意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「悪影響」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】

「悪影響」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「悪影響」の使い方や、「悪影響」を使った例文を紹介していきます。

悪影響

Meaning-Book
「悪影響」とは?意味・読み方・類語・英語【使い方や例文】>


目次

  • 「悪影響」の意味とは?
  • 「悪影響」の意味
  • 「悪影響」の英語
  • 「悪影響」の言葉の使い方
  • 「悪影響」を使った言葉と意味を解釈
  • 「悪影響」を使った例文
  • 「悪影響」の類語や類義の表現


「悪影響」の意味とは?

「悪影響」という言葉を知っているでしょうか。

「悪影響」「あくえいきょう」と読みます。

日常的に頻繁に使う言葉ですので、知っている人は多いと思います。

特に子供がいる母親は、「悪影響」について心配する機会が多いかもしれません。

一方で「悪影響」という言葉を聞いた事があるものの、詳しい意味が分からないという人もいるでしょう。

そこで「悪影響」という言葉の意味や、使い方を紹介します。

この言葉の意味を知ると、誰かが口に出した「悪影響」を含む言葉の意味が、すぐに理解できるようになるでしょう。



「悪影響」の意味

「悪影響」という言葉には、どのような言葉があるでしょうか。

「悪影響」には「悪い影響」「よくない影響」という意味があります。

それでは「影響」にはどのような意味があるかと言うと、「物事の力や作用が、他のものに及ぶ事」という意味があります。

例えば、クラスの一人の生徒の行動が、クラス全体に作用し、クラス全体が変化してしまう時、「影響を与えた」事になります。

「悪影響」「悪い影響」ですから、先ほどの例でいえば、一人の生徒の行動がクラス全体に悪い変化を及ぼす事になります。

このような時、「一人の生徒が、クラス全体に『悪影響』を与えた」という文章を作る事ができます。

このように「悪影響」には「悪い影響」という意味があります。

「悪影響」の英語

悪影響 meaning in english

「悪影響」を英語にすると、どのような表現になるでしょうか。

「悪影響」は英語表記で“Negative impact”(ネガティブインパクト)となります。

“Negative”「ネガティブ」という、日本でも良く使うカタカナ語になっていますので、「良くない」「悪い」という意味がある事をみなさん知っていると思います。

また「impact」も、「インパクト」というカタカナ語になっています。

「インパクトを与える」などの定型句があるほど、日本人の間に浸透しています。

「インパクト」には「衝撃」「影響」という意味があります。

そのため“Negative impact”「悪い影響」の英語訳になります。

「悪影響」を英語にすると、カタカナ語の「ネガティブインパクト」になりますので、覚えやすいと思います。



「悪影響」の言葉の使い方

「悪影響」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「悪影響」「悪い影響」という意味がありますので、誰かが誰かに悪い影響を与えたのを見た時に、「悪影響」という言葉を使ってみましょう。

特に子育ての場面で、「悪影響」を使う機会が多いと思います。

環境、友達などが悪いと、「悪影響」を受けてしまう可能性が高くなるからです。

また仕事の場面でも、やる気がない社員から職場全体が悪い影響を受ける事があるかもしれません。

このような事態を目にした時は、「悪影響になります」と上司や本人に告げてみましょう。

このように、悪い影響を与える人、物事を見た時に、「悪影響」という言葉を使ってみましょう。

「悪影響」を使った言葉と意味を解釈

「悪影響」を使った言葉を紹介し、その言葉の解釈を見て行きましょう。

「悪影響」という言葉を使った、定型句のような言葉ですので、覚えておくと便利でしょう。

  • 「悪影響を与える」
  • 「悪影響を受ける」

「悪影響を与える」

「悪影響を与える」は、「悪影響」という言葉を使う、もっとも一般的な言い回しです。

「与える」には、「自分の持ち物を、目下の者に渡し、その人の物にする」という意味があります。

「悪影響を与える」という時は、「悪い影響を人に渡して、その人に浸透させてしまう」という意味になります。

どちらかといえば、目下の人、年齢が若い人に対して悪い影響を伝播させてしまう時に「悪影響を与える」という言葉を使います。

「悪影響を受ける」

「悪影響を受ける」という言い回しも頻繁に使います。

「悪影響を与えられた」人から見ると、「悪影響を受ける」という事になります。

悪い影響を与えられ、その影響により、言動が悪い方向に変化してしまった時「悪影響を受けた」と言えます。

「悪影響」を使った例文

「悪影響」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「悪影響」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「悪影響」の例文1
  • 「悪影響」の例文2

「悪影響」の例文1

「引越し先の友達から『悪影響』を受ける」

この例文のように、引越しをきっかけに子供の態度に悪い変化が出る事があります。

理由は様々ですが、その中のひとつに友達の存在があります。

どんなに良い子供でも、周囲に悪い子供がいれば、確実に影響を受けてしまいます。

この文章は、「悪影響」という言葉を使った文章として典型的と言えるでしょう。

「悪影響」の例文2

「A君が『悪影響』を与え、職場の雰囲気が殺伐とした」

この例文のように、職場の雰囲気を悪くしてしまう社員がいます。

A君は、周囲を殺伐とさせてしまうほど、強い影響力があり、しかも悪い影響力を持っているようです。

このような社員がいると、職場全体がダメージを受けてしまいます。

さらには、会社全体に「悪影響」が出てしまうかもしれません。

「悪影響」の類語や類義の表現

最後に「悪影響」の類語や類義表現を紹介します。

「悪影響」と言い換えられる言葉を知ると、語彙が増えてコミュニケーション能力が上がるかもしれません。

  • 「負の連鎖」
  • 「マイナスに作用する」

「負の連鎖」

「負の連鎖」は、「良くない出来事が連続して起こる事」という意味があります。

「悪影響」が周囲に広がると、全体が悪くなって行きますが、「負の連鎖」にも似たようなネガティブな広がりを感じます。

「マイナスに作用する」

「マイナスに作用する」という言葉もあります。

この場合の「マイナス」には「よくない事」「悪い事」という意味があります。

誰かの言動や、何かの出来事が、悪い方向に作用する時に、「マイナスに作用する」という言葉を使います。

icon まとめ

「悪影響」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「悪影響」は身近な言葉で、口に出す事が多いですが、どのような意味か、改めて知った人も多いのではないでしょうか。

誰かに悪い影響を与えないように気を付けて、さらに悪い影響を受けないように気を付けて行きましょう。