意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「散見」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!

何かが見え隠れする「散見」という言葉の意味や類語を紹介します。

さらに「散見」を使った例文などを紹介して行きます。

散見

Meaning-Book
「散見」の意味とは?類語、使い方や例文、反対語を紹介!>


目次

  • 「散見」の意味とは?
  • 「散見」の類語や言い換え
  • 「散見」を使った例文
  • 「散見」の対義語や似た対義語


「散見」の意味とは?

「散見」という言葉を目にした事があるでしょうか。

日常的にそれほど目にしない言葉かもしれません。

ただしビジネスシーンやニュースの中で、良く目にする言葉でもあります。

そこで「散見」の読み方や言葉の意味を知っておきましょう。

  • 「散見」の読み方
  • 「散見」の意味

「散見」の読み方

「散見」「さんけん」と読みます。

「散見」「散」は、「散らばる」という意味の言葉です。

また「散見」「見」「見る」という意味の言葉です。

そのため「散見」「ちらちらと見かける」という意味の言葉で、「あちらこちらで見かける」という意味が含まれています。

「散見」の意味

「散見」には「あちらこちらで見かける」という意味があり、そこから広がって「少しずつある事」も意味します。

様々な場所に、ちょっとずつ見る事ができる物事の事を「散見」と言います。

「散見」「散見する」「する」を付けて使う事がほとんどです。

例えば、「まだ五分咲きの桜並木の中に、満開の桜を「散見」する事ができる」などと使います。

五分咲きの桜並木の中に、ちらほらと、満開に咲いた桜の花を見る事ができるという意味になります。

思い切りその場にあって、ずっと見ていられるものではなく、注意をしないと見る事ができないような対象が、そこら中に散らばっている様子が「散見」となります。



「散見」の類語や言い換え

次に「散見」という言葉の類語や、言い換えられる似た意味の言葉を見て行きましょう。

同じ意味を持つ、似た意味の言葉と「散見」を比較する事で、「散見」という言葉が立体的に浮かび上がってくるでしょう。

  • 「見え隠れ」
  • 「隠顕」
  • 「出没する」
  • 「神出鬼没」

「見え隠れ」

「見え隠れ」という言葉は、「散見」という言葉とよく似ている言葉です。

「見え隠れ」には「見えたり隠れたりする事」という意味があります。

不思議な例でいえば、UFOのような飛行物体は、ハッキリとは見えずに、見えたり隠れたりするでしょう。

また、美しい水辺に光をともす「蛍」の光も、ハッキリと見えずに「見え隠れ」するものではないでしょうか。

「散見」という言葉で登場する何かも、「見え隠れ」します。

何かがハッキリと長時間見られず、短時間しか見られない様子を「見え隠れ」という言葉で表現する事ができます。

「隠顕」

難しい言葉ですが「隠顕」という言葉も、「散見」と似た意味を持っています。

「隠顕」「いんけん」と読みます。

例えば、「森の中に赤い木の実が『隠顕』する」などという文章で、緑色に包まれている森の中に、真っ赤な木の実が「見え隠れしている」様子を表現する事ができます。

また見た目だけに使う言葉ではなく、内面的な部分が見え隠れする時も「隠顕」を使う事ができます。

「彼女は真面目そうに見えるけど、だらしのない部分が『隠顕』する」とか、「一見、気が良さそうに見えるけど、彼女の言動には強気な性格が『隠顕』する」という感じです。

「出没する」

「出没する」という言葉も「散見する」という言葉の仲間といえます。

「出没」とは姿を現したり、隠れたりする事を言います。

例えば「クマが出没する」という時は、ずっとクマがいるのではなく、突然現れて、その後姿を消すような場面が繰り返される事を言います。

また自然動物は基本的に姿を現したり、姿を隠したりするものですので、「このあたりは鶴が出没するよ」といえば、鶴が越冬している場所なのだなと相手に伝わります。

