意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待ち遠しい」の意味・読み方・類語【使い方や例文】

待ち遠しいという言葉は、福がやってくるという響きがあります。

そして、その未来の確証性の故に、今の自分が存在しているとも言えなくはないのです。

待ち遠しい

Meaning-Book
「待ち遠しい」の意味・読み方・類語【使い方や例文】>


目次

  • 「待ち遠しい」の意味とは?
  • 「待ち遠しい」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「待ち遠しい」の言葉の使い方
  • 「待ち遠しい」を使った例文や短文・解釈
  • 「待ち遠しい」の英語
  • 「待ち遠しい」の意味の四文字熟語
  • 「待ち遠しい」の語源


「待ち遠しい」の意味とは?

待ち遠しいの意味は、待ちわびてそのときが来るのを待っている段階の形容になります。

待ち遠しいというのは、ただ待っている状態になりますが、その待っている心の形容ですので、その事を表現するだけでも、こころは晴れる感じになります。

待ち遠しいと言ってみたり、心で唱えるだけでも、未来に期待できる良い方向性がありますので、その機会を望んでみましょう。

  • 「待ち遠しい」の読み方

「待ち遠しい」の読み方

待ち遠しいは、まちどおしいと読みます。

待ち遠しいは、名詞形で待ち遠しさとなり、待ちわびる心の在り方を表現します。

他に、待ち遠しくなるという表現方法があり、今の途端から、待ち遠しさが増え広がる様相を言います。

これは、待ち遠しくなる時点で、なにかの契機により、その期待すべき時が近づいたという内容です。



「待ち遠しい」の類語や言い換え・似た言葉

待ち遠しいの類語は、待ちわびるがあり、待ちわびる状態では、その辛さが表現されたものと思われます。

また、期待を込めるという表現もあります。

これは、待ち遠しいという、心痛より期待に胸を膨らました状態の表現です。

そして、待ち遠しくなるでは、今の時点でなにかの良い知らせがあったものと考えられるでしょう。

「待ち遠しい」の言葉の使い方

待ち遠しいの言葉の使用法は、待ち遠しいと大声で言ってみることも該当です。

何かの思いを叫ぶ形で、声に出せば、それは何かが動くときかもしれません。

この待ち遠しいという表現は、実際ものに書いてみるより、心の中の叫び声であったり、ひとりの時に唱えてみる様相が一番最適でしょう。

これが叶うかどうかについては、その生活態度も関与してくるものがあります。



「待ち遠しい」を使った例文や短文・解釈

待ち遠しいというのは、ある未来の一時点が、好ましい環境にあることを示しています。

当たるか外れるか解らないような事については、待ち遠しいというより、ハラハラするものになるでしょう。

ですので、その待ち遠しい状態が、期待する出会いであるなら、その出会いの対象は、信頼の置ける人で有ることが、前提になります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

待ち遠しいという期待を込める感情は、幸せな方です。

待ち遠しいという状況は、未来に起こってしまったら大変な事になるという、恐怖や戦々恐々の状態とは違っています。

これは、未来に期待をかけられるくらいの、恵まれた環境にあると世間ではいわれるでしょう。

ですので、その期待値を損耗すること無く、その恵まれた期待を、叶えるように努力するべきになります。

例文2

待ち遠しくなる出来事は、間違いを避けて通らなくてはなりません。

待ち遠しくなる出来事というのは、間違いを避けて通る様相に、人を変えていきます。

これは、品行方正であるという真の意味を追求することで、叶う時期が変わってくるのです。

どちらかというと、精神世界に近い事柄ですが、悪い状態を自らおびき寄せる人もいれば、好機を掴んでいく人もいるわけです。

例文3

未来に会えるかどうかの話は、待ち遠しい事です。

未来に会えるかどうかという期待は、待ち遠しさをもたらします。

そして、人はこのために生きているといっても過言ではないクラスの世界があります。

待ち遠しさを具体的な実行に変えるには、良く働いて旅費をためることや、悪いことを避けて、悪いことがおこらないようにしておく事など、そして、会いたい人に相応となる身なりをしておこうとするものです。

「待ち遠しい」の英語

待ち遠しい meaning in english

待ち遠しいの英語は、“looking forward to”です。

「待ち遠しい」の意味の四文字熟語

待ち遠しいの意味は、熟語にすると、期待や、目前、そして、遠方といった、心理的な感情と距離をイメージした言葉群になり、その未来という道程に関して、これからの期間と今の時点の合間で揺れ動く人間心理が基になります。

これらの、遠くに有る未来を待ち続けるという忍耐力も必要ですので、参照にしてみてください。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

「遠くにある待ち遠しさ」:熟慮遠方

熟慮して、未来の事象にあたるということは、非常に謙遜な態度を人に求めさせます。

とくに、入念にチェックされる身分であれば、その状態は、常に観察されていることになります。

これらは、未来への昇進がかかっているような、正社員クラスには誰にでも当てはまることで、未来が有るというのは、それだけ遠いことを事前に予期させます。

熟慮して、今にあたるべきでしょう。

例文2

「近くにある待ち遠しさ」:期待目前

期待目前という言葉は、すぐ側にまで来ているチャンスというものです。

ですので、目前のチャンスを逃すまいと、人はあえて緊張するかもしれません。

心構えが心中にあふれてくるものです。

どのような状態にあっても、不動の心構えができていることが一番の最善になります。

そして、その際には、あえて他力に頼る信念も生じてくるでしょう。

例文3

「信じる待ち遠しさ」:約束成就

約束成就というのは、信じる強さのことを指します。

信じる強さというのは、目前に期待を叶えるような事象がなにもなくても、その信念だけで生きるという、信じる凄みを現しています。

そして、それが具現化するかどうかについては、一切の不安要素となる事項や、そのこころの弱さを排除していくという、信仰心が現れるようになるのです。

「待ち遠しい」の語源

待ち遠しいの語源としては、やはり時間をロングディスタンスと捉えることや、実際の距離において、会いたい人がどこにいるという環境を文字したものになります。

つまり、遠距離で生活している恋人同士が、逢いたいという思いだけで、暮らしているようなものです。

そして、時折会ったとして、また離れていくという生活を続けます。

icon まとめ

待ち遠しい状況にあるというのは、未来に期待が持てていることだとすれば、待ち遠しさのない境遇の人よりは幸せな状態になります。

待ち遠しさを具現化するためには、それなりの正しさをまとって、生活していかなくてはなりません。

人は、未来に対して、期待や、心願を持つと、進行的になると言われます。

その心理の世界は、常人ではなかなか到達できないところですが、実際それが為に、生活態度が良くなるという事もあるのです。