意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「洗練」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!

「洗練」の意味や類語を紹介します。

さらに「洗練」の使い方や例文を紹介して行きます。

洗練

Meaning-Book
「洗練」の意味とは?類語、使い方や例文を紹介!>


目次

  • 「洗練」の意味とは?
  • 「洗練」の類語や言い換え・似た言葉
  • 「洗練」の言葉の使い方
  • 「洗練」を使った例文
  • 「洗練」の対義語


「洗練」の意味とは?

「洗練」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

一般的に使われる事が多い言葉ですから、ほとんどの人が知っている言葉だと思います。

しかし「洗練」の具体的な意味を説明しろと言われれば、困ってしまう人も多いのではないでしょうか。

そこで「洗練」の読み方と意味を紹介します。

  • 「洗練」の読み方と意味
  • 「洗練」の二つ目の意味

「洗練」の読み方と意味

「洗練」「せんれん」と読みます。

簡単な漢字で作られている言葉ですので、読み間違える事が少ないと思います。

「洗練」には大きく分けて二つの意味があります。

まず「洗練されたファッション」という使い方をされるケースです。

この場合の「洗練」には、高尚であか抜けているという意味があります。

「高尚」は品位や知性を感じられる様子という意味があります。

「洗練されたファッション」には、品位や知性が感じられ、さらに垢抜けしているファッションとい意味があります。

「洗練」の二つ目の意味

「洗練」の二つ目の意味が、「立派な物に練り上げる」という意味です。

「洗練された文章」という言葉には、努力をして練り上げた結果、立派な文章になったという意味があります。

ひとつめの「洗練」が自然と垢ぬけた様子だとしたら、二つ目の「洗練」は努力型という感じがあります。



「洗練」の類語や言い換え・似た言葉

次に「洗練」の類語や言い換え、似た意味の言葉をチェックしてみましょう。

「洗練」と言い換えが効くような、同じような意味を持つ言葉が登場します。

  • 「あか抜ける」
  • 「渋皮が剥ける」
  • 「ブラッシュアップ」

「あか抜ける」

「あか抜ける」という言葉があります。

みなさんも、耳なじみがある言葉だと思います。

「あか抜ける」「垢抜ける」という漢字を使います。

「あか抜ける」「垢」が落ちたように、「洗練」された様子を意味します。

「彼女は都会に出て、『あか抜けた』」などの文章にする事ができます。

服装もメイクもやぼったさが消えて、都会らしくなった様子が文章から伝わってくると思います。

「彼女は都会で『洗練』された」と言い換えたとしても、同じ意味になります。

このように「あか抜ける」「洗練」と兄弟のような言葉で、言い換えが効く言葉です。

「渋皮が剥ける」

「あか抜ける」「垢」が落ちるという由来がある言葉だとしたら、「渋皮が剥ける」は文字通り「渋皮」が剥けて綺麗な姿が登場するという現象に由来した言葉です。

「渋皮が剥ける」は、「綺麗になる、素敵になる」という意味があります。

「彼女は仕事を始めて、『渋皮が剥けた』ようだ」などという文章にする事ができます。

「あか抜ける」「洗練」と同じような意味がありますが、それほど耳なじみがない言葉です。

「洗練」「あか抜ける」とは違う言葉を使って、同じ意味を伝えたい時に、「渋皮が剥ける」を覚えておくと便利です。

「ブラッシュアップ」

ビジネスシーンで使う言葉として「ブラッシュアップ」があります。

例えば取引先の相手にアイデアを示した時に、「また持ち帰って『ブラッシュアップ』します」などと言います。

「ブラッシュアップ」「磨き直す」という意味で、「洗練」の持つ「立派な物に練り上げる」という意味に似ています。

「『洗練』された文章」と、「文章を『ブラッシュアップ』する」は、順序こそ違いますが、起きている現象は同じです。

「洗練」よりも気軽に使いやすい「ブラッシュアップ」という言葉を覚えておきましょう。

