意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「弱点」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】

「弱点」という言葉の意味や使い方を紹介します。

さらに「弱点」の英語や、「弱点」を使った例文を紹介して行きます。

弱点

Meaning-Book
「弱点」とは?意味・読み方・対義語・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「弱点」の意味とは?
  • 「弱点」の意味
  • 「弱点」の英語
  • 「弱点」の対義語
  • 「弱点」の言葉の使い方
  • 「弱点」を使った例文
  • 「弱点」の類語や類義表現


「弱点」の意味とは?

「弱点」という言葉を知っているでしょうか。

「弱点」「じゃくてん」と読む、みんなに知られている言葉のひとつです。

みなさんも「弱点」という言葉を聞くだけで、自分の「弱点」がいくつか思い浮かぶかもしれません。

またスポーツをする人は、相手の「弱点」を狙って勝利した経験があるかもしれません。

一方で「弱点」という言葉を知っているものの、意味を説明できるほどではないという人もいるでしょう。

そこで「弱点」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味をあらためて知る事で、改善したい自分の「弱点」がいくつか思い浮かんだかもしれません。



「弱点」の意味

「弱点」という言葉には、どのような意味があるでしょうか。

「弱点」には、「そこを突かれると困る点」という意味があります。

その人の急所のような場所で、人によっては薄暗い過去などが「弱点」かもしれません。

例えば過去に浮気をした人なら、奥さんや旦那さんにそこを突かれると、気持ちが折れてしまうかもしれません。

また「十分でないところ」「弱点」になります。

スポーツの試合で突かれると困るのが、「十分でないところ」という意味での「弱点」になります。

例えば野球なら、内角打ちの技術が十分でない人は、投手の内角攻めが「弱点」になります。

このように「弱点」には、「そこを突かれると困る点」「十分でないところ」という意味があります。

「弱点」の英語

弱点 meaning in english

「弱点」という言葉を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「弱点」は英語で“weakness”(ウィークネス)になります。

“weakness”には「弱点」という意味があります。

また“weak point”(ウィークポイント)にも「弱点」という意味があります。

こちらの言葉は「ウィークポイント」としてカタカナ語で一般的に知られています。

このように「弱点」は、“weakness”“weak point”という英語に直す事ができますので、英語を使う機会のために覚えておきましょう。



「弱点」の対義語

次に「弱点」の対義語を紹介します。

反対の意味の言葉を知る事で、「弱点」の意味が立体的に理解できるようになるかもしれません。

  • 「長所」
  • 「取り柄」
  • 「強み」

「長所」

「長所」には、「優れているところ」という意味があります。

例えば、誰よりも明るい性格の人は、「明るい性格が長所」になります。

きっと誰にでも「長所」は見つかりますので、そこを伸ばしていくと、「弱点」をカバーできるかもしれません。

「取り柄」

「取り柄」という言葉も良く使われる言葉です。

「取り柄」には、「役に立つ優れた点」という意味があります。

例えば「彼は体が丈夫なのが『取り柄』だ」という場合、かなり丈夫なので人よりもたくさん働けるという長所があるかもしれません。

また「私は何も『取り柄』がありません」と、謙遜気味に自分を自己紹介する時に、「取り柄」という言葉を使う事があります。

「強み」

「強み」という言葉には、「長所」という意味があります。

例えばお金持ちの人は、たくさんお金を持っている事が「強み」になります。

美人はその容姿が「強み」になるでしょう。

「弱点」の言葉の使い方

「弱点」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「弱点」には、「そこを突かれると困る点」「十分でないところ」という意味があります。

自分の中のそのようなポイント、誰かのそのような点をみつけた時に、「弱点」という言葉を使ってみましょう。

例えば仕事ができるAさんには、怒りやすいという「弱点」があるかもしれません。

また性格が明るいBさんには、朝起きるのが苦手という「弱点」があるかもしれません。

他にも怖い話が「弱点」、可哀そうな話が「弱点」など、いくらでも「弱点」をみつける事ができますので、その度に「弱点」という言葉を使ってみましょう。

「弱点」を使った例文

「弱点」を使った例文を紹介します。

様々な場面における「弱点」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

「A君は不倫をした過去が『弱点』になり、奥さんの尻に敷かれている」 この例文に登場するA君は、結婚しているにもかかわらず、他の女性と肉体関係を結び、不倫をしてしまいました。

それが「弱点」になり、今でも奥さんにたびたび突かれ、奥さんに逆らえない状態になっています。

このような自分が招いてしまった「弱点」は、かなり時間が経過しないと克服できないかもしれません。

例文2

「B選手は『弱点』を克服して、世界一のテニスプレーヤーになった」

アスリートはほとんど完璧なくらい、自分がしているスポーツをプレーできますが、いくつか弱点があるはずです。

B選手はついにその「弱点」を克服し、世界一のプレーヤーになりました。

アスリートは基本的に長所を伸ばす事が大切ですが、世界一を目指すためには、目立った短所や「弱点」を克服する事も大切になるのではないでしょうか。

「弱点」の類語や類義表現

最後に「弱点」の類語や類義表現を紹介します。

「弱点」と交換できるような、似た意味の言葉を知りボキャブラリーを増やしましょう。

  • 「欠点」
  • 「欠陥」
  • 「弱み」

「欠点」

「欠点」には、「不十分で非難されるべきところ」という意味があります。

例えば気が短い、人の話を聞けない、落ち着きがないなどの要素は、持っていると大人として不十分なので、非難されても仕方がない要素です。

そのため「欠点」と呼ばれるでしょう。

「欠陥」

「欠陥」「欠けている所」「不足している所」という意味がある言葉です。

例えば「欠陥住宅」には、十分でなく、柱の強度などが欠けています。

「弱み」

「弱み」「弱点」とほとんど同じ意味の言葉です。

「弱み」には、「引けとなる弱い所」という意味があります。

「弱点」には「突かれたら困る点」という意味がありますが、「弱み」はその意味で言い換えられるくらい、よく似た意味を持つ言葉です。

icon まとめ

「弱点」という言葉の意味や使い方を見てきました。

日頃からよく使う「弱点」という言葉ですが、あらためて意味を知る事で新しい発見があったかもしれません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。