意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「待ち遠しくて仕方ない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方

「待ち遠しくて仕方ない」という表現があります。

一体どの様な意味なのか、例文なども併せて紹介します。

待ち遠しくて仕方ない

Meaning-Book
「待ち遠しくて仕方ない」とは?意味や類語!例文や表現の使い方>


目次

  • 「待ち遠しくて仕方ない」とは?
  • 「待ち遠しくて仕方ない」の表現の使い方
  • 「待ち遠しくて仕方ない」の英語と解釈
  • 「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文と意味を解釈
  • 「待ち遠しくて仕方ない」の類語や類義語・言い換え


「待ち遠しくて仕方ない」とは?

「待ち遠しくて仕方ない」の概要について紹介します。

  • 「待ち遠しくて仕方ない」の読み方
  • 「待ち遠しくて仕方ない」の意味
  • 「待ち遠しい」との違い

「待ち遠しくて仕方ない」の読み方

「待ち遠しくて仕方ない」「まちどおしくてしかたない」と読みます。

特に難しい言葉ではありませんので書き方も覚えておきましょう。

「待ち遠しくて仕方ない」の意味

「待ち遠しくて仕方ない」の意味は「待つ時間が長く感じられてたまらないこと」です。

何か期待していることがある時、楽しみにしているイベントがある時には、その日まで心をときめかせながら待つものです。

早くその時が来てほしいと思うのですが、そんな時に限って時間が経つのが遅く感じられるものです。

何かに夢中になっている時には忘れているのですが、ふとした拍子に「早く実現しないかな」と思うことがたびたび起こります。

このときのもどかしい気持ちのことを「待ち遠しくて仕方ない」と言うのです。

「待ち遠しい」との違い

「待ち遠しくて仕方ない」「待ち遠しい」はわずかに意味が違います。

「待ち遠しい」「待つ時間が長いと感じること」です。

「まだかな」と思いながら楽しみに待つ時に使います。

「待ち遠しくて仕方ない」は、「待つ時間が長く感じられて我慢ができないこと」です。

「仕方ない」には「我慢が出来ない・たまらない」という意味があります。

つまり、ただ「待ち遠しい」だけではなく、自分でもその気持ちが抑えきれずにいる状態を表すのです。

「待ち遠しい」よりもより焦る気持ちやもどかしさを感じる時に「待ち遠しくて仕方ない」と言います。



「待ち遠しくて仕方ない」の表現の使い方

「待ち遠しくて仕方ない」という言葉は、「待つのが辛い、じれったい」と思う気持ちが非常に強い時の言葉です。

待つ対象は人やもの、タイミングなど様々ですが、強い願望を表す言葉として使います。

そしてその対象となるものは、基本的には本人にとって期待できるものや良いことになります。

基本的には「○○が待ち遠しくて仕方ない」と最初に対象となるものを明確に言い表します。

「待ち遠しくて仕方ない」の英語と解釈

待ち遠しくて仕方ない meaning in english

“I can't wait!”

「待ち遠しくて仕方ない」という意味です。

何が待ち遠しいのかを言い表す時には以下の様に言います。

“I can't wait for the summer vacation. ”

「夏休みが待ち遠しくて仕方ない」という意味です。



「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文と意味を解釈

「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文と解釈を紹介します。

  • 「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文1
  • 「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文2

「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文1

「旅行の日が待ち遠しくて仕方ない」

仲の良い友達同士で旅行に行く計画を立てて、その日までじっと待っていることが辛い程楽しみな状態です。

「待ち遠しくて仕方ない」を使った例文2

「待ち合わせ場所に恋人が来るのが待ち遠しくて仕方ない」

滅多に会えないデートの日で、先に自分が待ち合わせ場所に着いて待っている状態です。

いつ恋人が来るのかとじれったく思い、そこらじゅうを見回している様子がうかがえます。

「待ち遠しくて仕方ない」の類語や類義語・言い換え

「待ち遠しくて仕方ない」の類語は以下の通りです。

  • 「我慢するのが辛い」
  • 「早く実現してほしくてたまらない」
  • 「一日千秋の思いに駆られる」

「我慢するのが辛い」

「なにかに対して耐え忍ぶことが精神的に苦しいと感じること」です。

「早く実現してほしくてたまらない」

「自分の願望が現実のものになって欲しいと強く望むこと」です。

「一日千秋の思いに駆られる」

「一日に千回も秋が来るほど待ち焦がれている状態が続くこと」です。

icon まとめ

「待ち遠しくて仕方ない」「待つ時間が長く感じられてたまらないこと」という意味です。

何か楽しみにしていることや期待していることがある時に使ってみましょう。