「洗練」の言葉の使い方

「洗練」という言葉は、品位や知性を感じられる様子、あか抜けた様子を目にした時に使う事が多いです。

例えば美しい女性を見た時に、都会的であか抜けていると感じた時は「洗練」という言葉が口からこぼれてきます。

「彼女の笑顔は『洗練』されていて、とても自然で好感度が高い」というような感じです。

また以前とのギャップがある時にも、「洗練」という言葉が口をつくかもしれません。

学生時代はジーパンしか履かなかったような女子が、会社勤めをした途端にスーツを着て、メイクもばっちりできるようになると、「洗練された」という言葉が浮かぶでしょう。

このように、見るからにあか抜けている人を見た時、あるいは以前とのギャップが大きい時に「洗練」という言葉を使う事ができます。



「洗練」を使った例文

「洗練」を使った文章を作ってみましょう。

どのように「洗練」を使った文章を作ればいいか迷った時は、「洗練」を使った例文を見るのがいちばんです。

そこで「洗練」を使った例文をいくつか紹介します。

  • 「洗練」の例文1
  • 「洗練」の例文2

「洗練」の例文1

とても品位が高く、知性も高い、さらにあか抜けていると感じる人、物を見た時は、「洗練」を使った文章にしやすいです。

「クラスでいちばんきれいなAさん。二学期に入ってまた容姿が『洗練』されてきたな」「クラッシックコンサートに行って、『洗練』された楽器の音色を耳にした」「飲み会に出席したら、『洗練』された美しい女性がいた。嬉しかったけど、緊張して話ができなかった」という感じです。

ただ美しいだけでなく、知性や品位を感じる、さらにあか抜けていると感じる事が大切です。

「洗練」の例文2

「洗練」には、無駄な事を洗い流して、練り上げるという「ブラッシュアップ」「推敲」の意味もあります。

ビジネスシーンでは、こちらの「洗練」を使う機会が多いと思います。

そこでビジネスシーンにおける、「洗練」を使った文章を作ってみましょう。

「英会話を習い始めて数年経った。普通に話す事はできるようになったが、もっと『洗練』された話し方ができるようになりたい」「プレゼン用の原稿をまとめたが、まだまだ物足りない。クライアントの心を射抜くような『洗練』された文章になるよう、やり直してくれ」という感じです。

また「A課長の『洗練』された物腰は、どんな取引先の人をも魅了する。私達も真似したいものだ」などと「物腰」「洗練」を合わせる事もできます。

ビジネスシーンでは何事も「洗練」させる事が大切なので、「洗練」という言葉を使う機会も多いでしょう。

「洗練」の対義語

最後に「洗練」の対義語をチェックしてみましょう。

「美しくあか抜ける」と言う意味がある「洗練」の反対に位置する言葉が登場します。

  • 「薄汚れる」
  • 「野暮ったい」

「薄汚れる」

「薄汚れる」という言葉があります。

全体的になんとなく汚れたイメージになるという言葉です。

仕事の中心的な存在として活躍していた人が、閑職に回されたりすると、何となく「薄汚れる」事があります。

華のある女性が結婚をして家庭に入りしばらくすると、「薄汚れる」事もあります。

このように「薄汚れる」は、「洗練」とは逆向きの方向に進んでしまう様子を表現した言葉です。

「野暮ったい」

「野暮ったい」「洗練」とは逆の意味を持つ言葉です。

言動や趣味に品位や知性を感じない様子が見てとれます。

「野暮ったい服」「洗練された服」は、まさに180度違う意味を持つ言葉になります。

「野暮ったい人」も、自分を磨こうと努力したり、オシャレな人々に囲まれると、次第に「洗練」されます。

現在、「野暮ったい」と言われる事が多い人も、あきらめる事はありません。

今から「洗練しよう」と努力すれば、一年後には「洗練」された人になれるかもしれません。

icon まとめ

「洗練」の言葉の意味や使い方を見てきました。

「洗練さ」は、品位や知性が感じられる事、さらにあか抜けている事がポイントでした。

またビジネスシーンでもブラッシュアップの意味で、「洗練」を求められる事が多いです。

どのような場面でも使う事が多い言葉ですので、正しい意味や使い方を知っておくと良いでしょう。