、叱りを受けることで、その堅い表現だと考えていいでしょう。

「咎め」は、「とがめ」と読む言葉で、発音は「とがめをうける」となります。

この「咎め」は、何らかの原因から受ける叱りのことですが、中には何の理由もない、いわゆる「言い掛かり」による場合も含まれます。



「咎めを受ける」を使った例文や短文など(意味を解釈)

「咎めを受ける」を使った例文や短文と、その意味の解釈です。

堅い表現になるので、友人同士などの関係で使うような言葉ではありません。

  • 「咎めを受ける」を使った例文1
  • 「咎めを受ける」を使った例文2

「咎めを受ける」を使った例文1

「どうしてこのような咎めを受けることになったのか分からない」

先にも書いたように、何の理由もない(または、勘違いなどからの)咎めということもあるものです。

どうしても納得がいかなければ、それについて詳しく聞いてみるのもいいでしょう(それができる相手であればの話ですが)。

「咎めを受ける」を使った例文2

「後で咎めを受けることになろうと、これだけは言っていきたい」

恐らく咎めを受けると分かっていても、言いたいことがあると使っています。

「叱りを受ける」としても一緒の意味ですが、ビジネスシーンにはこの「咎め」の方が合っています。

「咎めを受ける」の類語

「咎めを受ける」と同じ意味になる表現です。

どれも、要は「叱られる」ことだと考えていいでしょう。

  • 「叱責を受ける」(しっせきをうける)
  • 「けん責を受ける」(けんせきをうける)

「叱責を受ける」(しっせきをうける)

「叱責される」と使っても同じで、「叱られる」の難しい言い方だと解釈してください。

「咎めを受ける」と同等の堅さがある為、同様に気軽に使うような言葉ではありません。

「けん責を受ける」(けんせきをうける)

こちらも、「けん責される」と言い換えられます。

漢字では「譴責」となり、「咎めを受ける」より更に難しい表現です。

よって、あまり使われることはないでしょう。



「咎めを受ける」の英語や例文(解釈)など

咎めを受ける meaning in english

咎めを受けるを英語にすると、“receive the blame”となります。

“blame”は、「咎め」「叱責」などを意味する言葉で、“I was received the blame on the problem.”とすると、「その問題から咎めを受けた」と解釈できます。

icon まとめ

咎めを受けるは、難しい言い方で「叱られる」ことだと覚えておけば問題ありませんが、親しい仲で使うような言葉ではなく、主にビジネスなどの堅い場で使われる表現です。