意味解説の読み物

meaning-book

meaning-bookは意味解説の読み物です

「練習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈

この「練習」は、様々な対象のそれと使える言葉で、これ無くして上達はないと言っていいでしょう。

練習

Meaning-Book
「練習」の意味とは!類語や例文など詳しく解釈>


目次

  • 「練習」の意味とは?
  • 「練習」の表現の使い方
  • 「練習」を使った例文と意味を解釈
  • 「練習」の類語や類義語


「練習」の意味とは?

「練習」は、何かの上達には必要不可欠な行為です。

それが本番で巧くできるように何度も反復して行う「訓練」のことで、これによって今までできなかったことができるようになったり、できたことでもそれがもっと巧くなれるというものです。

特にスポーツ選手は常にこれを欠かすことはなく、競技によっては一日行わないだけで、取り返すのに二週間も掛かると言われているほどです。

それほど大切な「練習」ですが、決して「本番」ではない為、それよりは内容的に落としたレベルで行うことがほとんどです。

これは、手を抜いているという意味ではなく、それによって故障してしまうようなことがあっては大変だからという理由や、毎日行うことが多い為に毎回本番のように全力では行えない為です。

  • 「練習」の読み方

「練習」の読み方

「練習」の読み方は、「れんしゅう」になります。

今更この言葉が読めないということはないと思いますが、記述する際に「練」の字を「錬」と間違えないように注意してください。

普段パソコンやスマホで変換ばかりしていると、いざ実際に書く際にこのような間違えをすることが意外と少なくありません。



「練習」の表現の使い方

「練習」の表現の使い方を紹介します。

スポーツ競技だけでなく、楽器の演奏や何かの発表などが対象となることも多い言葉です。

例えば、「これからトランペットの練習だ」のように使ったり、「次の発表会の為に一生懸命練習している」のように使うことができます。

特にその先にこれといった目標がない場合でも、「練習」を行うことがあります。

その場合、それが巧くなることで自己満足できたり、何かの際に披露することあるかも知れないと思って行っているようなことが多いと考えていいでしょう。

「練習」を使った例文と意味を解釈

「練習」を使った例文と、その意味の解釈です。

簡単な意味の言葉なので、使い方も特に難しいことはありません。

  • 「練習」を使った例文1
  • 「練習」を使った例文2

「練習」を使った例文1

「無理な練習は怪我をしてしまう元だ」

練習にあまり力を入れてしまうと、そのようなことも少なくないのが実情です。

その為、前述のように本来披露するレベルより、それを少し落として行われることがほとんどです。

「練習」を使った例文2

「練習ではできなかったが、本番でも試してみようと思う」

これは難しいところで、何度でも行える練習でうまくいかなかったことが、本番でできるとはとても思えません。

中にはそのような場でこそ実力が出せるという人も居るようですが、運頼りになる部分が大きいと言えるでしょう。



「練習」の類語や類義語

「練習」の類語や類義語を紹介します。

より高度なそれだと解釈してください。

  • 「シミュレーション」【しみゅれーしょん】

「シミュレーション」【しみゅれーしょん】

本番を想定し、時には大掛かりにもなる高度な練習のことです。

回数よりもきちんとした形でしっかりと行えるのが一番で、本番も寸分違わずその通りに行うという場合も多いです。

尚、表記する際に「シミュレーション」としてしまう人が居ますが、間違いなので気を付けてください。

icon まとめ

「練習」は何事においてもとても大切なのは間違いありません。

しかし、あくまで本番ではない為、過剰なそれも怪我などどの危険から、考えものだと言えるかも知れません。


関連記事



当サイトよりのお願い

当サイトの掲載記事で、間違い・不具合がございましたら、お問い合わせからご連絡いただければ幸いです。