意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「羨ましい」の意味・読み方・類語【使い方や例文】「羨ましい」と妬ましいの違い

羨ましいという感情は、人間が誰でも持つ感情でしょう。

ただし、悪質な類は、この羨ましい感情を利用して、たくらむ場合があります。

本来の羨ましいはその努力を見習う事です。

羨ましい

Meaning-Book
「羨ましい」の意味・読み方・類語【使い方や例文】「羨ましい」と妬ましいの違い>


目次

  • 「羨ましい」の意味とは?
  • 「羨ましい」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「羨ましい」の言葉の使い方
  • 「羨ましい」を使った例文や短文・解釈
  • 「羨ましい」の英語
  • 「羨ましい」を使った言葉と意味を解釈
  • 「羨ましい」と妬ましいの違い


「羨ましい」の意味とは?

羨ましいの意味は、羨望するの内容です。

羨望するというのは、望み見るかたちで、その事は、嫉妬・ジェラシーとは全く違うものになります。

嫉妬心に駆られる羨ましいというのは、羨望の意味とは違いますので、羨ましいという正確な表現をするには、その望み見る、仰ぎ見るという感情の内でなくてはならないのです。

  • 「羨ましい」の読み方

「羨ましい」の読み方

羨ましいはうらやましいと読みます。

羨むという動詞用法があり、羨ましいで形容の表現です。

形容とは、自身の心象を語る方法になり、自分はそう思いますという感情の表明になります。

羨ましいでは、羨むの動詞的作法の中に、反感の意が別に含まれるようなケースがありますが、それは、嫉妬心からのもので、正確な羨ましいではありません。



「羨ましい」の類語や言い換え・似た言葉

羨ましいの類語は、羨望するになります。

羨ましいでは形容表現になるのですが、羨ましいと言っているのは、自身の心象の在り方になります。

ですので、心内を語る別の方法では、望ましい状態を誰彼が保有していると正確な表現ではそう言います。

ですので、羨ましいのあとに続く感情は、同じ様になるために、私も努力しようとなるのです。

「羨ましい」の言葉の使い方

羨ましいの言葉の使い方は、その羨ましさがの程度の問題が潜んでいます。

羨ましいだけで終わってしまえば、それまでですので、羨ましい感情から、それを同じ様に得るために、どれだけの努力をしなければならないかを悟らなくてはなりません。

つまり、会社の監督職に上がるために、どれだけの勤務努力と年数が必要なのかを、事前に勘ぐらなくてはならないのです。



「羨ましい」を使った例文や短文・解釈

羨ましいを使用した例文は、羨ましい事を、褒める事として描く正統があります。

つまり、羨ましいという状態に対して、自分は届かないけれども、それを見ている自身の状態のことです。

それに反して、羨ましさから盗むような行為になる場合は、反逆と言われ、その事で、生活を失うこともあります。

ですので、羨ましいという感情が湧き起こるのであれば、その為に、努力しようとするのが、正当な考え方になります。

  • 例文1
  • 例文2
  • 例文3

例文1

羨ましい現象が起こっていると、信じがたくも羨望しました。

羨ましい現象というのは、なかなかないものですが、例えば、虹を見たというのも、見たという経験は他者から羨ましいと思われるでしょう。

ですので、羨ましい虹の輝く空を見たいと、自分は切望しましたという表現になり、その羨ましい状態に遭遇するために、空を何時も見上げて暮らしますという心持ちになります。

例文2

自分の羨ましいという感情は置いといて、一生懸命に働きます。

自分の羨ましい感情は、時として、自分自身の努力や労働には不向きな感覚になります。

つまり、上を見上げて自分が下だと嘆くより、その高みに達するために、下から這い上がってやろうとするのが、男らしい強さです。

羨ましい感情は、一通り納得してから、努力に邁進するのが、正当なやり方です。

例文3

羨ましい状態に達するのに、不正は許されません。

羨ましい状態に達するというのは、会社組織での位置的な役割のことが例示できます。

上に立つというのは、監督職ですので、それなりの力量を必要とします。

ただその事を求めることは、立派に生きたいという、良いことをして仕事を進めていきたいと願う、純正な野心になります。

ただ、上になれば金があり、権力もほしいままと考える人には、決して上の道は開かれず、そして、不正を行って意欲を果たそうとし、退けられます。

「羨ましい」の英語

羨ましい meaning in english

羨ましいの英語は、“envious”です。

「羨ましい」を使った言葉と意味を解釈

羨ましいを使用した言葉には、羨ましいの内容の意味を伝えるのが、個人の感情を伝える手法となります。

これは、羨ましいという感情はどのようなものか、確認することで、より自分の心に素直になれるのです。

つまり、羨ましいのは、その人のようになりたいのか、それとも、その側に居たいのかに分かれるところになります。

  • 「羨ましさの対象」
  • 「羨ましいという尊敬」
  • 「羨ましい事は叶わない」

「羨ましさの対象」

羨ましい気持ちは、その才能に対してでした。

羨ましい気持ちが沸き起こるというのは、その人へのどの部分についてであるかを、熟知していなくてはなりません。

それは、羨ましいのは、その技能に対してであるか、それとも、見た目に対してなのかという事です。

つまり、本当に勉強しなくてはならないのは、その技能習得のための腐心ならぬ努力の事が最適です。

「羨ましいという尊敬」

羨ましい感情は、よりその人に近付こうと努力する敬意になりました。

羨ましい感情は、その人の様になりたいと思わせるものです。

そして、その人と同じ職業につきたいとも思わせるものがあります。

画家は画家を目指して画家に成り、医者は医者を目指して医者になるのです。

また親を目指して、親になるのです。

「羨ましい事は叶わない」

羨ましい感情は、一旦脇へおいておきました。

羨ましい感情というものは、生活していく上では不便なものだったりします。

その際は、狐とぶどうの話のように、どうせ酸っぱくて食べられないのさとするのが、良識です。

つまり、自分にはまだ早すぎるという言い方や、そこまで達していないので、望んでもしょうがないとして、諦めることも寛容です。

「羨ましい」と妬ましいの違い

羨ましいと妬ましいの違いは大きく存在しています。

妬ましいでは、嫉妬絡みの感情となり、正式に認められうる感性ではありません。

つまり、妬ましいという感情では、普通の生活ですら、人間関係に置いて躓くでしょう。

ですので、その望みを達成する分野では、羨ましい羨望は望みのままに、妬ましい感情は自己否定を繰り返すしかないのです。

icon まとめ

羨ましいという漢字は、羊の次と漢字の成り立ちにあります。

これは、次の羊も保有しているという意でしょう。

つまり、今の羊だけではなく、次の羊の準備もある様相です。

ですので、保有価値について言及している言葉が、この羨ましいのことばになります。

羨ましいだけでは、羊を二頭も保有できませんので、羊をさらに飼う仕事の努力が必要になります。

つまり、資産を増やすためには、労働しなくてはならないという鉄則の元に、羨ましいという感情が正式に働き始めるのです。