意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「優良」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「優良」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「優良」の英語や「優良」を使った例文を紹介して行きます。

Meaning-Book
「優良」の意味とは?読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「優良」の意味とは?
  • 「優良」の意味
  • 「優良」の英語
  • 「優良」の対義語
  • 「優良」の言葉の使い方
  • 「優良」の類語や類義表現
  • 「優良」を使った例文


「優良」の意味とは?

「優良」という言葉を知っているでしょうか。

「優良」「ゆうりょう」と読みます。

同じ会社にいる誰かに対して「優良」という言葉を使ったことがあるかもしれません。

また自分のお気に入りの持ち物に対して「優良」と感じているかもしれません。

一方で、「優良」という言葉を聞いた事があるものの、正確な意味を知らない人も多いのではないでしょうか。

そこで「優良」という言葉の意味や使い方を紹介して行きます。

この言葉の意味を知る事で、誰かに「優良」と呼ばれた時に正しいリアクションを取れるようになるかもしれません。



「優良」の意味

「優良」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「優良」には、「他より優れている事」という意味があります。

例えば他の人よりも良い成績を取る時に、「優良な成績を取る」表現する事ができます。

また自分が作った作品が他の作品に比べて優れている時に「優良な作品」と呼ばれます。

このように、他の物と比較して、優れていると感じる物事にたいして「優良」という言葉を使います。

また健康的で元気な子供に対して「健康優良児」という言い回しをして褒める事もあります。

このように「優良」には「他より優れている事」という意味があります。

「優良」の英語

「優良」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「優良」は英語で、“excellence”(エクセレンス)になります。

“excellence”には「優良」という意味があり、「優良」を英語にするとこうなります。

また「優良」は、“superiority”(スペリオリティ)という英語にする事もできます。

“superiority”にも「優良」という意味があります。

このように「優良」には“excellence”“superiority”という意味がありますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「優良」の対義語

「優良」の対義語を紹介します。

「優良」と反対の意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味を立体的に理解できるようになるかもしれません。

  • 「悪い」
  • 「粗悪」
  • 「不良」

「悪い」

「悪い」には、「物事の質や状態が他の物より劣っている」という意味があります。

例えば他の人よりも成績が劣っている時は、「成績が悪い」と呼ばれます。

クラスメートの中で性格が面倒な人は「性格が悪い」と言われます。

「粗悪」

「粗悪」には、「質が粗末で悪い事」という意味があります。

例えば、ブランド品のコピー商品などには質が粗末で割る事がありますが、そのような商品は「粗悪品」と呼ばれます。

「不良」

「不良」には、「物事が良い状態にない事」という意味があります。

本来、あるべき良い状態でない商品は「不良品」と呼ばれてしまいます。

また、学生時代に素行が良くない人の事を「不良」と呼ぶ事もあります。

「優良」の言葉の使い方

「優良」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「優良」には、「他より優れている事」という意味があります。

そのため前提として、何かを他の物と比較する場面で「優良」という言葉が登場する事になります。

例えばビジネスシーンでは、同期の社員同士を比較して、優れている人が「優良」と呼ばれます。

また開発した商品が、他社の商品と比較して優れている時、「優良商品」などと呼ばれます。

友達どうしてルックスが優れている人は「見た目が優良」と言えますし、他の人よりもコミュニケーション能力が優れている人は、「コミュニケーション能力が優良な人」と呼ばれます。

このように、他と比べて優れていると感じた時に、「優良」という言葉を使ってみましょう。

「優良」の類語や類義表現

「優良」の類語や類義表現を紹介します。

「優良」と似た意味を持つ言葉を知る事で、この言葉の意味をより深く理解できるようになるかもしれません。

  • 「優秀」
  • 「立派」
  • 「天晴」

「優秀」

「優秀」には、「特に優れて秀でている事」という意味があります。

「優良」と評価されている物や人よりもさらに目立って優れている時に、「優秀」という言葉を使います。

クラスでトップクラスの成績を収めた人は「優良な成績を収めた」と言われ、トップの成績を残した人は「優秀な成績を収めた」と呼ばれるかもしれません。

「立派」

「立派」には、「言う事なく優れている事」という意味があります。

他と比較するまでもなく、本当に優れていると感じた時に、「立派」という言葉を使います。

例えば人命救助をした人は、言うまでもなく優れているため「立派な人」と言われます。

「天晴」

「天晴」「あっぱれ」と読みます。

「天晴」には、「優れて見事だと感嘆する様子」という意味があります。

何か優れた物事を見た時に、「天晴」と声を上げます。

「優良」を使った例文

「優良」という言葉を使った、例文を紹介します。

様々な場面における「優良」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「私が勤めている会社は『優良』企業と呼ばれている」

この例文のように、「優良企業」というフレーズが使われる会社があります。

他の企業に比べて財務状態が良く、経営が健全で、さらに社員の給料が良く、勤務状態も良好な時に、「優良企業」と呼ばれます。

このような会社に勤められる人は、幸せな毎日を送る事ができるかもしれません。

例文2

「片想いの彼女の心を掴めそうな『優良』な情報を手にした」

この例文に登場する男性は、片想いをしている女性がいるようです。

そして女性の友達などから、彼女の気持ちを掴むために必要な優れた情報を手に入れたのかもしれません。

また他にもいろいろな情報を手にしていて、その中でも、より優れた情報だったという意味があるかもしれません。

例えば彼女が「○○というアーティストが好き」という情報が入れば、入手困難なライブチケットを手に入れて、デートに誘う事ができるかもしれません。

icon まとめ

「優良」という言葉の意味や使い方を見てきました。

他の物事比べて優れていると感じた時に、「優良」という言葉を使ってみましょう。

また自分の持ち物を「優良」なもので固めたり、「優良な人」と評価されている人と付き合うようにすると、毎日が楽しくなるかもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。