また人間が、定期的にある場所を訪れる時も、「出没する」という言葉を使います。

例えば行きつけの飲み屋さんがある時は、「私はあの居酒屋に「出没」します」などと言って、お酒好きな仲間から笑いを取る事ができます。

「神出鬼没」

「出没」に似た意味の言葉に「神出鬼没」という言葉があります。

「しんしゅつきぼつ」と読みます。

読み方が難しい言葉ですので注意しましょう。

「神」「鬼」という言葉を使っているのが特徴で、「神出鬼没」な人を、神や鬼のように例えています。

「あの人は「神出鬼没」だからな」といえば、神や鬼のように、いつ登場して、いついなくなるか分からないという意味になります。

社会人になるとなかなか「神出鬼没」というわけにはいきませんが、大学の同級生には「神出鬼没」な人が多いかもしれません。

「散見」を使った例文

次に「散見」を使った例文を見て行きましょう。

そこで3つのシーンでの「散見」を使った文章を紹介します。

  • ビジネスシーンの「散見」を使った例文
  • 恋愛シーンの「散見」を使った例文
  • 日常シーンの「散見」を使った例文

ビジネスシーンの「散見」を使った例文

ビジネスシーンでは、「散見」という言葉をふつうに使います。

例えば社会人になると、提出する書類にミスは許されません。

もしミスがみつかると上司や管理部の人に「細かいミスが『散見する』から、以後、注意するように」などと嫌味を言われます。

書類上のミスや、言葉のミスなどは、たいていの場合、あちらこちらに散らばって見えますので、「散見」という言葉を良く使います。

恋愛シーンの「散見」を使った例文

恋愛シーンでも「散見」という言葉を使った表現をします。

例えば結婚を真剣に考えている男女は、「散見」という言葉を使いやすい状況です。

「彼氏の言動を注意深く見た結果、結婚生活に向かないと思われる特徴が『散見する』事が分かった」などとなります。

性格上の特徴も「散見」しやすいので、「散見する」という言葉がぴったりです。

日常シーンの「散見」を使った例文

日常生活で、不思議な生き物をみつけてしまった時は、「散見」という言葉がぴったりかもしれません。

例えば「緑色の小さな人間を、街の至る所で『散見する』」とか、「オレンジ色に光る飛行物体を、西の空で『散見する』」という感じです。

ちらほらと、時間差を置いて見える不思議な生き物や物体は「散見」という言葉と相性が良さそうです。



「散見」の対義語や似た対義語

「散見」という言葉の反対の意味を持つ言葉を紹介します。

「何かがところどころに、見えたり隠れたりする」という「散見」とは180度違うような意味の言葉がそろっています。

  • 「丸見え」
  • 「むき出し」
  • 「丸出し」

「丸見え」

「散見」は、見える事は見えるけれど、ハッキリとは見る事ができない物事についての言葉です。

一方「丸見え」「全部見えている」という意味の言葉になります。

海の中に美しい岩がある時、波が打ち寄せるのに合わせて、見えたり見えなかったりする事が「見え隠れ」だとすれば、「丸見え」は、岩が完全に露出している様子を意味します。

風情があるかどうかでいえば「散見」「見え隠れ」に軍配が上がりますが、ハッキリと見たい欲望からすると「丸見え」に軍配が上がるでしょう。

「むき出し」

「むき出し」という言葉も、「散見」「見え隠れ」の反対の意味の言葉になります。

例えば、薄着の季節に肌を露出する事を「肌をむき出しにする」と言います。

「むき出し」は、「感情をむき出しにする」「怒りをむき出しにする」など、心の中を露わにする時にも使います。

「丸出し」

「丸見え」が受け身的な言葉なら、自分の方からすべてを見せる事を「丸出し」と言います。

「散見」「見え隠れ」とは違い、何も隠さずに、丸ごと姿をさらしている様子を表現する事ができます。

icon まとめ

「散見」は、「あちらこちらに散らばって見える」「あちこちにある」という意味の言葉です。

特にビジネスシーンで使う事が多い言葉ですので、早い段階で意味や使い方を覚えておきましょう。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。