意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「人生の機微」とは?意味【使い方や例文】

「人生の機微」の意味や使い方を紹介します。

さらに「人生の機微」を使った例文や、「人生の機微」を知る事の大切さを紹介していきます。

人生の機微

Meaning-Book
「人生の機微」とは?意味【使い方や例文】>


目次

  • 「人生の機微」の意味とは?
  • 「人生の機微」の意味
  • 「人生の機微」の使い方
  • 「人生の機微を穿つ」の意味
  • 「人生の機微」の例文
  • 「人生の機微」を知る事の意味


「人生の機微」の意味とは?

「人生の機微」という言葉を聞いた事があるでしょうか。

聞いた事がある人でも、意味までは分からない人が多いのではないでしょうか。

「人生の機微」「じんせいのきび」と読み、「機微」「きび」と読みます。

年を重ねた人が言う事が多い言葉で、小説や映画などのセリフにも登場する事があります。

小説などを読むのが好きな人なら、「人生の機微」の意味が理解できるかもしれません。

一方で、今回初めて「人生の機微」という言葉を知ったという人もいるでしょう。

そこで「人生の機微」という言葉の意味や使い方を紹介します。

この言葉の意味を知る事で、次に、「人生の機微」という言葉に出会った時に、どのような意味で使われているのかが理解できるようになるでしょう。



「人生の機微」の意味

「人生の機微」には、どのような意味があるでしょうか。

「人生の機微」「機微」には「表面だけでは知る事ができない、微妙な趣や事情」という意味があります。

「人生の機微」は、そのような「機微」を、人生の中で見出した時に使う言葉です。

長い人生を生きていると、表面上からはうかがい知る事ができないような、微妙な趣や事情がある事が分かります。

このように「人生の機微」には、ふとした瞬間に感じる、人生の微妙な趣や事情という意味があります。

本当の意味でこの言葉を理解するためには、長い人生を生きて、微妙な趣や事情がある事を、体験を通して知る事が大切かもしれません。

「人生の機微」の使い方

「人生の機微」という言葉をどのような場面で使えばいいでしょうか。

「人生の機微」には、表面上からではうかがい知れないような微妙な趣や事情がある様子という意味があります。

例えば、他の人から見たら完璧に見える男性や女性の人生にも、何とも言えないような微妙な事情があるかもしれません。

ふとした時に、誰かの複雑な趣や事情を知った時、「人生の機微」という言葉を使ってみましょう。

また自分の人生を通じて、「人生は分かりやすく進むものではない」とか、「人生には思いがけない出来事が起こる」などと感じた時に、「人生の機微」とは、このようなものだと思ってみましょう。

また若くて元気で何も考えていないような人を見た時に、「人生の機微」など分からないだろうという感想を口にする事もできます。



「人生の機微を穿つ」の意味

「人生の機微を穿つ」という言葉があります。

「機微を穿つ」には、「微妙な心理や趣を巧みに言い表す」という意味があります。

そのため「人生の機微を穿つ」には、人生を通じて感じる微妙な心理や趣を巧みに言い表すという意味があります。

例えば優れた小説家や映画監督は、文章やセリフを通じて、他の人の「人生の機微」を巧みに言い表す事ができるでしょう。

小説や映画を見終わった時に、「こんな人生もあるのか」「人生とは数奇なものだ」などと感じる事ができたら、その作品の作り手は「人生の機微を穿つ」才能を持っている人なのかもしれません。

また長い人生を生きた高齢の方の中には、「人生の機微を穿つ」のが上手な人がいるでしょう。

「人生の機微」の例文

「人生の機微」を使った例文を紹介します。

様々な場面における「人生の機微」を使った文章を見る事で、この言葉の使い方のコツを覚えましょう。

  • 「人生の機微」の例文1
  • 「人生の機微」の例文2
  • 「人生の機微」の例文3

「人生の機微」の例文1

「子育てを通じて『人生の機微』を理解した」 この例文のように、子育てを通じて「人生の機微」を理解する人がいます。

親になったばかりの頃は、「こうなってほしい」という期待があるものですが、子育てを通じて「そうもいかない」事に気が付くからです。

また自分の期待通り育たない事に絶望するのではなく、独立した人格を持つ一人の人間としておもしろおかしく見る事ができるようになります。

仕事や恋愛を通じて「人生の機微」を理解するように、子育てを通じて「人生の機微」を理解する人もいるでしょう。

「人生の機微」の例文2

「Aさんはまだ若く綺麗でコンプレックスが無いから、『人生の機微』など理解できない」 この例文に登場するAさんは、若くてはつらつとしていて、何も苦労が無いように見える人かもしれません。

このような人を見ると、例文のようなセリフを吐く大人が登場します。

しかし実際に、Aさんが「人生の機微」を理解できないかどうかは分かりません。

若くても感受性が強い人はいますし、子供時代に辛い経験をして、単に年を取っただけの人よりも「人生の機微」を理解する機会が多かったかもしれません。

「人生の機微」を理解している人ほど、「明るくしている人ほど、内面に闇を抱えているもの」などと、人を複雑なものとして扱う事ができます。

「人生の機微」の例文3

「映画を見ていたら『人生の機微』に触れて、自然に涙がこぼれてきた」 この例文のように、自然に涙がこぼれるような映画には「人生の機微」が描かれている事が多いでしょう。

お涙ちょうだい的な作品ではなく、淡々としていながらも泣けてしまう映画は素晴らしい映画のはずです。

「人生の機微」を知る事の意味

「人生の機微」を知る事には、大きな意味があります。

例えば若い頃は、お金持ちを見ると「幸せそうでいいな」と単純に考えます。

また綺麗な人を見ると「モテて楽しいだろうな」単純な感想を持ったかもしれません。

しかし実際は、お金持ちだからといって不幸だと感じている人もいますし、綺麗なのでモテるかもしれませんが、いつも注目されて疲れたり、怖い経験をしたりするかもしれません。

ある程度の生きると、そのような「人生の機微」に気が付く事ができます。

冴えない誰かが、実は充実した内面を持っていたり、貧乏で辛そうだと思っていた人が、楽しく暮らしている事に気付くかもしれません。

「人生の機微」を知る事で、他の人の人生を表面だけで判断しなくなり、自分の人生を無駄に卑下する事もなくなるでしょう。

icon まとめ

「人生の機微」という言葉の意味や使い方を見てきました。

まだ若くて「人生の機微」という言葉の意味を知っても、実感がわかない人もいるでしょう。

しかしいつの日か、本当の意味で「人生の機微」という言葉の意味を理解する日がくるはずです。