意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「羨望の眼差し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

「羨望の眼差し」という言葉はどのような意味があり、使い方をするのかご存知でしょうか。

ここでは言葉の意味、使い方、例文などを詳しく解説しています。

では一緒に「羨望の眼差し」という言葉の理解を深めていきましょう。

羨望の眼差し

Meaning-Book
「羨望の眼差し」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「羨望の眼差し」とは?
  • 「羨望の眼差し」の表現の使い方
  • 「羨望の眼差し」を使った例文と意味を解釈
  • 「羨望の眼差し」の類語や類義語


「羨望の眼差し」とは?

「羨望の眼差し」とは羨ましいと思いながら見ることを言います。

  • 「羨望の眼差し」の読み方

「羨望の眼差し」の読み方

「羨望の眼差し」と書いて「せんぼうのまなざし」と読みます。



「羨望の眼差し」の表現の使い方

「羨望の眼差し」「羨望」とは羨ましいと思うことです。

そして「眼差し」とは物に視線を向ける時の目の様子という意味です。

つまり「羨望の眼差しで見られる」と言えば、人から羨ましいという目で見られるという意味になります。

そして「先輩のことを羨望の眼差しで見つめる」と言えば、先輩のことを羨ましいと思いながら見ることを言います。

他には「周りから羨望の眼差しを受ける」「羨望の眼差しを向けてくる」という風に使います。

「羨望の眼差し」を使った例文と意味を解釈

それでは「羨望の眼差し」を使った例文をいくつか紹介しましょう。

意味の解釈もつけていますので、使い方の参考にしてみてください。

  • 「羨望の眼差し」を使った例文1
  • 「羨望の眼差し」を使った例文2

「羨望の眼差し」を使った例文1

「彼女たちから羨望の眼差しを向けられるのはいい気分だった」

「羨望の眼差し」とは羨ましいと思う目つき、羨ましそうに見るという意味になります。

そのような目つきを自分に向けられるというのは、やはり嬉しいものでしょう。

例文では羨ましそうに見られて、いい気分だったと言い表しているのです。

「羨望の眼差し」を使った例文2

「羨望の眼差しと、どこか嫉妬のような感じも受けた」

相手から羨ましいと思われる目線、そのように見られることを「羨望の眼差し」と言います。

しかし「羨ましい」という思いはネガティブになれば「妬ましい」という思いにもなります。

そのような入り混じった思いを受けたと例文は言い表しているのです。



「羨望の眼差し」の類語や類義語

言葉の意味が理解できましたところで、「羨望の眼差し」の類語、似た言葉、言い換える言葉などもいくつか紹介します。

こちらの言葉も併せて覚えておくといいでしょう。

  • 「憧れる」【あこがれる】
  • 「羨ましい」【うらやましい】

「憧れる」【あこがれる】

「憧れる」とは理想とするものに、強く心が惹かれることを言います。

「先輩の活躍する姿に憧れる」「自分も、先生のようになりたいと密かに憧れる」「俳優に憧れる」などと使います。

「羨ましい」【うらやましい】

「羨ましい」とは人が自分よりも恵まれている、優れているといったことを見て自分もそのようになりたいと思う気持ちのことを言います。

「お金持ちな暮らしをしている友達が羨ましい」「いつも颯爽としていて見た目が良くて羨ましい」「羨ましいほど、彼は仕事ができる」などと使います。

icon まとめ

いかがでしたでしょうか。

「羨望の眼差し」という言葉の意味、使い方、例文などまとめてお伝えしました。

それでは言葉の意味を正しく理解して使いこなしてください。