意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「過去」とは?意味・読み方【使い方や例文】

「過去」という言葉の意味や定型句を紹介します。

さらに「過去」の使い方や、「過去」を使った例文を紹介していきます。

Meaning-Book
「過去」とは?意味・読み方【使い方や例文】>


目次

  • 「過去」の意味とは?
  • 「過去」のもう一つの意味
  • 「過去」の使い方
  • 「過去」を使った例文
  • 「過去」を使った言葉と意味を解釈


「過去」の意味とは?

「過去」という言葉は、誰でも知っている言葉だと思います。

もしかしたら昨日か今日、「過去」という言葉を口にした人がいるかもしれません。

しかし、「過去」という言葉の意味を、誰かに説明するように言われたら、難しいと感じるかもしれません。

「過去」「過去」で、他にどういえば分らないという人が多いのではないでしょうか。

そこで、意味を知っているようで知らない言葉「過去」の意味を紹介します。

「過去」の意味

「過去」にはどのような意味があるのでしょうか。

「過去」には、「過ぎ去った時」という意味があります。

「過ぎ去った時」と聞くと、歌の歌詞のようだと感じる人もいるでしょう。

「過去」は過ぎ去った時、ですから、例えば一年前、十年前、五十年前、さらに千年前も「過去」と呼ぶ事ができます。

またもっと今から身近に感じられる時間、例えば一時間前、三十分前、十分前、一分前、さらには一秒前も「過去」と言う事ができます。

お昼になれば、朝起きて歯を磨いた事も、出勤のための電車に乗った事も、すべて「過去」となります。

このように過去には「過ぎ去った時」という意味があります。



「過去」のもう一つの意味

「過去」にはもう一つの意味があります。

それは「人の隠れた経歴」という意味です。

例えば、「後ろめたい過去」などという言葉で使う事ができます。

若い頃に悪い事をたくさんして、警察のお世話になった人がいるかもしれません。

その後、更生して真面目に仕事をして、普通の社会人として生活している人にとって、警察のお世話になった時代は「後ろめたい過去」で、消したい経歴のひとつかもしれません。

また付き合っている女性の「過去」を知りたいと感じる男性は、その人の隠れた経歴を知りたがっているのかもしれません。

このように「過去」という言葉には、「過ぎ去った時」という意味に加えて、「人の隠れた経歴」という意味もあります。

「過去」の使い方

「過去」という言葉は、どのような場面で、どのように使えばいいでしょうか。

「過去」には、「過ぎ去った時」または「人の隠れた経歴」という言葉があります。

それぞれの意味が表現している場面で、「過去」という言葉を使ってみましょう。

「過ぎ去った時」という意味で、「過去」を使う時は、時間が過ぎ去った事を実感した時かもしれません。

押入れから高校時代の古い制服が出てきた時、時間がたくさん流れた事に思いが至るでしょう。

そんな時に「過去」という言葉を使ってみましょう。

さらに「人の隠れた経歴」という意味で、「過去」を使う時は、誰かの秘密の経歴を知ってしまった時かもしれません。

真面目な母親が若い頃、ディスコの踊り場のクイーンだったと知った時、「母の過去」を知る事になるでしょう。

このような時に「過去」という言葉を使ってみましょう。



「過去」を使った例文

「過去」という言葉を使った例文を紹介します。

様々な場面における「過去」を使った文章を見て、この言葉の使い方のコツを覚えて行きましょう。

  • 例文1
  • 例文2

例文1

ビジネスシーンにおける、「過去」を使った例文を紹介します。

「仕事で大きなミスをしてしまい、職場の仲間に大変な迷惑を掛けてしまった。みんなに謝罪しようとすると、『過去』の事は忘れて、前向きに頑張れと言われた。良い仲間に恵まれたと思う」

この例文の「過去」は、大きなミスをしてしまった時の事を指します。

人は「過去」には生きられず、現在にしか生きる事ができませんから、いつまでも「過去」を引きずっていても仕方がありません。

「過去」から学べる部分は学び、現在に活かして、将来を明るくしていきましょう。

いつまでも「過去」を引きずらないようにしましょう。

例文2

恋愛の場面における「過去」を使った例文を紹介します。

「私が水商売をしていたという『過去』を、彼氏に知られた。真面目な彼なので、これでお別れかなと思ったが、彼は気にするそぶりすらなかった」

この例文の「過去」「隠れた経歴」の意味での「過去」です。

誰でもある程度年を重ねると、「隠れた経歴」がいくつもあるのではないでしょうか。

そのような「過去」を丸ごと受け止めてくれる男性や女性に出会える事は、とても幸せな事かもしれません。

「過去」を使った言葉と意味を解釈

「過去」を使った言葉と、その意味を解釈して行きます。

「過去」という言葉を使った定型句のような言葉を知ると、語彙が増えて会話が弾むかもしれません。

  • 「過去に戻る方法」
  • 「忘れたい過去」
  • 「過去問」

「過去に戻る方法」

「過去に戻る方法」というフレーズは良く使います。

例えば大きなミスをした時に、「過去に戻る方法」を探すかもしれません。

彼女や彼氏にひどい事を言ってしまい別れてしまった経験がある人は、その直前の「過去に戻る方法」を知りたいかもしれません。

「忘れたい過去」

「隠れた経歴」という意味の「過去」を使った言葉に、「忘れたい過去」があります。

誰にも秘密にしておきたい経歴かもしれませんし、トラウマのようになっている辛い経験かもしれません。

「過去問」

「過去問」「過去の問題」の意味で、受験を前にした学生が、試験内容の傾向を知るために手に入れる問題集のようなものです。

同じ大学では周期的に似た問題が出題されるため、「過去問」を手に入れる事や、問題を解いておく事は役に立つ事が多いでしょう。

長い間、受験勉強を頑張ってきたのですから、最後の対策として受験校の「過去問」を解いて、できるだけの事をしたおいた方が、悔いが残らないかもしれません。

icon まとめ

「過去」という言葉の意味や使い方を見てきました。

「過去」には「過ぎ去った時」、または「隠れた経歴」という意味がありますが、年齢を重ねるほど「過去」は増えて行きます。

できるだけ自分の「過去」を振り返った時に、笑顔になれるようにしたいものです。

また、「忘れたい過去」も、時間が過ぎれば本当に忘れる事ができるようになるかもしれません。

現在は絶望感が強い人も、いつかは消え去るものだと思うようにしてみてはいかがでしょうか。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。